→ブックメーカー入金不要ボーナス・入金ボーナスはこちら

【決定版】ブックメーカーの税金を解説!正しい確定申告を行う為の経費・計算・対策を紹介

ブックメーカーに慣れてくると、収益を出すことができるようになりますが、税金って大丈夫なのだろうか?

と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回の記事では

「ブックメーカーの税金はどれくらいかかるのか不安…」
「ブックメーカーの所得による税金の扱いについて知りたい。」
「ブックメーカーにおける確定申告の手順など具体的に知りたい」

このように思っている人向けに書いていきます。

この記事を読んで理解することで、ブックメーカーの税金を知り、経費計算・対策と確定申告を行うことができるようになります。

ブック君

わかりやすく、解説していきますね!

ブックメーカーのみならず、ほとんどのギャンブルは税金が発生する

ブックメーカーから得た利益には税金が発生します。

ちなみにブックメーカーだけでなく、日本で遊べるほとんどのギャンブルは税金が発生します。

ギャンブルで税金が発生するもの

ブックメーカー・オンラインカジノ・オンライン賭け麻雀・パチンコ
競輪・競艇(ボートレース)・オートレース・競馬

ギャンブルで税金が発生しないもの

スポーツ振興くじ(TOTO)・宝くじ

※特例で非課税扱いとなっているため

そのため、その年の1月1日から12月31日までの1年間で得た利益に対して、翌年の2月16日から3月15日までに確定申告を提出することになります。

申告を怠った場合は、無申告加算税や延滞税などの対象になる可能性もありますので、忘れないように提出することが大切です。

たとえ海外のブックメーカーによる取引であっても、金融庁や税務署は、国内銀行の入出金を調査する権限を持っており、ブックメーカーへの入出金方法は、銀行振込・仮想通貨取引所・クレジットカードなどとなるため、脱税をしてもバレる可能性が高いです。

ブック君

納税は国民の義務であるため、気持ちよくブックメーカーをプレイするためにも確定申告は正しく行うことが賢明です。

ブックメーカーの所得による税金の扱いについて

日本の所得税には様々な種類がありますが、ブックメーカーの所得は主に下記の3つに分類されます。

ブックメーカーの税金の扱いについて
  1. 一時所得
  2. 雑所得
  3. 事業所得

この中では、ブックメーカーの所得は「一時所得」に該当することがほとんどです。

アオイちゃん

その答えになった理由を解説していきます。

ブックメーカーの所得における一時所得

所得税における一時所得とは、名前の通り一時的な収入という意味であり、娯楽・ギャンブルなどで、たまたま遊んで勝った時に当てはまる所得区分です。

下記の内容は国税庁から抜粋した内容です。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

出典:No.1490一時所得 国税庁

ブックメーカーの用途は「娯楽・ギャンブル」に該当するため、ほとんどが一時所得となります。

一時所得の場合は最高で50万円の特別控除が認められており

「収入ー経費(収入を得るために要した費用)-50万円」

の金額に対して税金がかかります。

ブック君

つまり、年間50万円以下の利益であれば税金はかからないことがわかります。

一時所得で経費計上できるもの

収入を得るために要した費用のみ

計算方法について

ブックメーカーの所得が一時所得に該当する場合の計算方法を解説していきます。

注意点は「経費=収入を得るために要した費用」ということです。

つまり「負けたときの賭けた金額」は経費になりません。

1年間のブックメーカーの収支
勝利金
(=的中時の払戻金-賭けた金額)
120万円
課税対象
損失金
(=未的中の賭金-賭けた金額)
-150万円
課税対象外
合計-30万円

上記の場合、1年間の収支は-30万円となり、一見税金がかからないように見受けられます。

ただ、負けた時の賭けた金額は対象外である為、勝利金の120万円に対して、税金がかかります。

合計はマイナスなのに、税金はかかるという不思議な現象になります。

ブック君

実際に公営ギャンブルでも上記の計算方法が適用となります。

ただ、公営ギャンブルのネット投票については1度の賭けで、銀行口座からの入出金が発生するからこその制度だと、筆者は考えています。

ただブックメーカーについては特殊であり、一度ブックメーカーサイトにお金を預けて複数回のプレイし、出金するという流れになるため、上記の計算式だと難しいということが挙げられます。

