→ブックメーカー入金不要ボーナス・登録ボーナスの解説

日本プロ野球・高校野球予想サイト・データ分析サイトおすすめ12選を詳しく解説!

「プロ野球・MLB・高校野球の予想サイト・データ分析サイトってどんなものがあるの?」

この記事に訪れた方はこのような悩みを抱えていませんか?

プロ野球・MLB・高校野球(甲子園)の情報やデータを確認できるサイトはもちろん、予想を公開しているサイトも数少ないですよね。

そこで今回の記事では日本プロ野球賭博予想サイト・MLB・高校野球予想サイトおすすめ12選を詳しく解説していきます。

ブック君

それではどうぞ!

日本プロ野球・高校野球予想サイト 分析サイト一覧

始めに日本プロ野球・MLB・高校野球予想データ分析サイトを詳しく解説していきます。

予想サイトとは第三者やAIの勝敗予想を集計したサイトを指します。

データ分析サイトとは、過去の対戦成績や直近成績、プレイヤー情報、チームの特徴などをまとめたサイトになります。

日本プロ野球・高校野球予想サイト一覧

野球予想サイト取り扱っている野球言語
①SPAIA(スパイア)
公式サイトへ
日本プロ野球
高校野球
MLB
その他日本スポーツ全般
予想・分析両方可能
日本語
②プロ野球ハンデの森
公式サイトへ
日本プロ野球
高校野球
MLB
日本語
③プロ野球ハンデのHOT-HANDI
公式サイトへ
日本プロ野球
高校野球
日本語
④ブロガベット(BLOGABET)
公式サイトへ
日本プロ野球
その他海外・日本スポーツ全般
※一部有料の予想あり
英語

日本プロ野球・高校野球データ分析サイト一覧

野球分析サイト取り扱っている野球言語
①NPB 日本野球機構
公式サイトへ
日本プロ野球日本語
②オッズペディア
(Oddspedia)
公式サイトへ
日本プロ野球
MLB
その他海外・日本スポーツ全般
日本語
③フラッシュスコア
(FlashScore)
公式サイトへ
日本プロ野球
高校野球
MLB
その他海外・日本スポーツ全般
日本語
④Baseball LAB
公式サイトへ
日本プロ野球日本語
⑤プロ野球データFreak
公式サイトへ
日本プロ野球日本語
⑥日本プロ野球記録
公式サイトへ
日本プロ野球日本語
⑦データで楽しむプロ野球
公式サイトへ
日本プロ野球日本語
⑧高校野球ドットコム
公式サイトへ
高校野球日本語
アオイちゃん

1つずつ解説していきます。

日本プロ野球・高校野球予想サイト4選

日本プロ野球・高校野球予想サイトを4つ詳しく紹介していきます。

①SPAIA(スパイア)

言語日本語
用途複数のスポーツの予想サイト
複数のスポーツのデータ分析サイト
取扱いスポーツtoto予想・競馬・プロ野球・Bリーグ・MLB
Jリーグ・高校野球・海外サッカー・陸上
バスケ・大相撲・テニス・フィギュア
ボクシング・学生スポーツ・バレーボール
ソフトボール・バドミントン・ハンドボール
ラクロス・eスポーツ・ゴルフ・ラグビー
アメフト・プロレス・レスリング・スキー
競馬・柔道・空手・水泳・体操・卓球
メリット
  1. 取り扱いスポーツが非常に多い
  2. 掲示板が使用でき、みんなの予想も百分率で確認できる
  3. プロ野球順位表も確認できる
  4. スポーツ全般のニュースを確認できる
  5. 日本語対応で分かりやすい
デメリット
  1. 特になし

スポーツ全般の予想をAIとみんなの予想を公開しているサイト

SPAIA(スパイア)はスポーツ全般のAI予想・第三者の予想を集計したサイトであり、日本社が運営する最大規模の予想サイトです。

予想だけでなく、プロ野球の順位などのデータ、スポーツ系のニュース記事など様々な情報を発信しているサイトであり、使い勝手がよいのが魅力と言えるでしょう。

②プロ野球ハンデの森

言語日本語
用途野球予想サイト
取扱いスポーツ日本プロ野球
高校野球
MLB
メリット
  1. 数少ない野球専門の予想サイト
  2. 勝敗予想だけでなく、ハンデ予想も見越したサイト設計
  3. 日本語対応で分かりやすい
デメリット
  1. 予想は前日もしくは当日に公開される
  2. 運営者情報がなく、透明性に欠ける

