→スポーツベットアイオー エコペイズ決済中止について

【bet365入金方法】三井住友SMBCデビットの登録と入金手順について解説!

ブックメーカーの中でも人気が高いと言われているbet365の三井住友銀行による入金方法について解説していきます。
ただ、bet365で銀行に入金できるのか不安という方の為

今回の記事では、

「bet365へ入金することが出来ずに困っている…」
「三井住友SMBCデビットカードの登録方法や手順について知りたい。」
「実際のbet365への入金手順を教えて欲しい!」

このように思っている方向けに書いていきます

それでは、以下のURLから公式サイトへ移動できますので、一緒に開設を進めていきましょう。

ブック君
bet365の登録解説記事はこちらです。チェックしてみて下さい。

三井住友SMBCデビットカードとは?

アオイちゃん

知らない人はあまりいないと思うけど、おさらいの意味を込めて三井住友SMBCデビットカードについて解説していくね!

そもそもデビットカードとは?

デビットカードとは、ご利用代金を使ったその場で口座からお引き落とし、現金感覚で使えるカードです。

主な特徴

  1. 現金感覚で使用できる
  2. ATMに並ばない

カードご利用と同時にお支払い口座からご利用金額が引き落としされるので、使い過ぎなどの心配がありません。その為、即時払いになります。

お買物がカードで済むので、ATMで現金を引き出す手間が省けます。
また現金引き出し時にかかるATM手数料が節約できます。

三井住友SMBCデビットカードについて

三井住友SMBCデビットカードは「ベーシック」「ミドすけ」「なでしこ」「龍」の4つの種類からカードのデザインを選べます。

アオイちゃん

私なら『ミドすけ』がいいな〜!!

三井住友SMBCの主な特徴

  1. 年会費は永年無料
  2. 日本に住んでいる15歳以上の人が個人で使う場合において利用可能(高校生以上)
  3. 非接触決済機能は「iD」と「Visa payWave」が付属(即時払い)
  4. ショッピング保険や不正利用に対する補償有り
  5. カードを利用することでポイントやキャッシュの還元有り
  6. スマホアプリと連動させることで家計簿管理が楽になる
  7. 主流ブランドであるVisaに対応しており、海外で使いやすい

① カードを利用することでポイントやキャッシュの還元有りについて

銀行口座自動キャッシュバック「還元率0.25%」銀行口座に還元されます。

ポイントは面倒と感じる方はおすすめできます。

SMBCデビットのポイント「還元率0.5%」商品券や家電製品など、好きな景品に交換することができる。

② スマホアプリと連動させることで家計簿管理が楽になる

専用のスマホアプリ「SMBCネットワークアプリ」を使うと、銀行口座のお金をいつでも確認できたり、利用額の明細を管理することができます。

③ 主流ブランドであるVisaに対応しており、海外で使いやすい

VISAやPLUSマークのあるATMでキャッシングによる出金ができます。

海外事務手数料やATMの利用手数料は発生しますが、デビットカードから現地通貨を引き出せるのは魅力的です。

海外でSMBCデビットを利用した場合、海外事務手数料の3.0%が加算された金額が引き落とされます。国内に比べて海外では支払手数料が発生するので注意しましょう。

申請条件について

カード発行時にはクレジットカードのように「年収」や「職業」などから厳しい審査が一切ありません。銀行口座の開設にあたり以下のいずれかの書類1点が必要です。

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 個人番号カード
  4. 在留カード
  5. 特別永住者証明書
  6. 健康保険証
  7. 住民基本台帳カード
  8. 年金手帳
ブック君

この書類のうち、どれかだけなら、ほとんどの人が作れそうです

利用可能額について

SMBCデビットは初期条件で1日50万円と1ヵ月50万円のショッピングにおける利用限度額が設定されています。

ショッピングの利用限度額は最大100万円まで1万円単位で変更可能です。

海外で現地通貨を引き出せる最大の上限額は1日10万円であり、1カ月あたり100万円となります。

三井住友SMBCデビットカードの登録手順

ではbet365の入金の為にSMBCデビットカードを作成していきましょう!

三井住友デビットカードを申し込むには、三井住友銀行の口座が必要です。口座を持っていない方は【口座をお持ちでない方】を選択しましょう。

基本的にはアプリ版から申し込んで下さい。ブラウザで申し込むより、アプリ版の方が自宅にカードが届く日数が短くなります。

インストールしていきましょう。

必要な本人確認書類をアップロードしていきましょう。

今回は『運転免許証』を選択します。

上記の点に注意して提出していきましょう!