入金した金額が30万で上記の表のようなベットを行い、出金した金額は0円(出金もしていない)なのに税金がかかるのは、違和感を感じる方も多いのでしょうか。

ちなみにブックメーカーを利用する際は下記のような入出金手順となります。

ブックメーカー入出金方法①
  1. 銀行口座→ecoPayz(ネット口座)→ブックメーカー
  2. ブックメーカー→ecoPayz(ネット口座)→銀行口座
ブックメーカー入出金方法②
  1. 仮想通貨取引所→ブックメーカー
  2. ブックメーカー→仮想通貨取引所
ブックメーカー入出金方法③
  1. 銀行口座(Sumopay)→ブックメーカー
  2. ブックメーカー→銀行口座(Sumopay)

そのため、ブックメーカーの入金額からブックメーカーの出金額の差額の利益に課税という考え方もできます。

例①)

1年間で、元本30万円(ブックメーカーへの入金額)から90万円(ブックメーカーから自分の口座への出金額)に増やすことができたという場合、利益は60万円。

税金がかかるのは「60万円ー50万円=10万円」となります。

ただ、どちらを適用するかは、税務署・税理士さんによって意見が異なります。

日本の公営ギャンブルでは、「負けたときの賭けた金額」は経費にならない意見が一般的であり、正しい計算方法です。

ブックメーカーという存在が日本の税務上でも異例であり、入出金した履歴しか残らない点が、ブックメーカーの税金を難しくしている理由になっています。

ブックメーカーの利用頻度、賭け金、実際の利益など、人によっても大きく異なりますし、専門の方ではないと税務の具体的なアドバイスはできない決まりとなっているため、年間で50万以上の利益をあげたら、迷わずに税務署・税理士さんに相談することをおすすめします。

筆者に関しては大きな金額ではなかったため、入出金の差額でも良いとのことでした。

課税所得の金額の計算式は下記の通りです。

(利益-必要経費)-特別控除=一時所得×1/2=課税所得

この課税所得に対し、所定の税率を乗じたものが、「所得税額」となります。
所得税率は年収によって下記のように変化します。

課税所得にこちらの税率をかけて納税金額を算出します。

例①の具体的に数字を入れると、

  • (90万円-30万円)-50万円=10万円が一時所得の額
  • 10万円×1/2=5万円が課税所得

となり、

年収が300万で所得税率が10%だった場合、5万円×10%=5,000円の税金がかかるということです。

アオイちゃん

そこまで大きな金額ではないため、安心できますね!

会社員(サラリーマン)の計算方法について

ブックメーカーにおける取得の税金で、会社員(サラリーマン)の場合、利益が20万円以下の場合は確定申告は不要です。

1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得および退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人は確定申告を行う必要があるからです。

そのため、会社員(サラリーマン)の場合、一時所得の特別控除50万円を加え、合計70万円以下の利益であれば、確定申告は不要となります。

ここで解説した内容については、所得の種類や計算方法について、別の見解を示す専門家もいます。

毎年様々な税制改正がありますので、確定申告をする際には、きちんと税務署または税理士に相談して納税をするようにしてくださいね!

ブック君

一時所得についてはここまでです。
簡単に「雑所得」「事業所得」についても触れていきます。

ブックメーカー所得税における雑所得

一時的な所得というわけでもないという場合は「雑所得」に該当します。

下記の内容は国税庁から抜粋した内容です。

雑所得とは、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得および一時所得のいずれにも当たらない所得をいい、例えば、公的年金等、非営業用貸金の利子、副業に係る所得(原稿料やシェアリングエコノミーに係る所得など)が該当します。

出典:No.1500雑所得 国税庁

雑所得の場合は、控除の金額が20万円ですが、一時所得とは違い、負けたときの賭け金も経費にすることができます。

「収入ー賭けた金額」に対して税金がかかるのが雑所得です。

多くのブックメーカー利用者は継続的に利益を出していたとしても、ブックメーカーのサイト用途が「娯楽・ギャンブル」であるため、ほとんどは一時所得になると予想されます。

数年以上、継続的に利益を出している方で副業(営利目的)と認められる場合は「雑所得」に該当する可能性があるため、必ず、税務署・税理士さんに相談するようにしてください。

雑所得で経費計上できるもの
  1. パソコン代・通信費などブックメーカーを行う上で必要なもの
  2. 賭けた金額全て
アオイちゃん

経費できる幅が広い分、所得を下げやすいため、最終的な課税所得が下がるのが魅力ですね!