日本野球予想サイト!過去の勝率も非常によい

プロ野球ハンデの森は、日本プロ野球・高校野球・MLBに特化した予想サイトです。

通常の勝敗予想だけでなく、ハンデ予想を見越したサイトとなっています。

③プロ野球ハンデのHOT-HANDI

言語日本語
用途野球予想サイト
取扱いスポーツ日本プロ野球
高校野球
メリット
  1. 数少ない野球専門の予想サイト
  2. 勝敗予想だけでなく、ハンデ予想を見越したサイト設計
  3. 日本語対応で分かりやすい
  4. さまざまな野球予想サイトを紹介している
デメリット
  1. 予想は前日もしくは当日に公開される
  2. 運営者情報がなく、透明性に欠ける

長く配信を行なっている日本専門の野球予想サイト

プロ野球ハンデのHOT-HANDIは、日本プロ野球・高校野球に特化した予想サイトです。

こちらも通常の勝敗予想だけでなく、ハンデ予想を見越したサイトとなっています。

④ブロガベット(BLOGABET)

言語英語
用途スポーツ全般の予想サイト
ブックメーカー予想有料配信あり
取扱いスポーツサッカー・テニス・バスケ・ホッケー
ハンドボール・野球・バレーボール
モータースポーツ・スヌーカー・クリケット
ボクシング・ゴルフ・サイクリング・ダーツ
卓球・競馬・バドミントン・Eスポーツ
MMA(総合格闘技)・ラグビー
メリット
  1. スポーツ・地域ごとに予想している内容を確認できる
  2. 予想師の数が多く、利益を出している人も多い
  3. 予想師の情報が非常に細かく、絞り込みも簡単
  4. 毎日3,000以上の予想が行われており、賭けるスポーツに困らない
  5. 予想師をフォローできる
  6. 自分が予想師になり、実績を積むと有料になれる可能性がある
  7. ブックメーカー利用者向け予想サイトである
デメリット
  1. 日本語未対応である
  2. 海外スポーツの予想が多い
  3. 実績のある予想師は有料の可能性が高い
  4. 最初は無料でも予想師の実績が上がると、有料になる場合がある

ブックメーカー予想サイト最大規模!毎日3,000以上のスポーツ予想を確認できる

ブロガベット(BLOGABET)は、2006年から提供をしており、野球のみならず様々なスポーツの予想を確認することができます。

海外サイトということもあり、英語表記であり、海外スポーツの予想が多いのが現状です。

ただし、実績を出している予想師が予想していることが魅力と言えるでしょう。

的中精度の高い予想師は有料となっていますが、無料でもレベルが高いので、まずは無料から利用してみると良いでしょう。

自分も予想師になることができ、実績を上げることで有料配信にすることも可能です。

ブック君

Google翻訳などを使用しながら利用すると良いでしょう。

日本プロ野球・高校野球データ分析サイト8選

日本プロ野球・高校野球データ分析サイトを8つ詳しく紹介していきます。

①NPB 日本野球機構

言語日本語
用途日本プロ野球データ分析サイト
取扱いスポーツ日本プロ野球
メリット
  1. NPBが出しているデータであり最も信頼できる
  2. 個人成績・球団の両方で細かいデータを確認できる
  3. 球場情報・平均試合時間・入場者数・歴代最高記録など公式サイトならではの情報が得られる
  4. ニュースなどの最新情報も合わせて発信している
デメリット
  1. 特になし

日本プロ野球公式サイトならではの情報が魅力!

NPB(日本プロ野球)公式が運営しているサイトであり、試合情報だけでなく、選手・球団の成績や歴代記録など、細かい情報が詳しく記載されています。

球場も合わせて確認できるため、球団と球場の相性を理解することで、分析や予想が楽しくなること間違いなしです。

②オッズペディア(Oddspedia)

言語日本語
用途スポーツ全般のデータ分析サイト
スポーツベッティングツール
ブックメーカー各社のオッズ把握
取扱いスポーツプロ野球・MLB・サッカー・カーリング・クリケット
スカッシュ・スヌーカー・ダーツ・チェス
バドミントン・バンディ・バレー
ホッケー・フットサル・フロアボール
ペサパッロ・ボクシング・ラグビー
ローンボウルズ・水球・総合格闘技・卓球など
メリット
  1. ブックメーカーの各社オッズを一瞬で把握できる
  2. 取扱いスポーツが多い
  3. 5つのベッティングツールが優秀
  4. ブックメーカーのアービトラージが可能
  5. 直近成績・直接対決・順位表などのデータが確認でき、便利である
  6. スポーツに関するニュース記事を確認できる
デメリット
  1. 特になし

