→ブックメーカー入金不要ボーナス・登録ボーナスの解説

オンラインカジノは違法?合法?日本の法律から見た現状を徹底解説!

オンラインカジノ違法合法

・オンラインカジノは本当に合法なの?
・オンラインカジノで遊んでいて逮捕者が出たのは本当?

オンラインカジノを調べていると時折、法律面で不安なことが出てきますよね。

「賭博法」や「逮捕」など不穏なキーワードを目にすることも少なくないはずです。

結論から述べるとオンラインカジノは違法ではありません。

ただし、明確な合法と定められているわけでもないグレーゾーンとなります。

「え?つまりどっちなの?」

上記のようなモヤモヤを解消するために、この記事ではオンラインカジノの違法性・合法性について法律視点を基に解説していきます。

ブック君

この記事を読むことで、みなさんは安心してオンラインカジノをプレイできるようになります!

アオイちゃん

一緒にオンラインカジノと法律の知識を付けましょう!

オンラインカジノ合法ではないが違法でもない

オンラインカジノ合法違法

「オンラインカジノ」は違法でもなければ合法でもありません。

そのようにあやふやな表現となる理由は、国内ギャンブルを取り締まる法律「賭博法」に”オンラインカジノ”について明記されていないからとなります。

アオイちゃん

たとえばラスベガスのカジノで遊んできた人が帰国しても、逮捕されませんよね

オンラインカジノは、海外で開催されているカジノに参加している扱いとなるため「賭博法」の取り締まり対象外となるという見方が有力です。

ブック君

ただし、逆にOKとも明示されていないため、現状は白に近いグレーという扱いとなります

オンラインカジノ関連で逮捕者が現れた事例を紹介

オンラインカジノ合法違法

上記で法的にややグレーと解説してきたオンラインカジノですが、過去に逮捕者が出た事例が少なからず存在します。

いずれも5年以上前の事件になりますが、当時、オンラインカジノで逮捕者が出たと話題になりました。

ブック君

ここでは代表的な事件を3つ紹介します

①スマートライブカジノ事件(※逮捕されたが不起訴となる)

「スマートライブカジノ事件」とは2016年3月頃に発生した、日本で初めてオンラインカジノプレイヤーが逮捕された事件です。

「スマートライブカジノ」は英国に運営拠点を置き、ライセンスも取得していたオンラインカジノでした。

当時、合法オンラインカジノにおいて逮捕者が出たことは業界に大きな衝撃を与えました。

以下の理由によって、国内に運営拠点が置かれていると警察側に判断されたのではないかと言われています。

  • 日本人ディーラーが仕切るライブカジノ
  • 日本人専用テーブル
  • 日本語コミュニケーション
  • 日本の夕方から深夜の時間にライブカジノのサービスを提供

この事件で、SNSやブログに掲載したオンラインカジノのプレイ履歴から身元特定された3名のプレイヤーが逮捕されました。

うち2名は裁判を起こすことなく略式起訴を受け入れ、罰金を支払い釈放されましたが、残りの1名は逮捕に異議を唱え、弁護士と共に裁判で争う姿勢を示しました。

状況を整理した検察側が「不起訴」と判断し、裁判を起こすことなく無罪判決となりました。

ブック君

ちなみにスマートライブカジノは、運営上の理由で現在は閉鎖してます。

②NetBanQ事件(運営者が逮捕)

「NetBanQ事件」は、少し特殊な事例で”決済システム”の運営者が逮捕されてしまった事件です。

「NetBanQ」はオンラインカジノで使用する賭け金の入金及び払い戻しができる”決済システム”でした。

2016年2月頃、警察が「不特定多数のプレイヤーにオンラインカジノに入金させ、バカラやブラックジャックなどのギャンブル行為をほう助した」とし、運営者2人が逮捕されました。

日本人プレイヤー数名も書類送検されましたが、そのうち何名かは略式起訴を拒否・逮捕を不当とし、結果的に不起訴(無罪)となりました。

国内運営されていた決済システムであったことも要因とされていますが、警察による発表がないため詳細は不明です。

ブック君

このことから、決済システムも海外に運営拠点を置くサービスの方が好ましいと考えられます

アオイちゃん

有名なものだと「エコペイズ」だね!

