→【随時更新中】ブックメーカーW杯 オッズ比較・実質負けなしの登録ボーナス・その他無料イベント・お得なプロモーションをまとめています

BeeBet(ビーベット)は違法?怪しい?日本の法律を基に運営会社の信頼性や合法性を解説!

BeeBet(ビーベット)に興味があるけど怪しいという噂が気になる。

この記事をご覧になられている方は、そんな悩みをお持ちの方ではないでしょうか。

BeeBet(ビーベット)は合法ライセンスを取得した信頼性が高いブックメーカー・オンラインカジノサイトです。

しかし、とある理由から怪しいイメージが定着してしまっています。

ブック君

今回はそんな怪しい噂が付いて回るBeeBet(ビーベット)について法律も交えて解説していきます

アオイちゃん

この記事を読むことで安心してBeeBet(ビーベット)をプレイできるようになりますよ!

BeeBet(ビーベット)とは?

BeeBet(ビーベット)とはスポーツベットやカジノゲームをプレイできるブックメーカー・オンラインカジノサイトの一つです。

2020年に解説されたばかりの新設サイトでありながら、他サイトに引けを取らないブックメーカー対象の充実さ、オンラインカジノゲームの充実さを誇ります。

サイト各所にゲームルールなどの案内があり初心者でも使いやすい点も評価ポイントです。

ブック君

これからの成長に期待できるサイトといえます

BeeBet(ビーベット)が違法・怪しいと言われている理由

ブックメーカー・オンラインカジノサイトにおいて期待の新星ともいえるBeeBet(ビーベット)ですが、なぜか違法・怪しいというキーワードを目にします。

ブック君

どうして不穏な噂がたっているのか?3つの理由を解説していきます。

①ブックメーカー・オンラインカジノの利用が日本ではグレーゾーンである

BeeBet(ビーベット)が違法ではないか?といわれる理由として、そもそもブックメーカー・オンラインカジノ自体が法律的にグレーゾーンな存在だからです。

日本のギャンブルは賭博法という法律によって規制されています。

この法律により、日本国内では行政管轄外の賭博は開催が禁止されており、参加者側も取り締まりの対象となります。

しかし、海外に拠点を置くブックメーカー・オンラインカジノサイトは日本の賭博法の規制対象外です。

日本国民がギャンブルを合法とする国に拠点を置くサイトにオンラインで訪れて参加することの合法性に関しては明記されていません。

明確に白でも黒でもないためグレーゾーンという扱いとなります。

間違いなく合法!と言い切れないことがBeeBet(ビーベット)も違法では?と噂される理由の一つと考えられます。

アオイちゃん

ただしこれは、BeeBet(ビーベット)だけでなく、他のブックメーカーやオンラインカジノも当てはまる内容と言えるでしょう。

②BeeBet(ビーベット)のLPが怪しさを感じさせる

BeeBet(ビーベット)には宣伝用のランディングページ(LP)が存在します。

ランディングページ(LP)とは

商品やサービスなどに対する宣伝用ホームページのようなもの。

BeeBet(ビーベット)のランディングページは、黒、赤、金色を基調としたデザインです。

これらの配色は男らしさ、力強さ、派手な印象を見る人に与えると同時に不安感も与えるケースがあります。

色が与えるマイナスの心理効果
  • 赤:危険
  • 黒:不安
  • 黄色:警告

個人差はありますが、マイナスの側面も強いデザインといえます。

ブック君

このランディングページに怪しさを感じてしまう人もいるようです

③日本全体で知名度は高くない

BeeBet(ビーベット)は2020年に新設されたばかりのブックメーカー・オンラインカジノサイトです。

運営がスタートしたばかりで、他サイトよりも知名度が低い傾向にあります。

また、日本人にとってブックメーカー・オンラインカジノは馴染みのないサービスであり、カジノというキーワードだけでも不安に感じる方も少なくありません。

そうした理由からもBeeBet(ビーベット)に対して不安を感じる方は一定数いるようです。

アオイちゃん

どのサイトもスタートしたての頃は大丈夫かな?となりますよね

本当にBeeBet(ビーベット)は違法なの?