ブックメーカー所得税における事業所得

ブックメーカーで生計を立てている場合は事業所得にできる場合があります。

下記の内容は国税庁から抜粋した内容です。

事業所得とは、農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業その他の事業を営んでいる人のその事業から生ずる所得をいいます。

ただし、 不動産の貸付けや山林の譲渡による所得は事業所得ではなく、原則として不動産所得や山林所得になります。

出典:No.1350事業所得 国税庁

事業所得になると青色申告で提出することができ、控除額が10万円もしくは特別控除で55万円・65万円になります。

さらに賭け金もすべて経費として計上することができます。

事業所得にすることができれば節税額も大きいですが、ほとんどの場合、事業所得に該当することはありません。

ブック君

専業トレーダーは事業所得に該当することを覚えておくといいですね。

事業所得で経費計上できるもの
  1. パソコン代・通信費などブックメーカーを行う上で必要なもの
  2. 賭けた金額全て

所得による税金の扱い まとめ

ブックメーカーはこのように「一時所得」として扱われることがほとんどです。

ただし、過去の競馬のハズレ馬券を巡る裁判で「競馬の利益は雑所得に分類する」という判決が出た事例があります。

被告人は2007年から2009年までで約28億7000万円の馬券を購入し、約30億1000万円の払戻金を手にしていました。

下記の内容は国税庁から抜粋した判決です。

以下の通り、本件の態様における馬券収入は雑所得に当たると判示された。

「所得税法上、営利を目的とする継続的行為から生じた所得は、一時所得ではなく雑所得に区分されるところ、営利を目的とする継続的行為から生じた所得であるか否かは、文理に照らし、行為の期間、回数、頻度その他の態様、利益発生の規模、期間その他の状況等の事情を総合考慮して判断するのが相当」であり、「被告人が馬券を自動的に購入するソフトを使用して独自の条件設定と計算式に基づいてインターネットを介して長期間にわたり多数回かつ頻繁に個々の馬券の的中に着目しない網羅的な購入をして当たり馬券の払戻金を得ることにより多額の利益を恒常的に上げ、一連の馬券の購入が一体の経済活動の実態を有するといえるなどの本件事実関係の下では、払戻金は営利を目的とする継続的行為から生じた所得として所得税法上の一時所得ではなく雑所得に当たる」。

出典:インターネットを利用した競馬の馬券の払戻金の課税関係 国税庁

このように、馬券を自動的に購入するソフトを使用して独自の条件設定と計算式に基づいて、インターネットを介して長期間にわたり多数回かつ頻繁に賭けていたことが認められたからです。

営利目的(雑所得・事業所得)と認めるには、ある程度の期間、客観的に見て継続して利益を期待できることが必要であるため、ブックメーカーにおける収入は「一時所得」が一般的です。

アオイちゃん

営利目的扱いにするのは結構大変なんですね…

ブックメーカーで正しい確定申告を行う為の3STEP

では実際にブックメーカー税金の確定申告を行っていきましょう。

  1. 青色申告と白色申告の違いを理解しよう
  2. 経費にできるものを把握しよう
  3. 実際に提出してみよう

1つずつ解説していきます。

STEP1 青色申告と白色申告の違いを理解しよう

確定申告の際には、上記の写真のような確定申告書という書類を作成する必要があります。

この書類は国税庁のホームページに掲載されています。

まずは、白色申告と青色申告の違いを理解しましょう。

  • 一時所得・雑所得  → 確定申告書(白色申告書)
  • 事業所得→確定申告書(青色申告書)
    10万円控除もしくは55万・65万特別控除
    ※「個人開業届」を提出している方であれば青色申告を提出できます。
    ※55万・65万特別控除の場合、複式帳簿で提出する必要があり、会計ソフトは必須

