サッカー5大リーグとは?各特徴と市場規模も合わせて解説!(サッカー4大・3大リーグも解説)

世界的スポーツであるサッカーは、各国で大規模なリーグ大会が開催されています。その中でも特に試合レベルが高く、市場価値も巨大な大会は5大リーグと呼ばれ、世界中から注目されています。

今回はサッカーにおける5大リーグについて特徴と市場価値も含めて解説していきます。

ブック君

世界サッカーを楽しむ参考にしてください

サッカー5大リーグとは?

サッカー5大リーグとは、下記5か国にて開催されるトップリーグを指します。

  1. プレミアリーグ(イングランド)
  2. ラ・リーガ(スペイン)
  3. セリエA(イタリア)
  4. ブンデスリーガ(ドイツ)
  5. リーグ・アン(フランス)

選手たちのボール技術・チームとしての実力は世界最高水準。繰り広げられる試合も白熱するため、5大リーグの市場価値は、日本のJリーグの何十倍もの規模となります。

アオイちゃん

5大リーグがある国は、サッカー大国と言っても差し支えありません

サッカー3大リーグ・4大リーグについて

5大リーグが制定されるまで、世界のトップリーグはイングランドのプレミアリーグ、スペインのラ・リーガ、イタリアのセリエAの3大リーグでした。

そこに世界一の観客動員数を誇るドイツのブンデスリーガが加わり、4大リーグに。プロサッカーチーム「パリ・サンジェルマンFC(PSG)」が国際大会で活躍したことで注目度を高めたフランスのリーグ・アンが追加され、現在の5大リーグに至りました。

サッカー6大リーグ・7大リーグは存在するの?

世界のトップリーグは5大リーグとされていましたが、近年ではサッカー強豪国のポルトガルで開催されるプリメイラ・リーガを含めた欧州サッカー6大リーグと呼ばれることがあります。

また7大リーグに関してはいまのところ明確に定義はされていませんが、セリエA(ブラジル)・エールディヴィジ(オランダ)などが有力候補として注目されています。

ブック君

サッカーリーグの市場規模については下記の記事を参考にしてみてください。

サッカー5大リーグの各特徴・開催国・開催日程・市場規模を紹介

5大リーグと一括りに呼ばれていますが、それぞれの試合特徴や開催国、市場価値は大きく異なります。

ここでは5大リーグそれぞれの詳細について解説していきます。

①プレミアリーグ(イングランド)

加盟国イングランド
大陸連盟UEFA
開催日程8月前後から翌年5月前後まで
(開催年によって変動することがあります)
市場価値総額97億9000万ユーロ
(約1兆円)

サッカー大国イングランドで開催されるプレミアリーグは、市場価値が世界一巨大な大会です。チームごとに実力差がないため、下の順位にランクインしているチームが上位を打ち破ることが珍しくありません。

リーグ終了するまでどのチームが優勝するか分からない均等な強さがプレミアリーグの醍醐味といえます。

また、プレミアリーグの2部(下位)にあたるチャンピオンシップも市場価値総額が高く、プレミアリーグに劣らないサッカー観戦を楽しめます。

②ラ・リーガ(スペイン)

加盟国スペイン
大陸連盟UEFA
開催日程8月前後から翌年5月前後まで
(開催年によって変動することがあります)
市場価値総額48億8000万ユーロ
(約6900億円)

世界最高峰の国際リーグ「UEFAチャンピオンズリーグ」を制覇した王者レアル・マドリードが所属していることでも有名なのがスペインのラ・リーガです。

プレミアリーグに迫る程の市場価値を有しているリーグであり、催される試合はどれも高レベル。各選手が卓越した技術をもって勝敗を競い合います。

市場価値こそプレミアリーグに届かないものの、サッカーレベルは決して負けていません。試合では日本のJリーグよりも激しいプレーが繰り広げられています。

③セリエA(イタリア)

加盟国イタリア
大陸連盟UEFA
開催日程8月前後から翌年6月前後まで
(開催年によって変動することがあります)
市場価値総額46億2000万ユーロ
(約6700億円)

セリエAはイタリアのサッカートップリーグです。プレミアリーグ・ラ・リーガと同じく世界3大リーグとして数えられていました。

サッカー業界最大級の不正事件カルチョ・スキャンダルによって、信用性を大きく失ってしまいました。それでも市場価値総額は世界3位にランクインしており、高い試合水準も維持し続けています。

セリエAをはじめイタリアサッカーは守備を重要視するプレースタイル「カテナチオ」が好まれる傾向にあります。激しく攻撃的なプレーが好きな方にはじれったく感じるかもしれませんが、守備から一転して攻めに出るときの興奮は他のリーグ以上です。

④ブンデスリーガ(ドイツ)

加盟国ドイツ
大陸連盟UEFA
開催日程8月前後から翌年5月前後まで
(開催年によって変動することがあります)
市場価値総額42億3000万ユーロ
(約6000億円)

世界4大リーグとして加わったドイツのブンデスリーガは、プレミアリーグより観客動員数が多いことでも有名。ドイツのサッカー人気を盛り上げている大会です。

ブンデスリーガでは、選手同士の一対一の競い合いデュエルが他リーグよりも重要視されている傾向にあります。そのためチームだけでなく、選手個人の活躍にも注目が集まりやすいリーグといえます。

また、Jリーグからブンデスリーガに移籍する選手も多いため日本人にとっては楽しみやすい海外リーグです。

⑤リーグ・アン(フランス)

加盟国フランス
大陸連盟UEFA
開催日程8月前後から翌年6月前後まで
(開催年によって変動することがあります)
市場価値総額34億8000万ユーロ
(約5000億円)

サッカー世界5大リーグとして新たに数えられたのが、フランスのリーグ・アンです。他の5大リーグと比べると国際リーグで活躍するチームが少なく、市場価値も一回り小さいところは否めません。

その一方で、国際リーグの最高峰UEFAチャンピオンズリーグにて準優勝を果たしたパリ・サンジェルマンFC(PSG)が所属していることから注目度が高まっているリーグでもあります。また若手プロ選手が所属することも多いため、新しい世代の登竜門としても知られています。

リーグ内戦績としてパリ・サンジェルマンFC(PSG)が優勝、もしくは準優勝を果たし、他チームが以降の順位を奪い合う構図が続いています。それ故にパリ・サンジェルマンFC(PSG)を打ち破れるほどの強豪チームが誕生したとき、さらに市場価値が高まることが予想されるリーグといえます。

まとめ

世界サッカー5大リーグでは、日本のJリーグ以上の規模と白熱した試合展開が繰り広げられています。日本人よりも体格が優れた選手が多いため、ぶつかり合いをはじめとしたフィジカル勝負の激しさも比べ物になりません。

当然、世界最高峰のリーグであるため個々の選手のボールテクニックもトップクラス。日本のJリーグも手に汗握る試合ばかりですが世界の大会では、また一味違った試合展開を楽しめます。

ブック君

ぜひチェックしてみてください

この記事を書いた人
ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約5年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語をできるだけ使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2023年最新版】ブックメーカーおすすめ

ブックメーカーは世界で娯楽の1つとして楽しまれているエンターテインメント。

1サイトで日本・海外問わず、競馬・野球・サッカー・バスケ・テニス・RIZIN・相撲・Eスポーツを始めとする様々なスポーツに賭けることができます。

「ブックメーカー研究所」では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。