→ブックメーカー入金不要ボーナス・登録ボーナスの解説

日本ではギャンブルは何歳から遊べるの?ギャンブルの年齢制限と法律について解説!

  • ギャンブルを始めてみたいけど年齢制限ある?
  • 年齢制限を守らずにギャンブルするとどうなるの?

チャンスとスリルを同時に味わえるギャンブル。

特に若い方は、ギャンブルにおける非日常感を楽しみたいと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ギャンブルには年齢制限が施されています。

国によっても年齢制限の幅は異なりますが、日本の場合は基本的に18歳〜20歳以上であることが多いです。

ブック君

今回はギャンブルの年齢制限について、法律面の視点も交えながら解説していきます。

アオイちゃん

なるべく分かりやすく解説していきますね!

ギャンブルに年齢制限が法律でめられている理由

そもそも、どうしてギャンブルには年齢制限が課せられているのか?みなさんはご存じでしょうか。

年齢制限が定められる主な理由は、ギャンブル依存症の防止です。

精神が未熟な未成年は、ギャンブルの影響を大きく受け「ギャンブル依存症」を発症する恐れがあります。

ギャンブル依存症による非行・治安悪化を防ぐためにも年齢制限は必要となります。

ブック君

この年齢制限は国によっても異なります

各国におけるカジノの年齢制限
  • 韓国:19歳以上
  • アメリカ(ラスベガス):21歳以上
  • ギリシャ:23歳以上
アオイちゃん

海外でギャンブルに参加するときは、その国の年齢制限をチェックしないといけないんだね!

各ギャンブルの年齢制限について

日本の場合、ギャンブルの年齢制限は国以外にプレイする賭け事の種類によっても変動します。

ギャンブルの種類によって取り締まる法律が異なるためです。

ここでは具体的にどのギャンブルが何歳以上から利用できるのか?について解説していきます。

ギャンブル年齢制限
公営ギャンブル
(競馬・競輪・競艇・オートレース)
20歳以上
サッカーくじ(TOTO)19歳以上
宝くじ年齢制限なし
パチンコ・パチスロ18歳以上
ブックメーカー18歳以上
※サイトによって異なる場合あり
国によって法律が違うため
オンラインカジノ18歳以上
※サイトによって異なる場合あり
国によって法律が違うため
FX18歳以上
(日本国内は2022年4月1日から)
仮想通貨18歳以上
(日本国内は2022年4月1日から)
バイナリーオプション18歳以上の場合あり
(日本国内は2022年4月1日から)

①公営ギャンブル(競馬・競輪・競艇・オートレース) 20歳以上

20歳以上から遊べるギャンブルとして、国家公認ギャンブル「公営ギャンブル」が該当します。

公営ギャンブルには、それぞれ個別に法律が定められています。

各ギャンブルの法律
  • 競馬:競馬法
  • 競輪:自転車競技法
  • 競艇:モーターボート競走法
  • 小型自動車競走法

たとえば競馬を取り締まる法律「競馬法」では以下のように定められています。

第28条 未成年者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

JRA競馬法

ここでいう未成年とは20歳に満たない者を指します。

未成年が代理を立てて賭け事に参加した場合も処罰の対象となるので注意しましょう。

公営ギャンブルに関して、より詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

②サッカーくじ(TOTO) 19歳以上

サッカーくじは日本で合法的に参加できるスポーツベッティングの一つです。

「サッカーくじ」とはあくまで通称であり、本来は「スポーツ振興くじ」といいます。

「スポーツ振興投票の実施等に関する法律」によって取り締まられており、年齢制限に関しては以下のように定められています。

(スポーツ振興投票券の購入等の禁止)

第9条 19歳に満たない者は、スポーツ振興投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

JAPAN SPORT COUNCILスポーツ振興投票の実施等に関する法律

同じ公営ギャンブルである競馬やオートレースが20歳以上からなのに対し、サッカーくじは19歳から購入することが可能です。

③宝くじ 年齢制限なし

意外かもしれませんが、宝くじに年齢制限はありません。

宝くじを取り締まっている「当せん金付証票法」には購入者の年齢についての記載されていません。

このことから、仮に未成年が宝くじを購入しても法律面で問われる心配がありません。

ただし、それはあくまで法律面での話です。

未成年が保護者に無断で宝くじを購入する場合、何らかのトラブルが発生する可能性が想定されます。

そうした事態への対策として、販売店側による自主規制が行われていることが多いです。

また高額当選した場合、必要に応じて身分証明書などの提示も求められるため、必ずしも保護者などにバレずに当選金が得られるわけでもありません。

アオイちゃん

別に悪いことではないので、未成年の方は保護者と一緒に購入しましょう

④パチンコ・パチスロ 18歳以上

街中でよく見かける「パチンコ・パチスロ」は18歳以上から楽しめます。

パチンコ・パチスロに関する法律は「風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)」です。

風営法では以下のように、18歳未満のパチンコ・パチスロの利用を禁止しています。

十八歳未満の者を営業所に客として立ち入らせること(第二条第一項第五号の営業に係る営業所にあつては、午後十時から翌日の午前六時までの時間において客として立ち入らせること。)。

e-Gov法令検索 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和二十三年法律第百二十二号)