ここまでBeeBet(ビーベット)が違法・怪しいと噂される理由について解説してきました。

本当にBeeBet(ビーベット)は違法なサイトなのか?

そう不安に感じられた方もいらっしゃるかもしれません。

結論としては明らかな違法行為でもなければ絶対合法とも言い切れないグレーゾーン(中間)となります。

上記で触れた通り、日本国内の賭博法では海外に拠点を置くブックメーカー・オンラインカジノの利用に関して明確な規定がありません。

ただし、参考となる事例に「スマートライブカジノ摘発事件(2016)」というオンラインカジノ利用者が逮捕された事件が挙げられます。

この事件では摘発者内1人が異議を唱え、裁判にて不起訴(無罪)を勝ち取りました。

これにより国内におけるブックメーカー・オンラインカジノの利用者は賭博法違反ではないという前例が生まれました。

ブック君

ブックメーカーの違法性に関して気になる方は下記の記事をご覧ください。

BeeBet(ビーベット)の安全性・信頼できる理由4選

上記にてブックメーカー・オンラインカジノは明確な違法ではないと解説しましたが、中には違法に運営しているサイトも存在します。

過去には日本に拠点を置いているにもかかわらず海外サイトだと偽っていたオンラインカジノ(ドリームカジノ事件)も発生しました。

このような事件に巻き込まれないためにもブックメーカー・オンラインカジノサイトの安全・信頼性は重要であり、海外で運営されていることが大前提です。

その点、BeeBet(ビーベット)は信頼性が高いサイトだといえます。

ブック君

BeeBet(ビーベット)の安全・安心な3つのポイントを解説します

①信頼できるライセンスを取得

ブックメーカー・オンラインカジノの運営には合法ライセンスを取得する必要があります。

ライセンスを取得していないブックメーカー・オンラインカジノは違法サイトとなります。

このライセンスは信頼性・権威性が高いものほど取得が困難とされています。

BeeBet(ビーベット)は数あるライセンスの中でもメジャーで信頼性も高いと言われているキュラソー島ライセンスを取得しています。

第三者機関による審査も行われているため公平なスポーツベッティング・カジノゲームを楽しめます。

②公式SNSの充実

BeeBet(ビーベット)はTwitter・InstagramといったSNSに公式アカウントとして情報発信を行っています。

他サイトと比べても更新頻度が高く、開設から日が浅いサイトながらTwitterに7,900人以上、Instagramに3,500人を超えるフォロワーから支持されています。(2022年11月時点)

アオイちゃん

更新頻度が高く、フォロワーも多い点は安心できる材料の1つですね!

③24時間365日 日本語サポート

BeeBet(ビーベット)では24時間365日、分からないことに対してライブサポートしてくれます。

TwitterでもBeeBet(ビーベット)サポートの対応はよかった!という声が見受けられます。

ブックメーカー・オンラインカジノにおいてサポート品質はサイトの品質を測る大事な指標の一つです。

ブック君

日本語対応であるため、安心して質問できます。

アオイちゃん

BeeBet(ビーベット)は新設のサイトながら、サポート品質において他サイトに負けていません!

BeeBet(ビーベット)を安全に利用するために

BeeBet(ビーベット)の信頼性について解説しましたが、より安全に楽しむために忘れてはいけない注意点も存在します。

最後にBeeBet(ビーベット)を安全に利用するために大事なことを4つ解説します。

①18歳以上の方が利用すること

まずBeeBet(ビーベット)の利用は必ず18歳以上になってからにしましょう。

各ブックメーカー・オンラインカジノサイトは拠点を置く国の法律が適用されます。

もし仮に18歳未満の方がBeeBet(ビーベット)を利用した場合はアカウント凍結などもあり得るので注意しましょう。

アオイちゃん

BeeBet(ビーベット)の場合は18歳以上である必要があります。

②表示名は必ずニックネームにし、SNSなどでプレイ状況を配信しない

BeeBet(ビーベット)をプレイする際、表示名は必ずニックネームにしましょう。

本名など個人を特定できる表示名だと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もゼロではありません。

アオイちゃん

オンラインで活動する時の基本だね!

