→ブックメーカー入金不要ボーナス・登録ボーナスの解説

NBAを動画視聴する方法は?有料・無料で配信している日本・海外サイトを徹底解説!

「NBAを見るにはどうすれば良いの?」
「無料でNBAを楽しめる方法はある?」

このような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?

NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)とは男子プロバスケットボールリーグのひとつで、アメリカとカナダを本拠地とする30チームが所属しています。

バスケットボールリーグの中では世界最高の人気を誇り、また実力も世界トップクラスです。

ブック君

スポーツ界全体でも、最も人気が高く経済規模が大きいリーグのひとつです!

毎年10月にレギュラーシーズンが開幕し、ポストシーズン(プレーオフ)、ファイナルと進みます。

決勝戦であるNBAファイナルは、世界各国で中継されており、3億人以上が観戦していると言われています。

ブック君

八村塁選手を筆頭に、日本人選手も活躍しています。

今回の記事では、そんなNBAを日本で観戦する方法について解説していきます。

NBAファンの方はもちろん、興味があるけどまだ観たことはないという方もぜひ参考にしてみてください。

アオイちゃん

有料の国内サイトから無料で視聴する方法まで、もれなく解説しています!

日本国内サイトでNBAを視聴するには「NBA Rakuten」のみ

出典:NBA Rakuten

現在、日本の国内サイトを使った方法のうち、NBAを視聴できる唯一の方法は「NBA Rakuten」です。

NBA Rakutenとは楽天が運営するNBAの日本国内向け動画配信サービスです。

通販サイトや通信事業でおなじみの楽天株式会社は、2017年の10月、NBA所属チーム「ゴールデンステート・ウォリアーズ(Golden State Warriors)」とスポンサーシップ契約を結びました。

このチームはNBAの第2位であり、資産価値・人気・実力のすべてが世界トップクラスに高いチームです。

このスポンサー契約時に、日本でのNBAの独占放映権を楽天が取得したため、現在日本国内でNBAを配信しているのは「NBA Rakuten」のみです。

過去には、WOWOWやテレビ放送(民法・NHK)などでも視聴できましたが、NBA Rakutenが独占することとなりました。

ブック君

日本企業がNBAのスポンサーになったのは、国内初のことでした!

NBA Rakuten

出典:NBA Rakuten
料金月額990円から(プランによる)
放送ゲームNBA(シーズンからファイナルまで)
ドラフト・サマーリーグ・オールスターゲーム
過去シーズン
言語日本語/英語
NBA Rakutenの特徴
  1. NBAの視聴のみに特化している
  2. リアルタイム配信・見逃し配信ともに対応
  3. シーズン以外の試合も視聴できる
  4. 解説を聞きながら試合を視聴できる
  5. スマホアプリでダウンロードすれば、オフラインで再生できる
  6. 日本語音声に対応した試合もある
  7. 順位やスタッツを確認できる
  8. ニュース記事や試合のハイライトなども配信される

NBA RakutenはNBAの視聴に特化したサイト・アプリです。

ニュース記事や、選手の成績などのデータは、料金プランを契約していない人でも公式サイトから無料で閲覧できます。

NBAの注目ニュースや試合中によく聞く英語フレーズの解説記事など、NBAを楽しむためのコンテンツが豊富に用意されています。

NBA Rakutenの視聴プランについて、それぞれの特徴・料金は以下のとおりです。

プラン名視聴できる試合料金
LEAGUE PASS
(リーグパス)
シーズンプラン
2022-23シーズン終了まで全試合見放題一回21,780円
(税込)
LEAGUE PASS
(リーグパス)
月額プラン
1か月全試合見放題月額2,970円
(税込)
BASIC PASS
(ベーシックパス)
NBA Rakutenが選択した試合(週7試合)月額990円
(税込)
SINGLE GAME TICKETS
(シングルゲームチケット)
※現在は販売停止中
好きな試合1試合一回550円
(税込)
価格は2022年9月時点

プラン料金は、時期によって改訂される可能性があるので、詳細は公式サイトでご確認ください。

ベーシックプランの週7試合なら、日中は仕事で忙しいという方でもちょうど良い量です。
見逃し配信にも対応しているので週末にまとめて楽しむこともできます。

アオイちゃん

試合動画をダウンロードしておけば、通勤・通学電車の中でも視聴することができます!

NBAを視聴できる海外サイト

NBA Rakutenは国内でNBAの放映権を独占していますが、日本にいながら視聴する方法はほかにもあります。

ここからは、NBAを有料もしくは無料で視聴できる海外サイトを紹介していきます。

NBAを視聴できる海外サイト
  1. YouTubeTV
  2. NBAを視聴できるブックメーカーサイト
ブック君

無料の方法もあるので、ぜひ参考にしてみてください!

