→ブックメーカーとは?分かりやすく解説

仮想通貨が使えるブックメーカー|ビットコインを使ってお得に稼ごう!

仮想通貨(ビットコイン)が日本で認識され始めて数年が経ち、長期投資の1つとしても注目を浴びています。

仮想通貨の中でもビットコインが特に人気があり、長期目線で見ると資産価値も向上しており、仮想通貨をブックメーカーでも使用したいという方も増えてきています。

そこで今回は

  1. ブックメーカーにおける仮想通貨の特徴を5つ
  2. 仮想通貨のまま賭けることができるブックメーカー
  3. 仮想通貨で入出金できるブックメーカー

上記の3点について詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、日から仮想通貨でブックメーカーを楽しめるようになります。

ブック君
それでは解説していきます。

ブックメーカーの仮想通貨の特徴について

仮想通貨(暗号資産)とは、電子データのみでやりとりされる通貨であり、法定通貨のように国家による強制力を持たず、世界共通通貨のように、国境を越えて利用することができます。

仮想通貨にも様々な種類があり、

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・イーサリアム クラシック(ETC)・リスク(LSK)・ファクトム(FCT)・リップル(XRP)・ネム(XEM)・ライトコイン(LTC)など

たくさんあります。

この中でもビットコイン(BTC)は頭1つ飛び抜けており、高い資産価値があります。

国境を越えて利用することができるため、為替手数料が不要で、少ない手数料で利用できます。その点が日本で海外ブックメーカーを利用する上で、強いメリットとなります。

まず、仮想通貨ブックメーカーの特徴やメリットを紹介していきます。

ブックメーカーの仮想通貨 特徴について
  1. ブックメーカーによって使える仮想通貨が異なる
  2. ブックメーカーによっては仮想通貨のまま賭けることができる
  3. 入出金において振込手数料がかからず、着金スピードが早い
  4. 仮想通貨を購入するには取引所を使用する必要がある
  5. 長期投資として仮想通貨は価値がある

1つずつ解説していきます。

①ブックメーカーによって使える仮想通貨が異なる

ブックメーカーによって使える仮想通貨が異なります。

メジャーな通貨であるビットコインやイーサリアムなどは、仮想通貨が使えるブックメーカーでは使用することができるので、ご安心ください。

マイナーな仮想通貨を使用する場合、事前に入出金などに対応しているのか、確認する必要がありますので、お気をつけください。

②ブックメーカーによっては仮想通貨のまま賭けることができる

ブックメーカーは、新規登録した際に選んだ法定通貨で賭けるのが一般的です。

ですが、限られたブックメーカーはマルチウォレット型となっており、仮想通貨のまま賭けることができます。

マルチウィレット型ブックメーカーとは

1つのアカウントで法定通貨(日本円・ユーロなど)と、仮想通貨を同時に所有でき、自由に切り替えて賭けることができるブックメーカーのこと。

アオイちゃん
その場合、仮想通貨のレートを確認しなくても良いため、特におすすめできますね。

③入出金において振込手数料がかからず、着金スピードが早い

基本的に、仮想通貨における入出金は振込み手数料がかからず、着金スピードも早いです。

先ほど紹介したマルチウォレット型ブックメーカーであれば、入出金ごとに法定通貨に変換されることなく利用できるため、使い勝手が良いです。

④仮想通貨を購入するには取引所を使用する必要がある

仮想通貨を購入するには、仮想通貨取引所にて購入する必要があります。

仮想通貨取引所3選

  1. コインチェック(CoinCheck)
  2. DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)
  3. ビットフライヤー(bitFlyer)

こだわりが無ければ、コインチェック(CoinCheck)がおすすめであり、様々な通貨の取り扱いがあります。

アプリから簡単に入出金ができ、国内最大級の274万以上のダウンロード実績があります。

本人情報と本人確認書類(パスポートや運転免許証)があれば始めることができます。

ブック君
コインチェック(CoinCheck)を通して簡単にブックメーカーに入出金することができます。

⑤長期投資として仮想通貨は価値がある

仮想通貨は長期投資として価値があり、保有しているだけで資産を増やせる可能性があります。

ビットコインを例にして、市場価値の変化を見ていきましょう。

  • 2020年01月01日 1btcの取引所平均価格 780,888円
  • 2020年11月18日 1btcの取引所平均価格 1,881,224円
  • 2021年10月09日 1btcの取引所平均価格 6,078,598円

このように伸びてきています。

ブロックチェーンなどの技術と世界共通通貨としての需要を考えると、保有しておくだけでも価値はあると言えます。

ブック君
この数年で大きく市場が変化しましたね!