③ドリームカジノ事件(運営者が逮捕)

「ドリームカジノ事件」ではオンラインカジノ運営者が逮捕されました。

「ドリームカジノ」は、当時「スロットのペイアウト率公開」、「豊富なボーナス」により会員数9,500人もの人気オンラインカジノでした。

しかし、運営情報を偽って公開しており、国内に拠点があったため「賭博法違反」として運営者が逮捕されました。

「ドリームカジノ」は運営者の逮捕後、閉鎖されプレイヤーへの返金は別オンラインカジノによって行われました。

また「ドリームカジノ事件」でプレイヤーに逮捕者は出なかったものの、家宅捜索・警告を受けたプレイヤーもいたようです。

アオイちゃん

プレイヤーとしてはお金は帰ってこないし、怒られるしで散々な事件だったんだね…

過去のオンラインカジノ逮捕事件から分かること

オンラインカジノ

過去のオンラインカジノ逮捕事件から、プレイヤーが逮捕事件に巻き込まれる可能性もゼロではないことが分かりました。

とはいえ、2016年以降オンラインカジノ関連で大きな事件のニュースは流れておらず、今後プレイヤーが不当に逮捕される可能性は少ないと考えられます。

ただし、中には「明確に違法」・「プレイヤーを騙そうとする」オンラインカジノも存在するため、そちらにも注意する必要があります。

ブック君

ここでは具体的にどんなオンラインカジノに注意しなければいけないのか解説していきます。

①日本に店舗があるオンラインカジノは違法

日本に運営会社が存在しているオンラインカジノで遊ぶことは明確な賭博法違反となります。

オンラインカジノが「法的にはグレー」とされ、多くの日本人プレイヤーが遊べているのは、運営会社が海外に存在するためです。

アオイちゃん

日本国外で賭博に参加していると解釈されるためセーフなんだね

もしオンラインカジノを、日本国内に存在する会社が運営していると「国内でギャンブルに参加している」という扱いになり取り締まりの対象となります。

ブック君

オンラインカジノ選びの際は、必ず運営拠点が海外なのかをチェックしましょう!

②合法を装ってイカサマしてくるオンラインカジノ詐欺サイトに注意

カジノ運営は「プレイヤーが負けることで利益が生まれる」仕組みです。

そのため、かつてはイカサマソフトを利用し、不正にギャンブルを操作していたオンラインカジノも存在しました。

また不当に不払いを続けていたオンラインカジノもありました。

そのような悪質なオンラインカジノに騙されないためにも、オンラインカジノ選びの際は以下のポイントを満たしているか確認しましょう。

  • ライセンスを取得しているか?
  • 運営拠点が海外に実在しているか?
  • 不正防止システムを導入しているか?
ブック君

当サイトで紹介しているオンラインカジノは、どれもイカサマ対策を徹底しています

オンラインカジノは結局合法なの?法律は?

オンラインカジノ税金

結局、オンラインカジノは合法なの?違法なの?