一般的には、白色申告書を使用して提出する流れになります。

STEP2 経費にできるものを把握しよう

今回は一般的な「一時所得」の場合として経費を計上していきます。
課税所得の金額の計算式は下記の通りです。

(利益-必要経費)-特別控除=一時所得×1/2=課税所得

申告に直接必要なわけではありませんが、

  1. ブックメーカーとの入金・出金の履歴
  2. 利益がでた収支表
  3. ベットした履歴

などがあると安心です。

収支の根拠と経費計上する上での会計ソフトは、freee会計・弥生会計がおすすめです。

ブック君

もし万が一、所得の証拠を見せて欲しいと税務署から言われた時の税金対策になります。

STEP3 実際に提出してみよう

必要な書類が準備できれば、翌年の2月16日から3月15日までに確定申告をすることになります。

改めてですが、所得の種類や計算方法については別の見解を示す専門家もいますし、今回紹介したのはあくまでも一例です。

確定申告をする際には、必ず税務署または税理士に相談して、納税をするようにしてください。

筆者の場合、freee会計を使用して、収支表や申告書を作成しています。

1月1日から12月31日までの1年間で得た利益(収支)を把握し、根拠となるもの(履歴)を用意できましたら、下記から「確定申告書等作成コーナー」に進んでください。

ブックメーカー税金 よくある質問について

最後によくある質問についてまとめてみました。皆さんの参考になれれば嬉しいです。

①ブックメーカーの所得が会社にバレる事はないの?

ブックメーカーでの利益が会社にバレることは基本的にはありません。
ただし、
確定申告を提出した年の住民税の金額からバレるケースが多いです。

会社員の方の多くは、毎月の給料から住民税が天引きされます。

住民税とは、都道府県や市町村の地方自治体が行政サービスを提供するために、住民から徴収する税金のことです。

住民税の納税額は前年度の所得によって決まります。

このため、副業・ギャンブルによる収入が増えると住民税も増え、会社の経理の方などに
「副業をしているのでは?」と不審に思われ、バレてしまうということです。

アオイちゃん

初期設定だと、住民税は最も年収の高い勤務先に合算された請求書が届くようになっています。

対策方法

副業の確定申告や住民税の申告をする際に、住民税の徴収方法で「自分で納付」を選択することで「普通徴収」が可能になります。

そうすることで住民税の納付書が役所から自分の住所に送られてきます。

この納付書によって支払いを行うことでバレるリスクを無くすことができます。

ブック君

気になる方は住んでいる地域の税務署に相談してみましょう。

②海外の入出金を税務署は把握しているの?

日本の税務署は、銀行口座・仮想通貨取引所・クレジットカードでブックメーカーへの入金・出金するところまでは調べられると思いますが、ブックメーカーでいくら賭けているのかを調べるのは国境の壁で難しいと思います。

ネット口座の代表格であるecoPayz(エコペイズ)はイギリスに営業所があるため、アカウントの中身などは把握されないと予想されます。

ブックメーカーにおける税金対策としてエコペイズを利用する際は、上記の点を覚えておくと良いでしょう。

反対に仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)・GMOコイン・DMM Bitcoinなどは全て金融庁に把握されているため、アカウントの中身も確認されます。

アオイちゃん

入金・出金は把握されるので、確定申告は必ず提出しておきましょう。

③ブックメーカーの利益を申告した場合に税務署から聞かれる可能性はあるの?

基本的にはありませんのでご安心ください。

④ブックメーカーにおける税金対策・節税について教えてください。

ブックメーカー・エコペイズからの出金金額を年間50万円以内までにとどめておくことです。

ただし、一時所得扱いで、「負けたときの賭けた金額」を経費計上できないとの指示をもらった場合は、節税することは厳しいでしょう。

雑所得・事業所得扱いの場合は、パソコン代・通信費などブックメーカーを行う上で必要なものを全て経費計上することができます。

ブックメーカーの税金 まとめ

いかがでしたか?

今回は、ブックメーカーの税金と確定申告の手順について解説してきました。

ブックメーカーのほとんどは一時所得に該当しますが、年間50万円以下の利益、会社員の方で他で兼業されておらず、ブックメーカー以外の所得がない方は、年間70万円以下の利益までは確定申告する必要がないので覚えておきましょう。

万が一、税務署の調査が入った時のことを考え、

  1. ブックメーカーとの入金・出金の履歴
  2. 利益がでた収支表
  3. ベットした履歴

などは残しておくようにしましょう!

上記の対策を行うことで、長く安心してブックメーカーに取り組むことができます。

ブック君

まずは税務署・税理士に相談するところから初めていきましょう!

この記事を書いた人ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約4年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語を使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2022年最新版】ブックメーカーおすすめ

『ブックメーカー研究所』では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

おすすめブックメーカーは、特に厳選しており、満足できるサイトをピックアップしています。今日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。