ブックメーカー向け プロ野球・MLBだけでなく様々なスポーツを分析できるサイト

オッズペディア(Oddspedia)はスポーツの結果、直近成績、対戦成績、各ブックメーカーのオッズ比較などを提供する分析サイトです。

日本プロ野球やMLBなどのデータ自体は多くはないものの、最低限の情報とベッティングツールを同時に使用することができる点が魅力と言えます。

アオイちゃん

ブックメーカーを利用している方は利用するべきサイトの1つと言えるでしょう。

③フラッシュスコア(FlashScore)

言語日本語
用途スポーツ全般のデータ分析サイト
取扱いスポーツサッカー・野球・ゴルフ・テニス・バレーボール
バドミントン・Eスポーツ・アメリカンフットボール
ウィンタースポーツ・オージールール・カバディ
クリケット・サイクリング・スヌーカー・ダーツ
ネットボール・ハンドボール・バスケットボール
バンディ・ビーチサッカー・ビーチバレー
フィールドホッケー・フットサル・フロアボール
ペサパッロ・ホッケー・ボクシング
モータースポーツ・ラグビーユニオン
ラグビーリーグ・競馬・水球・総合格闘技・卓球
メリット
  1. 日本語完全対応である
  2. サイトが使いやすい
  3. 必要最低限の情報を分かりやすく確認できる
  4. 取り扱いスポーツが豊富
デメリット
  1. 1つ1つのデータが少し薄い
    (最低限の情報のみ)

プロ野球・高校野球・MLBを含める数多くのスポーツを分析した優秀なサイト

フラッシュスコア(FlashScore)は数多くのスポーツを網羅した分析サイトです。

プロ野球・高校野球・MLBの3つを1つのサイトで確認できるのは非常に魅力的です。

データの内容は薄く幅広いですが、予想・分析する上で、最低限の情報で良いという方にはおすすめできるサイトです。

ブック君

これ1つあればブックメーカーの分析は間違いありません。

④Baseball LAB

言語日本語
用途日本プロ野球予想サイト
日本プロ野球データ分析サイト
取扱いスポーツ日本プロ野球
メリット
  1. 球団ごとにおけるデータのサイトの見やすさはトップクラス
  2. 選手個人に対して詳しいデータを確認できる
  3. 予想的中率50%超えの情報を記載
デメリット
  1. サイトスピードが遅い
  2. スマホのレスポンシブ対応ができていない
  3. 2022年時点では予想の公開を行っていない

球団ごとのデータの見やすさがトップクラスのプロ野球分析サイト

球団ごとのデータの見やすさと情報量、そこからの各選手の情報の充実さがトップクラスの日本プロ野球分析サイトです。

また、日本プロ野球の勝敗予想を確認できますが、2022年時点では活動しておらず、サイトスピードがやや遅いのが懸念点となります。

⑤プロ野球データFreak

言語日本語
用途日本プロ野球データ分析サイト
取扱いスポーツ日本プロ野球
メリット
  1. 一軍と二軍の情報が記載されている
  2. ルーキー・新人王有資格者の情報が記載されている
  3. 選手のデータが記載(年俸・身長・体重・年齢・プロ年数など)
  4. 選手・球団における基本情報・データは網羅されている
デメリット
  1. 少し広告が目立つ
  2. スマホのレスポンシブ対応ができていない

一軍と二軍の情報など、他のサイトにはないデータが魅力的

プロ野球データFreakはチーム・選手の成績やセイバーメトリクスに使われる指標、他のサイトでは見られないようなユニークなデータをまとめているサイトです。

二軍情報や年俸・身長などの選手のデータなどこのサイトにしかないデータが魅力的です。

⑥日本プロ野球記録

言語日本語
用途日本プロ野球データ分析サイト
取扱いスポーツ日本プロ野球
メリット
  1. 公式戦全スコア・各種歴代記録・選手別全成績・球団別成績を主にまとめている
  2. 初心者でも分かりやすく用語を解説している
デメリット
  1. 広告が少し目立つ
  2. スマホのレスポンシブ対応ができていない

初心者向けの日本プロ野球データ分析サイト

日本プロ野球記録は、初心者の方でも分かりやすく、用語の解説や、必要な情報である成績・記録・スコアを中心にまとめているサイトです。

⑦データで楽しむプロ野球

言語日本語
用途日本プロ野球データ分析サイト
取扱いスポーツ日本プロ野球
メリット
  1. 選手個人におけるデータが細い
  2. 投手データで最高球速・最低球速など他のサイトにはない情報がまとめられている
デメリット
  1. 特になし

投手の情報がとにかく優秀!

