→ブックメーカー入金不要ボーナス・ボーナス一覧はこちら

競馬は何歳から遊べるの?年齢制限や学生でも馬券が購入できるのか法律を基に解説!

  • 学生だけど競馬で遊びたい!
  • 未成年でも馬券は買えるの?

競馬は日本で長年親しまれてきた公営競技の一つです。

以前から競馬に熱中する未成年の方はいましたが、最近では競走馬をモチーフにしたアプリゲームが話題となったことで、若年層からの注目度が高まっています。

ただし、競馬は未成年が遊べない賭博であり、大人に頼んで馬券を代理購入することも禁止されています。

この記事では「競馬は何歳から遊べるのか?」について法律を基に解説していきます。

ブック君

未成年なりの競馬の楽しみ方についても触れていきますね!

馬券購入の年齢制限は競馬法により定められている

競馬をはじめとした公営競技には、それぞれを取り締まる法律が存在します。

競馬の場合、「競馬法」がそれに該当し、馬券の取扱いや未成年の参加について記載されています。

ブック君

まずは競馬法における年齢制限について解説していきますね!

競馬は20歳から購入できる

競馬において、どの馬の順位などを予想する投票券である「馬券」。

競馬法では馬券の購入可能年齢について下記のように定めています。

第二十八条 二十歳未満の者は、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

引用:e-GOV法令検索

上記の通り、20歳に満たない方は、ギャンブルである競馬で馬券を購入できません。

ブック君

誰かから譲り受けることも禁止されています!

競馬は20歳以上なら学生でも遊べる

20歳以上だけど、学生の場合はどういう扱いになるの?

上記の疑問に関して、現在の競馬法では20歳以上であれば学生だとしても遊べます。

以前は20歳以上の学生も規制されていましたが、平成17年の改正から解禁されました。

アオイちゃん

競馬で遊べるかどうかは「20歳以上か?」がポイントなんだね!

成人年齢18歳への引き下げも無関係

2022年4月より民法が改正され、成人扱いされる年齢が18歳からとなりました。

ただし、競馬の参加年齢は依然として20歳以上からのままです。

今回の改正では、競馬法の内容は変わっておらず20歳未満の方は馬券購入できないままです。

余談ですが、お酒・たばこの解禁も20歳以上のままです。

ブック君

お酒・たばこ・競馬ギャンブルは20歳を超えてから!

20歳未満の馬券購入は法律違反

上記で20歳未満の馬券購入は競馬法違反と解説しました。

もし法律に反した場合、具体的にどの程度の罰則を受けるのか?

可能性を挙げると

  • 競馬場職員からの注意・叱責
  • 学校・家族へ連絡がいく
  • 警察に通報・補導

などのペナルティが考えられます。

アオイちゃん

周りに迷惑かけてしまうので軽率な行動は控えましょう!

換金時に年齢確認されることがあり

馬券換金・購入時において年齢確認される可能性があります。

近年の馬券は自動販売機で換金・購入するのが一般的です。

そのため「バレにくい」と思いがちですが、競馬場内には職員や私服警察官などが未成年の動向に目を光らせています。

怪しいと判断して年齢確認する可能性もあるため、安易に「バレないから大丈夫」と考えないようにしましょう。

ネット上での馬券購入は不可能

近年の競馬ではオンラインで馬券を購入できる「ネット競馬」も人気が高まっています。

競馬場ではなく自宅でくつろぎながら、レースを楽しめる「ネット競馬」は利便性が高いです。

競馬場に行かず監視もないため、未成年が遊んでもバレないだろうと考えがちですが馬券購入は不可能です。

競馬のインターネット投票を利用するには、口座情報を登録する必要があります。

口座自体は未成年でも作れますが、生年月日を必要とするため実年齢がバレてしまいます。

アオイちゃん

ここで「親の口座を使うから大丈夫!」と考えた方は要注意です!

親の口座で登録し、実際には未成年が馬券を購入していた場合、親が代理購入したとして競馬法違反に問われる可能性があります。

後述する競馬法第三十四条で、代理購入した方への罰則が定められています。

ブック君

決して軽いペナルティではありません!

未成年からの代理購入も不可(馬券を譲渡してはいけない)

  • 子どもにお願いされ、代わりに購入した
  • 20歳未満の後輩に馬券を分けてあげた

上記は未成年が馬券を購入したわけではないため一見、問題ないように思えます。

しかし、これらは競馬法における「馬券の譲渡」に該当し罰則の対象となります。

具体的に、どのような罰則になるかというと下記の競馬法第三十四条に定められています。

第三十四条 第二十八条又は第二十九条の規定に違反する行為があつた場合において、その行為をした者がこれらの規定により勝馬投票券の購入又は譲受けを禁止されている者であることを知りながら、その違反行為の相手方となつた者(その相手方が発売者であるときは、その発売に係る行為をした者)は、五十万円以下の罰金に処する。

引用:e-GOV法令検索

違反した者は50万円以下の罰金が科せられます。

アオイちゃん

けっこう高額な罰則なんだね!

ブック君

競馬でギャンブルは20歳から!頭に叩き込みましょう!

未成年はあくまでも競馬予想を楽しむべき

未成年の方が競馬で禁止されているのは、馬券購入というギャンブル行為のみです。

競馬のレース予想自体は未成年が行っても問題ありません。

人によってはギャンブルのスリルがないとつまらない…と感じるかもしれませんが、20歳を超えるまでは「レース観戦・予想」までに留めましょう。

競馬場の入場は何歳でもOK!

競馬場への入場自体は、未成年でも大丈夫です。

未成年が馬券を購入しギャンブルに参加するのは法律違反ですが、競馬場でレースを楽しむことに関しては競馬法で取り締まられていません。

ただし、未成年だけで競馬場内にいると職員や警察官から年齢確認されることがあります。

ブック君

馬券購入しなければ問題ありませんが、可能であれば保護者などの大人に同伴してもらいましょう!

ブックメーカーの競馬なら原則18歳から利用できる

ここまで20歳未満は競馬で遊べないと解説しましたが、これは日本国内での競馬での場合となります。

海外に拠点をおく企業が提供しているブックメーカー競馬であれば、海外の法律が適応されるため原則18歳以上から利用できます。

日本競馬とはオッズ形式などが異なりますが、基本的な楽しみ方は同じです。

ブック君

日本だけでなく世界中の競馬レースを楽しめます!

ブックメーカー競馬について、より詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

まとめ

今回の内容をまとめると以下になります。

  • 日本競馬は「競馬法」によって取り締まられている。
  • 日本競馬の馬券購入は20歳以上から。
  • 馬券を未成年に譲渡するのも違反。
  • 競馬場への入場や観戦は未成年でも可能。
  • ブックメーカー競馬なら原則18歳以上から利用可能。

日本競馬は20歳以上のギャンブル行為参加が認められていません。

バレないだろうと安易に考え軽率な行動をとると周囲に迷惑をかける恐れがあります。

どうしても競馬に関わりたい方は、20歳を超えるまで競馬場への入場・観戦で我慢する、もしくはブックメーカー競馬を利用しましょう。

ブック君

日本の競馬は20歳から忘れないようにしましょう!

この記事を書いた人ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約4年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語を使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2022年最新版】ブックメーカーおすすめ

『ブックメーカー研究所』では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

おすすめブックメーカーは、特に厳選しており、満足できるサイトをピックアップしています。今日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。