TwitterなどのSNSでプレイ状況を配信するのも控えましょう。

過去に起きた摘発事件では、オンラインカジノのプレイ状況をSNSで配信し続けた結果、個人が特定されたと言われています。

ブック君

大勝利した喜びを誰かと分かち合いたい気持ちはわかりますが、本人と断定されるようなSNSへの投稿は止めた方が賢明です。

③公務員の方が利用する場合 第三者に言わない方が賢明

特に注意したいのは公務員の方です。

公務員がブックメーカーやオンラインカジノをプレイしお金を稼いだ場合、賭博法とは別に国家公務員法・地方公務員法で取り締まられる恐れがあります。

国家のために働く者の模範として不名誉な行動をしてはいけない、副業をしてはならないと厳しめの制限が課せられています。

公務員の方がブックメーカーやオンラインカジノを利用すると、不名誉の行動と断定される恐れがあります。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

④2段階認証はないため、ログインパスワードは強固にしておくこと

BeeBet(ビーベット)にはセキュリティが強固な2段階認証が設けられていません。

そのため不正ログインなどのリスクも考えられるため、ログインパスワードは強固にしておくことが大切です。

ブック君

簡単な英数字の羅列だと心許ないです

アオイちゃん

アカウントを乗っ取られないよう、難しめのパスワードを設定しましょう

BeeBet(ビーベット)の始め方

具体的にどのような手順でBeeBet(ビーベット)をはじめればいいのか?

アカウント登録の手順を解説していきます。

BeeBet(ビーベット)のトップ画面にて「登録」を選択する。

ユーザーIDおよび名前を入力する。

このときユーザーIDは個人を特定できるようなものは避けましょう。

誕生日と有効なメールアドレス、電話番号を入力します。

メールアドレスは最後の認証で利用するよ

パスワードはセキュリティに配慮し、なるべく複雑なものを心掛けましょう。

パスワードを確認用に入力した後、18歳以上であること利用規約に同意したことにチェックを入れ、アカウント作成を選択します。

プロモーションコード

  • スポーツ「10SPORTS」
    $10のフリーベット 賭け条件なし
  • カジノ「30CASINO」
    出金条件20倍 スロットのみで利用可能
ブック君

はこちらに入力しましょう!

設定したメールアドレスに届いたリンクで認証すれば登録完了です。

BeeBet(ビーベット)の他にもオススメなブックメーカーがあるので、興味のある方はそちらもチェックしてみてください。

まとめ

今回の内容をまとめると以下になります。

  1. BeeBet(ビーベット)はランディングページや知名度が高くないことから怪しいイメージが浸透している
  2. ブックメーカー・オンラインカジノ自体が賭博法のグレーゾーンであることも一因
  3. BeeBet(ビーベット)自体は合法ライセンスを取得した信頼性が高いサイト

たしかにBeeBet(ビーベット)はサービス開始してから日が浅いブックメーカー・オンラインカジノですが、利用自体が違法なコンテンツではありません。

信頼性が高い合法ライセンスを取得し、ユーザーサポートにも配慮している優良なブックメーカー・オンラインカジノです。

SNSでは少しずつフォロワーも増えてきており、注目度も高まりつつあります

ブック君

この機会にBeeBet(ビーベット)を試してみてはいかがでしょうか

この記事を書いた人
ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約5年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語をできるだけ使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2022年最新版】ブックメーカーおすすめ

「ブックメーカー研究所」では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

おすすめブックメーカーは、特に厳選しており、満足できるサイトをピックアップしています。今日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。