データで楽しむプロ野球は、他のサイトにはほとんど記載されていない投手データが魅力の分析サイトです。

選手個人におけるデータのまとめ方も充実しており、サイトも見やすくおすすめできるサイトです。

⑧高校野球ドットコム

言語日本語
用途高校野球データ分析サイト
取扱いスポーツ高校野球
メリット
  1. 高校野球の情報やデータが豊富
  2. インタビューやコラム記事なども日々発信している
デメリット
  1. 広告が少し目立つ

高校野球をまとめている貴重なデータ分析サイト

高校野球ドットコムは、日本高校野球のデータや情報をまとめているサイトです。

データだけでなく、今後期待される選手やトーナメントの結果など興味深いコラム記事を多いのが特徴です。

その他 予想サイト・分析サイトについて

ここまで野球の予想サイト・分析サイトを中心に紹介してきましたが、他のスポーツ向けの予想サイト・データ分析サイトは数多く存在します。

ブックメーカー・サッカー向けの予想データ分析サイトを別記事で解説していますので、興味のある方はチェックしてみてください。

プロ野球・MLB賭博を行うならブックメーカー一択

プロ野球を賭博(ギャンブル)として楽しむにはブックメーカーの利用がもっともおすすめしています。

ブックメーカー(Bookmaker)とは賭け事を主催している会社の総称であり、世の中にある事象やスポーツ全般が賭けの対象となっています。

特にスポーツベット提供数がとても多いです。

日本の公営ギャンブルと異なり、ブックメーカー1サイトで様々なスポーツに賭けることができます。

ブックメーカーは海外の民間企業が運営しており、海外の賭博サイトにオンラインで賭けることは違法ではないため、日本人プレイヤーを日々増えているのが現状です。

ブックメーカーを提供している企業が数多くあり、遊べるブックメーカーサイトは1,000種類以上あると言われています。

アオイちゃん

詳しくは下記の記事にて解説していますので、参考にしてください。

ブックメーカーで高校野球(甲子園)に賭けることは可能!だが…

ブックメーカーで高校野球(甲子園)に対して賭けることについては海外でも賛否両論となっているのが実状です。

基本的なギャンブルライセンスの考え方として18歳未満(未成年)の選手を対象とするベットは禁止しているのが理由だからです。

実際に日本高校野球(甲子園)のオッズを公開しているブックメーカーは政府公認のライセンスから未成年オッズを提供することを理解して提供しているため、違法性はないといえます。

賛否両論となっている理由として、学生スポーツがギャンブルの対象になるのは、八百長などのリスクが高まるのが原因です。

未成年の選手を対象としたギャンブルは道徳的に誉められたものではないため、基本的にはプロ野球に賭けるのが良いと思われます。

そのことから、世界的にメジャーなブックメーカーは未成年スポーツ対象のオッズを提供していないため、その点は覚えておくようにしましょう。

高校野球(甲子園)のオッズを提供しているブックメーカー
  • BeeBet(ビーベット)
  • Konibet(コニベット)
ブック君

下記の記事にて解説しております!

まとめ

いかがでしたか?

プロ野球・高校野球・MLB予想データ分析サイトおすすめ12選を詳しく解説してきました。

用途に合わせて、各予想サイト・データ分析サイトを使用してみてください。

ブックメーカーを利用して賭ける際は、日本プロ野球やMLBに賭けることはできるものの、高校野球に対しては賭けることができないため、注意しましょう。

アオイちゃん

野球の予想を楽しんでいきましょう!

この記事を書いた人ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約5年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語を使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2022年最新版】ブックメーカーおすすめ

『ブックメーカー研究所』では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

おすすめブックメーカーは、特に厳選しており、満足できるサイトをピックアップしています。今日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。