→ブックメーカー入金不要ボーナス・ボーナス一覧はこちら

サッカー賭博のやり方・賭け方について|ブックメーカーとTOTOの違いを解説

サッカー賭博(ギャンブル)のやり方について分からずに悩んでいませんか?

サッカー賭博と聞くと、TOTO(スポーツ振興くじ)を思い浮かべる方も多いと思います。

実はTOTO以外でブックメーカーも利用することができ、日本国内で安全にサッカーに賭けることができます。

今回の記事では

  1. サッカー賭博とは?違法ではないの?
  2. サッカー賭博のおすすめサイトについて
  3. サッカー賭博のやり方・始め方について

この3点について詳しく解説していきます。

この記事を読み実践することで、今日からサッカーに賭けることができるようになります。

ブック君
では解説していきます。

サッカー賭博とは?

サッカー賭博(ギャンブル)とはサッカーの試合結果に予想して賭けることです。

サッカー賭博は違法なの?

サッカー賭博は違法なのか不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論からいうと、日本で賭博をすることは違法ですが、競馬・競輪・オートレース・競艇・宝くじ・スポーツ振興くじ(TOTO)・パチンコ(娯楽目的のみ)などの公営ギャンブルは特別に合法化されています。

ブックメーカー(スポーツベッティング)やオンラインカジノの場合は公営ギャンブルではありませんが、海外に運営会社があり、インターネットを通して賭けるため、現時点では合法でも違法でもなく、グレーゾーン扱いとなっています。

そのため海外で運営されている合法ブックメーカーへの参加については、違法性を問われる可能性は0に近く、利用したことで違法性を問われてしまったり、逮捕されてしまった事例などは起きていません。

あくまで合法的に運営しているブックメーカー、オンラインカジノのみであり、ライセンスを取得しておらず、国内で営業所を構えている賭け屋さんは違法となるため、注意してください。

アオイちゃん
海外に営業所があり、ライセンスを取得しており、インターネットを使って賭ける分には安心して利用することができます。

ブックメーカーとTOTO(スポーツ振興くじ)の違い

日本国内で安心してサッカーに賭けることができるのは現状、ブックメーカーとTOTOの2種類となります。

どちらのサイトに賭ければよいのか、分からない方に違いを解説していきます。

ブックメーカー TOTO (スポーツ振興くじ)
配当率(オッズ) 賭ける前に公開 賭ける前は未公開
地域 海外 日本
胴元(運営側)リスク ブックメーカー側が
損する可能性あり
必ず差し引くことができる
ので損することはない
還元率 高い 普通
胴元 海外の民間企業 日本省庁
目的 ギャンブル・娯楽目的 ギャンブル・娯楽目的
日本の産業振興目的
賭けられるスポーツ 野球・サッカー・テニス
バスケ・バレー・eスポーツ
など30種類以上
サッカーのみ
利用できるサイト
サービス
複数あり 日本政府が許可したもののみ

このような違いがあります。

フックメーカーは賭ける前から配当を公開しているブックメーカー方式を採用しており、TOTOでは試合の結果が出てから配当を決めるパリミュチュエル方式を採用しています。

もちろんプレイヤーからすると、賭ける前にオッズが公開されていた方が優位になります。

事前にオッズが公開されているということは、胴元(ブックメーカー)側が損してしまうリスクもあるため、ユーザー側が勝つ可能性が高いです。

また、ブックメーカーの特徴として海外の民間企業が運営しているため、様々なサイトの種類があります。

ここで、還元率の違いについて紹介していきます。

ブックメーカーとTOTO(スポーツ振興くじ)の還元率の違い

還元率とは売上からユーザーに還元している割合を示しています。

還元が多いほど、ユーザーが総合的にみて勝ちやすいといえます。

賭ける項目 還元率
ブックメーカー 90%~98%
パチンコ・パチスロ 80%~85%
競馬、競艇、競輪等 74.1%〜75%
TOTO(サッカーくじ)
(非課税)
49.6%
宝くじ
(非課税)
45.7%

出典:宝くじ・公営競技・サッカーくじの実行還元率|総務省

出典資料にある競馬・競輪・オートレース・競艇の実行還元率58.5%について

こちらは、税金を納めた後の数値となります。
サッカーくじ・宝くじは税金がかかりません。

このようにブックメーカーが頭一つ抜けていることが分かります。

理由としてブックメーカーはオンラインギャンブルによる事業体のため、固定費があまりかからずユーザーに還元できるという点が大きいです。

対してTOTOは、運営目的としてギャンブル・娯楽のみならず、日本の産業振興目的であるのが大きな理由となります。

つまり、皆さんがTOTOでギャンブルを楽しむことで、日本産業への振興に貢献していることが分かります。

その他ブックメーカーの強み

  1. 24時間どこでも楽しむことができ、登録も無料である
  2. 事前ベットだけでなく、ライブベッティグを楽しめる
    (試合の途中から賭けることができる)
  3. 20円などの少額から賭けることができる
  4. ライブ映像が無料でみられる

おすすめサッカー賭博サイト5選

それでは日本で安心して賭けられるサッカー賭けサイトをお伝えしていきます。

TOTOとブックメーカーを比べると、利用するユーザーのことを考えた結果、ブックメーカーの方がメリットが高く、勝てる可能性が高いため、ブックメーカー賭けサイトを紹介していきます。