おすすめの仮想通貨ブックメーカーの選び方

それでは、仮想通貨ブックメーカーの選び方について解説していきます。

仮想通貨ブックメーカーの選び方

  1. 仮想通貨で入出金することができるか
  2. 仮想通貨のまま賭けることができるか
  3. 日本語サポートが設けられており、信頼できるか

以上の3つの条件を満たしたブックメーカーは現時点で1つだけであり、スポーツベットアイオーが最もおすすめです。

スポーツベットアイオー(Sportsbet.io) | 仮想通貨で賭けられるブックメーカー

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
初心者向け サイト・サポート共に日本語対応
入出金方法
  1. 銀行振込:Sumopay(スモウペイ)
  2. ecoPayz(エコペイズ)
  3. 仮想通貨
備考
  1. 仮想通貨で賭けることができる
  2. クラブハウスという仮想通貨特典がある
使用できる
仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • オールスポーツ(SOC)
  • テザー(USDT)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • トロン(TRX)
  • リップル(XRP)
  • カルダノ(ADA)
  • ドージコイン(DOGE)
ブック君
これらの仮想通貨や日本円の法定通貨など、1つのアカウントで全て管理することができます。それでいて、完全日本語対応であり、非の打ち所がありません。

仮想通貨(ビットコイン)で入出金できるブックメーカー

仮想通貨で入出金できるけれど、実際に賭けられる通貨は法定通貨(日本円)のブックメーカーを紹介します。

アオイちゃん
1つずつ解説していきます!

① 賭けっ子リンリン(賭けリン)

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
初心者向け サイト・サポート共に日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
  2. Sticpay(スティックペイ)
  3. 10cins(仮想通貨)
  4. クレジットカード(VISA・JCB・Master)※入金のみ
備考
  1. ボーナスやプロモーションが充実している
使用できる
仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインSV(BSV)
  • テザー(USDT)

② BONS CASINO(ボンズカジノ)

初心者向け サイト・サポート共に日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
  2. 仮想通貨(ビットコイン)
  3. クレジットカード(VISA・JCB・Master)※入金のみ
  4. 銀行振込(LocalBankTransfers)※入金のみ
  5. アイウォレット(iWallet)
  6. マッチベター(MuchBetter)
  7. アストロペイ(AstroPay)
  8. ヴィーナスポイント(VenusPoint)
備考
  1. ライブストリーミングによる配信あり
  2. 入金不要ボーナスあり
使用できる
仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • テザー(USDT)
  • リップル(Ripple)

③ カジ旅

初心者向け サイト・サポート共に日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
  2. クレジットカード(VISA、MASTER)
  3. 仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル)
備考
  1. ライブストリーミングによる配信あり
  2. RPG型ブックメーカー
  3. 対応通貨ドルのみ
使用できる
仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(Ripple)

④ PINNACLE(ピナクル)

中・上級者向け サイト・サポート共に日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
  2. ビットコイン
備考
  1. オッズがとても高い
  2. 低オッズの提供が少ない
  3. アービトラージ可能
  4. 入金額の3倍の出金条件あり
使用できる
仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)

⑤ 22BET(トゥエンティトゥベット)

中・上級者向け サイトは日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
  2. SticPay(スティックペイ)
  3. 仮想通貨(ビットコインなど、20以上に対応)
備考
  1. スポーツの種類も多い
  2. マイナーな試合も取り扱っている
  3. マルチウォレット型であり、仮想通貨ブックメーカーとしておすすめ
  4. ただし、日本語サポートがなく、若干リスクあり
使用できる
仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • テザー(USDT)
  • リップル(Ripple)

22betはマルチウォレット型ブックメーカーですが、日本語サポートがなく、本人確認の審査が遅いなど、若干リスクがあります。

ブック君
その為、中・上級者向けブックメーカーと言えるでしょう。

ブックメーカー 仮想通貨(ビットコイン) まとめ

いかがでしたか?

仮想通貨が使えるブックメーカーと特徴について詳しく解説してきました。

これまでの記事をまとめると、

ブックメーカーの仮想通貨 特徴について
  1. ブックメーカーによって使える仮想通貨が異なる
  2. ブックメーカーによっては仮想通貨のまま賭けることができる
  3. 入出金において振込手数料がかからず、着金スピードが早い
  4. 仮想通貨を購入するには取引所を使用する必要がある
  5. 長期投資として仮想通貨は価値がある
ブックメーカーの仮想通貨おすすめサイト
  1. スポーツベットアイオー(Sportsbet.io)

このようになりました!

アオイちゃん
ぜひ仮想通貨を使ってブックメーカーにチャレンジしてみてくださいね!