①YouTubeTV

YouTubeTVとは、YouTubeが提供する有料のテレビ配信プラットフォームで、アメリカ国内向けのサービスとして2017年に開始しました。

YouTubeを視聴できるスマートフォンやタブレットなどで、テレビ番組の視聴ができるサービスです。

YouTubeTVを使うと、スマートフォンからNBAを視聴することができます。

料金月額64.99ドル
放送ゲームNBA
カレッジバスケ
言語英語
YouTubeTVの特徴
  1. NBAの試合
  2. アメリカのほとんどのテレビ番組に対応している
  3. 容量無制限で録画できる
  4. 1つのアカウントで6人まで利用できる
  5. 日本から視聴するにはVPNサーバーの登録が必要

YouTubeTVはアメリカでのみサービスを行っているので、日本から視聴するにはVPNサービスの登録が必要です。

VPN(Virtual Private Network)とは、仮想プライベートネットワークとも呼ばれる技術です。
インターネット上に特定の人だけが利用できる仮想のネットワークを設置し、安全な経路を使ってデータをやり取りできるサービスです。

アオイちゃん

リモートワーク用に利用している企業もあるので、聞き覚えがあるかもしれません。

VPNでは様々な国のサーバーを自由に選択できるので、アメリカのサーバーに接続することで、日本にいてもYouTubeTVが視聴できます。

VPNサービスは数多くあり、サービスによって操作性や料金が異なります。
代表的なものでは、「NordVPN」や「CyberGhost」などがあります。

「NordVPN」は動作が速いなど機能面で優れており、30日間のお試し期間中はキャンセルしても全額返金されるので、安心して試すことができます。

YouTubeTVは、NBAやカレッジバスケ以外にも様々な番組をスマホから視聴できる便利なサービスです。

一方で利用料金が高めであり、追加でVPNサービスの登録料金が必要なため、コストが高くなるというデメリットもあります。

NBAを視聴できるブックメーカーサイト

NBAの視聴方法として、ブックメーカーサイトを使用するという方法もあります。

ブック君

ブックメーカーとは、スポーツベッティンなどの賭けごとを提供する会社の総称です。

ブックメーカーサイトの多くは、試合のライブ中継を見ながらスポーツベッティングができるライブストリーミング機能があります。
このライブストリーミング機能を利用すれば、日本からでもNBAの試合を視聴することができます。

多くのブックメーカーは海外サイトですが、YouTubeTVと違って地域制限がないので、日本国内からでも利用できます

競馬や競輪など日本のギャンブルは公営ですが、海外ではブックメーカーのように政府の認可を受けて民間会社が運営しているのが一般的です。

賭けられるスポーツもブックメーカーサイトによって様々ですが、世界的に人気なスポーツであるバスケットボールは多くのサイトで対応しています。

アオイちゃん

NBAのライブストリーミングを提供しているブックメーカーサイトは主にこちらの2サイトです。

NBAを視聴できるブックメーカーサイト
  • 20bet(20ベット)
  • bet365(ベット365)
ブック君

それぞれ詳しく解説します!

① bet365(ベット365)

料金最低入金額700円で視聴可能
言語日本語/英語/その他多数

2022年のNBAが視聴できるか、当日に調査いたします。

bet365は、世界最大手のブックメーカーサイトで、ユーザー数の多さや機能性・信頼性がトップクラスのサイトです。

bet365では入金残高が1円以上あれば、ライブストリーミングを視聴することができます。

特にライブストリーミングが高画質なのが魅力のひとつで、迫力あるNBAの試合を存分に楽しむことができます。

700円から入金可能と、一回の最低入金額が低い点でもbet365は魅力的なサイトです。
何も賭けなければ入金額はそのままなので、資金が勝手に減る心配はありません。

アオイちゃん

もちろん、この入金額を使ってNBAの試合へのスポーツベッティングを楽しむこともできます。

② 20bet(20ベット)

料金完全無料で視聴可能
言語日本語/英語

2022年のNBAが視聴できるか、当日に調査いたします。

20BET(20ベット)は2021年にサービスを開始した比較的新しいブックメーカーサイトです。

新しいサイトですが、操作性が良く、ブックメーカーに不慣れな方でも分かりやすいのが魅力的です。

特徴的なのは、ライブストリーミングの提供数が多い点と、入金額などの視聴条件がないという点です。

ブック君

完全無料でNBAの試合を視聴できるおすすめの方法です!

まとめ|NBAを視聴できる海外サイトはブックメーカーがおすすめ

いかがでしたか?

NBAを日本国内で視聴する方法について解説してきました。

日本国内でNBAを放映しているのはNBA Rakutenのみですが、海外サイトやブックメーカーを使って視聴する方法もあります。

観戦できる試合数が多く、費用も低く抑えられるので、ブックメーカーサイトを使うのがおすすめです。

アオイちゃん

海外サイトですが日本語サポートもあるので安心して利用できます

ブックメーカーを利用してNBA(バスケットボール)に賭けてみよう

ブックメーカーを利用してNBAの試合を観戦する利点のひとつに、一緒にスポーツベッティングも楽しめるという点があります。

賭けられるオッズは様々で、単純にどちらのチームが勝つかを予想するもの以外にも、点数や試合展開を予想して賭けるものもあります。

応援したいチームの勝利に賭ければ、より応援に熱がこもり試合が白熱したものになります!

NBAをもっと楽しみながら、お小遣い稼ぎもできて、一石二鳥です。

bet365なら10円〜100円から賭けられるので、気軽に始められます。
登録方法や賭ける手順も、とても簡単なのでぜひ試してみてください。

アオイちゃん

NBAへの賭け方はこちらの記事で詳しく解説しています!

この記事を書いた人ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約5年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語を使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2022年最新版】ブックメーカーおすすめ

『ブックメーカー研究所』では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

おすすめブックメーカーは、特に厳選しており、満足できるサイトをピックアップしています。今日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。