もし仮に18歳未満でパチンコ・パチスロ店に出入りした場合は、店内から追い出されます。

常習犯の場合は出禁処罰、問題が大きく扱われた場合は警察・学校に通報される可能性もあります。

ちなみに風営法では、従業員に関しても18歳未満の者が勤務することを禁止しています。

ブック君

どのような形であれパチンコ・パチスロ店に出入りするのは、18歳以上になってからにしましょう

⑤ブックメーカー・オンラインカジノ 18歳以上※異なる場合も

オンラインギャンブルは、インターネットを通じて海外企業が運営している賭け事に参加するギャンブル方法です。

「オンラインカジノ」、「ブックメーカー」がその代表となりますが、その他にネット麻雀も含まれます。

これらのオンラインギャンブルは、基本的には18歳以上から参加できます。

ただし、オンラインギャンブルは運営会社の所在地がある国の法律により年齢制限も変化します。

サイトによっては20歳以上からと規定されている場合もあるので、利用前に規約を確認しましょう。

ブックメーカー年齢制限・解説記事
①スポーツベットアイオー
(Sportsbet.io)

18歳以上
解説記事
公式サイト
②bet365(ベット365)

18歳以上
解説記事
公式サイト
③賭けっ子リンリン
(賭けリン)

18歳以上
解説記事
公式サイト
オンラインカジノ年齢制限・解説記事
①ミスティーノカジノ
オンラインカジノおすすめ
18歳以上
解説記事
公式サイト
②ベラジョンカジノ
オンラインカジノおすすめ
20歳以上
解説記事
公式サイト
③カジ旅
オンラインカジノおすすめ
18歳以上
解説記事
公式サイト

ちなみに現地のカジノの場合も国によって異なります。

カジノで有名なアメリカ・ラスベガスやマカオ、シンガポールなどは21歳から入場可能となります。

アオイちゃん

知らずに入場しようとすると門前払いされるので注意しましょう

ブック君

ただし、韓国の場合は年齢制限が緩く19歳から入場可能となります。

年齢制限が気になる方は18歳からプレイできるブックメーカー・オンラインカジノの方をオススメします

おすすめサイトについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

⑥Fx・仮想通貨 18歳以上

出典:DMM Fx

ギャンブル性が高い側面を有する投資方法にFXや仮想通貨が挙げられます。

FX・仮想通貨の年齢制限は20歳以上からと利用規定に定めていましたが、

2022年4月1日(金)に施行される「民法の一部を改正する法律」にて成年年齢が20歳から18歳へ引き下げられることに伴い、18歳から口座開設のお申込みが可能となります。

FXとは

正式名称を外国為替証拠金取引といい、通貨の売買で生じた差額から利益を得る投資法。

仮想通貨の場合も同様に国内の取引上では年齢制限が設定されています。

仮想通貨とは

インターネットを介した電子データーのみで取引される通貨。

ブック君

海外も18歳で開設できることが多いです。

⑦バイナリーオプション 18歳以上

ギャンブル性が懸念される投資法「バイナリーオプション」にも年齢制限が定められています。

バイナリーオプションとは

決められた期間内に為替相場や株価指数などが高くなるか低くなるかを予想する二者択一の投資法。

バイナリーオプションの年齢制限は国によって異なります。

日本では20歳以上の成人しか、バイナリーオプションを利用できませんでしたが、

こちらも、2022年4月1日(金)に施行される「民法の一部を改正する法律」にて成年年齢が20歳から18歳へ引き下げられることに伴い、18歳から口座開設のお申込みが可能となります。

各公式サイトを必ず確認するようにしてください。

とはいえ成人の規定は国によって異なるため、海外業者の中には18歳から利用できるところが多いです。

アオイちゃん

有名なところだと「ハイローオーストラリア」が18歳以上から利用できます。

ブック君

18歳以上で利用できたとしても、高校生の場合は取引不可であることが多い点には注意しましょう

まとめ

今回の内容をまとめると以下になります。

  • ギャンブルには種類や国によって年齢制限が決められている。
  • 公営ギャンブルは20歳以上から。
  • サッカーくじは19歳から楽しめる。
  • 宝くじは法律面での制限はないが店側による自主規制が多い。
  • パチンコ・パチスロは18歳以上から。
  • オンラインカジノ・ブックメーカーは基本18歳以上からだが、サイトによって異なる。
  • 投資法であるFX・仮想通貨・バイナリーオプションは、2022年4月1日から18歳以上から口座開設ができる。
    2022年3月31日までは20歳以上。海外サイトでは18歳以上が多い

各種ギャンブルには年齢制限が決められており、国によっても異なります。

今後、FX・仮想通貨・バイナリーオプションなどでは18歳以上に変更となる日本運営サイトが増えると予想されるので、必ず公式サイトを確認してから始めるようにしましょう。

年齢制限を軽んじた行動を繰り返すと、出禁やお説教だけで済まなくなり、警察のお世話になる可能性もあります。

ギャンブルの年齢制限は、お酒・たばこと同じように未成年に悪影響を及ぼすことから規定されています。

ブック君

ギャンブルのスリルを早く味わいたい方もいらっしゃるかもしれませんが、年齢制限を満たすまでは我慢しましょう

この記事を書いた人ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約5年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語を使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2022年最新版】ブックメーカーおすすめ

『ブックメーカー研究所』では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

おすすめブックメーカーは、特に厳選しており、満足できるサイトをピックアップしています。今日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。