その疑問に対しての回答は「合法的に運営されており、関連会社が海外に拠点を置いているオンラインカジノであれば警察に逮捕される可能性は低い」となります。

前述の通り「賭博法」はあくまで国内での賭博行為を取り締まる法律です。

現状は、海外に運営会社及び関連会社が存在し合法的に運営しているオンラインカジノであれば規制対象になっていません。

また近年、「カジノ法案」の成立などにより、そのグレーな部分も少しずつ薄れてきております。

「カジノ法案」とは

カジノ施設を含めたIR(統合型リゾート)を作るための法案です。

長年ギャンブルに対して、ネガティブなイメージを有していた日本にカジノができる可能性ができたことで注目を集めています。

また、オンラインカジノ「ミスティーノカジノ」では、新聞やテレビCMに広告を掲載しております。

ブック君

メディア露出も増えてきているため、今後日本でも「オンラインカジノ」という文化が正式に認可されるかもしれません。

正しいオンラインカジノの選び方

オンラインカジノ選びには、満たしておくべき重要なポイントがあります。

確認を怠るとイカサマ・違法運営など危険なオンラインカジノに遭遇してしまうかもしれません。

ブック君

ここからはオンラインカジノの正しい選び方を紹介していきます

①運営会社が海外にあるのか確認

オンラインカジノで遊ぶ際、大前提として運営会社が海外に拠点を置いているかは重要となります。

国内に運営拠点を置いていると「賭博法」により取り締まられてしまいます。

また「NetBanQ事件」の事例があるため、決済システムなども可能な限り海外会社が運営しているサービスをオススメします。

②信用できるライセンスを取得しているのか確認

続いて確認するべきなのが「取得ライセンス」です。

「ライセンス」取得はオンラインカジノ運営に必須となり、逆に持っていないと違法運営となります

ライセンスの種類によっても信頼性が変化します。

日本では以下の2つがメジャーかつ信頼性が高いライセンスとして認知されています。

  • マルタ島ライセンス
  • キュラソー島ライセンス
ブック君

だいたいオンラインカジノのサイト下部に、ライセンス証明が掲載されているので必ず確認しましょう!

③第三者機関が入っているのか確認

ここでいう第三者機関とは「審査機関」を指します。

第三者審査機関は「オンラインカジノがイカサマなど不正行為していないか」を調査する役割となります。

認知度が高く、公正性をアピールしているオンラインカジノは、この第三者審査機関による査定結果を掲載しています。

ブック君

ライセンスと同時に第三者機関の証明も確認しましょう!

合法的なオンラインカジノおすすめを紹介

最後に合法かつ日本人でも安心してプレイできるおすすめオンラインカジノを紹介します。

アオイちゃん

ここで紹介するオンラインカジノは、いずれも日本語サポート対応を有しております

ブック君

運営実績もある信頼性が高いサイトばかりですので安心してお試しください!

オンラインカジノおすすめ 【ミスティーノカジノ】
・初心者へのオススメ度
 ★★★★★ 
・シンプルなルール
・メディア掲載実績
・豊富なゲーム数
オンラインカジノおすすめ 【ベラジョンカジノ】
・初心者へのオススメ度
 ★★★★★ 
・日本No.1の実績
・充実した登録ボーナス
・デイリーゲームも充実
オンラインカジノおすすめ 【スポーツベットアイオー】
・初心者へのオススメ度
 ★★★★★ 
・スポーツベッティングも可能
・日本円・仮想通貨対応
・匿名登録可能
オンラインカジノおすすめ 【賭けっ子リンリン】
・初心者へのオススメ度
 ★★★★★ 
・全体的にバランスが良
・日本人向けオンカジ
・専用アプリが優秀
オンラインカジノおすすめ 【カジ旅】
・初心者へのオススメ度
 ★★★★
・業界初RPG要素がある
・6倍速プレイが可能
・利用可能通貨が「米ドル」のみで若干サイトが重い
オンラインカジノおすすめ 【ボンズカジノ】
・初心者へのオススメ度
 ★★★ 
・入出金方法が多い
・提携ゲーム会社が豊富
・利用規約が少し複雑
オンラインカジノおすすめ 【ビットカジノ】
・初心者へのオススメ度
 ★★★ 
・仮想通貨プレイNo.1
・匿名プレイが可能
・登録ボーナスがない

おすすめオンラインカジノについて詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

オンラインカジノ違法・合法まとめ

オンラインカジノおすすめ

今回の内容をまとめると以下になります。

  • オンラインカジノは違法ではない
  • ただし、明確な合法でもなく逮捕事件に巻き込まれる可能性もゼロではない
  • 安心してプレイするためには正しいオンラインカジノ選びが必要

数年前までは、不正運営しているオンラインカジノも多く、逮捕や取り締まり事件も頻発していました。

しかし、ここ5~6年は目立った事件は発生しておらず、国内のオンラインカジノプレイヤー数も増加傾向にあります。

ブック君

正しい知識を持っていれば、オンラインカジノで遊ぶことは違法でも危険でもありません!

アオイちゃん

みなさんもこの記事を参考に安心してプレイできるオンラインカジノを探してみてください♪

この記事を書いた人ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約5年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語を使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2022年最新版】ブックメーカーおすすめ

『ブックメーカー研究所』では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

おすすめブックメーカーは、特に厳選しており、満足できるサイトをピックアップしています。今日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。