おすすめサッカー賭博サイト5選
  1. 賭けっ子リンリン(賭けリン)
  2. WilliamHILL(ウィリアムヒル)
  3. カジ旅
  4. Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)
  5. bet365(ベットサンロクゴ)
ブック君
簡単に1つずつ解説していきます。

①賭けっ子リンリン(賭けリン)

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
初心者向け サイト・サポート共に日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
  2. Sticpay(スティックペイ)
  3. 10cins(仮想通貨)
  4. クレジットカード(VISA・JCB・Master)※入金のみ
備考
  1. ボーナスやプロモーションが充実している

②WilliamHILL(ウィリアムヒル)

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
初心者向け サイト・サポート共に日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
備考
  1. スポーツの種類と賭けるオッズが多い

③カジ旅

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
初心者向け サイト・サポート共に完全日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
  2. Sumopay(スモウペイ)
  3. クレジットカード(VISA・Master・JCB)
  4. 仮想通貨
    (ビットコイン・ライトコイン・イーサリアム・リップル)
  5. Venus Point(ヴィーナスポイント)
  6. Much Better(マッチベター)
  7. J-Pay
  8. STICPAY(スティックペイ
備考
  1. RPG型ブックメーカー
  2. ライブストリーミングが視聴できる
    J1・J2・J3のライブ視聴が可能

④スポーツベットアイオー

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
初心者向け サイト・サポート共に完全日本語対応
入出金方法
  1. 銀行振込:Sumopay(スモウペイ)
  2. ecoPayz(エコペイズ)
  3. 仮想通貨(ビットコイン)
備考
  1. 仮想通貨で賭けることができる

⑤bet365(ベットサンロクゴ)

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
初心者向け サイト・サポート共に日本語対応
入出金方法
  1. 銀行振込
    入金:三井住友銀行
    出金:三菱UFJ銀行
  2. ecoPayz(エコペイズ)
備考
  1. ライブストリーミングあり
  2. 最もサイト自体は使いやすい

サッカー賭博の始め方・やり方【ブックメーカー編】

挑戦したいサッカーの賭けサイトを見つけることができましたか?

次に、実際のブックメーカーの始め方、やり方について解説していきます。

ブックメーカーを始める為に必要なもの
  1. スマホ ※PC(パソコン)があると運用しやすい
  2. 身分証明書類 ※18歳以上であること
    (運転免許証・マイナンバーカード・パスポート)
  3. 住所確認書類
    (請求書・領収書)
  4. 初期入金 費用

ブックメーカーの始め方・やり方5STEP

  1. ブックメーカーに登録する
  2. 登録したブックメーカーに入金する
  3. ブックメーカーに本人確認書類を提出する
  4. ブックメーカーに賭ける
  5. 登録したブックメーカーから勝利金を出金する

このような流れでブックメーカーを進めていきます。

詳しい解説は下記にて解説しているので、参考にしてください。

実際のサッカーの賭け方

日本サッカーであるJ1・J2・J3のライブストリーミング(動画視聴)機能があるカジ旅を例にしてサッカーに賭けていきます。

右上にある【ハンバーガーメニュー】を選択します。

次に【スポーツ】を選択します。

【LIVE】を選択すると、現在開催中の試合が表示されます。

今回フランスリーグ1に賭けていきます。

画像のようにライブ視聴を楽しむことができます。

下記にオッズが並んでいるので、賭けたい項目を選択します。

『賭け金』を入力し、【ベットする】を選択します。

これで賭けることができました。

最後に【マイベット】を選択すると、賭けた試合の詳細を確認することができます。

この画面ではキャッシュアウト機能を使用することができます。

キャッシュアウトとは勝敗が確定する前に、自分のタイミングで表示されている金額分を払い戻しする機能のことです。

ブック君
キャッシュアウト機能が使えるのもブックメーカーの魅力です!

サッカーを代表するオッズ

最後にサッカーで賭けられる代表的なオッズを3つ紹介していきます。

① 1×2

どちらのチームが勝利するか、もしくは引き分けになるかを3択で予想する賭け方です。

② 合計

両チームの得点の合計が指定された数値より下回るか、上回るかを予想する賭け方です。

③ダブルチャンス

「Aチーム勝利・引き分け」「Aチーム勝利・Bチーム勝利」「引き分け・Bチーム勝利」のいずれかを3択で予想する賭け方です。

サッカー賭博 まとめ

いかがでしたか?

サッカーの賭博についてと、始め方、やり方、おすすめ賭けサイトを解説してきました。

サッカーの賭博をするにあたり、TOTO(スポーツ振興くじ)、ブックメーカー、両方ともに安全に使用することができます。

比較したところ、ブックメーカーの方が優れていることが多いです。

おすすめサッカー賭博サイト5選
  1. 賭けっ子リンリン(賭けリン)
  2. WilliamHILL(ウィリアムヒル)
  3. カジ旅
  4. Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)
  5. bet365(ベットサンロクゴ)

上記の5サイトはスポーツベッティングに優れています。

アオイちゃん
サッカーベッティングを始める良いきっかけになれれば何よりです。

この記事を書いた人ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約4年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語を使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2022年最新版】ブックメーカーおすすめ

『ブックメーカー研究所』では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

おすすめブックメーカーは、特に厳選しており、満足できるサイトをピックアップしています。今日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。