『口座開設のセット内容』は必ず加入することになるので確認しましょう。

クレジットカードを作成する方は作成しましょう。

SMBCデビットのみ使用される方は特に申込む必要はないと思います。その分カードの審査も優しくなります。

個人情報を入力していきましょう。

好きなデザインを選びましょう。

携帯電話番号にショートメッセージを送りましょう。

ショートメッセージに届いた番号を入力しましょう。

これで申込み完了です。

申込み完了後、上記のようなメールが届きます。
確認の意味で受付状況を確認してみましょう。

申し込み完了時のメールに記載されている『お問い合わせ番号』を入力していきましょう。

申込み直後は『未申請』という表記になります。

口座開設が完了すると『開設済』になります。

アオイちゃん

デビットカードが届きましたら、以下のアプリをインストールしましょう!

さっそくインストールしていきましょう!

開設した口座の店番と口座番号を入力していき、ログインしましょう。

続いてパスワードカードを発行する為、【確認して次へ】を押しましょう。

【続ける】を選択しましょう。

【パスワードカードを有効化】を押して先に進みます。

確認事項に同意すると、次の画面から電話で自動音声による手続きが始まります。
電話番号を入力して【電話番号を確認する】を選択しましょう。

ステップ2で『確認番号』が表示されるのでメモしておきます。【電話を受ける】を押すと、次の画面に進み、自動音声の電話がかかってくるので、音声に従って手続きを進め、『確認番号』を入力します。ちなみに電話がかかってくるまで2~3分かかります。

『パスワードカードの有効化が完了しました』と表示されたら、デビットカードの有効化は完了です!

三井住友SMBCデビットカードに入金しよう

デビットカードの有効化まで完了したので、すでに持っている銀行から新たに作ったSMBCデビットカードへ送金します。

始めに、アプリのトップページから【デビットカード】を押します。

続いて【カード情報】を押します。

カード情報が出てきます。こちらの『カード情報』を使用して、実際にbet365にネット送金できるようになります。

まずはSMBCデビットカードに入金しよう

ここまでSMBCを開設して進めてこられた方のほとんどは、三井住友SMBCに入金されていない状態と思います。その際に、三井住友SMBCに自分の銀行から入金(振込)する際には、カードの口座番号の『09XXXXXX』のうち、
頭文字0を無くした『9XXXXXX』の7桁の口座番号に振り込む事でSMBCデビットカードに入金することができます。

ブック君

三井住友SMBCに入金されていなければ、bet365に入金する元本がないので、気をつけてくださいね!

bet365に三井住友SMBCから入金する

ブック君
実際にbet365にて入金作業を行っていきましょう!

まずはbet365の公式サイトにアクセスしてください。

次に右上の【人アイコン】を選択してください。

次に【入金する】を選択します。

【デビットカード】を選択し、ベット通貨は『日本円』を選択しましょう。

『カード番号』『カード名義(ローマ字で記入)』『有効期限』『セキュリティコード』を入力します。

次に『入金額』を入力します。

入金限度額では『入金限度額なし』を選択します。

最後に【確認と入金】を選択します。

これでSMBCデビットカードを使った入金が完了となります。

ブック君
出金の場合は三菱UFJ銀行となりますので、注意してください。
アオイちゃん
確認したら、そのページは閉じて大丈夫です。

bet365からの出金方法

bet365からの出金は、銀行口座に直接行うことができます。出金先の銀行口座は、『三菱UFJ銀行』指定します。

アオイちゃん

bet365は三菱UFJ銀行に出金することが可能です。詳しくは下記の記事を見てくださいね!

【bet365入金方法】三井住友SMBCデビットカード まとめ

いかがでしたか?

今回は、SMBCの口座開設&カード申し込みから、入金するところまで画像で解説してきました。

SMBCデビットカードの使用方法、入金方法までの手順を理解することができましたか?

申込みをして、約1週間くらいで、bet365に入金できるのはとても魅力的です。

アオイちゃん

bet365を主に使用される方は、おすすめの入金方法ですので、ぜひ試してみてくださいね!

ブック君
今回の記事が、bet365を始めていく手助けになれれば、とても嬉しく思います。