【2023年最新】サッカーブラジル代表のフォーメーション・スタメン・選手メンバーを解説!

国民の8割がスポーツをするならサッカーと言われており、勝って当たり前という文化のあるサッカー王国ブラジル代表

かつては日本もその圧倒的な強さに苦杯を喫しており、常にワールドカップでは優勝候補として予想されています。

いまや日本もサッカー大国と言われつつありますが、元をたどればブラジルなどのサッカー大国に刺激を受け、追いつけ追い越せとここまで来たと言っても過言ではありません。

ひと昔前で言えばロナウジーニョやロベルト・カルロス、今はネイマールやカゼミーロといつの時代も華のある選手がブラジル代表には揃っています。

そこで今回は、サッカーブラジル代表の最新フォーメーション・スタメン・選手メンバーを解説していきます。

ブック君

サッカーブラジル代表の最新情報を追っていきたいと思います!
それでは見ていきましょう!

サッカーブラジル代表|2023年試合スケジュール

3/26(日)国際親善試合●1-2モロッコ
6/18(日)国際親善試合〇4-1ギニア
6/21(水)国際親善試合●2-4セネガル
アオイちゃん

今のところ、6月以降の日程は公表されていません。

ブック君

ワールドカップ以降は1勝2敗と、意外にも苦戦しているようですね!

ブラジル代表選手メンバー一覧

スクロールできます

ポジション選手名生年月日身長・体重所属クラブ
GKアリソン・ベッカー1992/10/2193cm・91kgリバプール
GKエデルソン・モラレス1993/8/17188cm・89kgマンチェスター・シティ
GKウェベルトン・ペレイラ
・ダ・シウバ
1987/12/23189cm・89kgパルメイラス
DFアイルトン・ルーカス1997/6/19180cm・72kgフラメンゴ
DFニノ1997/4/10188cm・82kgフルミネンセ
DFバンデルソン2001/6/21173cm・74kgモナコ
DFダニーロ1991/7/15184cm・78kgユベントス
DFマルキーニョス1994/5/14183cm・79kgパリ・サンジェルマン
DFロジェール・イバニェス1998/11/23186cm・79kgローマ
DFアレックス・テレス1992/12/15181cm・71kgセビージャ
DFエデル・ミリトン1998/1/18186cm・79kgレアル・マドリード
MFアンドレ・トリンダーデ2001/7/16176cmフルミネンセ
MFハファエウ・ベイガ1995/6/19176cm・73kgパルメイラス
MFジョエリントン1996/8/14186cm・81kgニューカッスル・ユナイテッド
MFブルーノ・ギマランイス1997/11/16182cm・74kgニューカッスル・ユナイテッド
MFルーカス・パケタ1997/8/27180cm・72kgウエスト・ハム
MFカゼミーロ1992/2/23185cm・84kgマンチェスター・ユナイテッド
FWマウコム1997/5/15178cm・67kgゼニト
FWビニシウス・ジュニオール2000/7/12176cm・73kgレアル・マドリード
FWロドリゴ・ゴエス2001/1/9174cm・73kgレアル・マドリード
FWリシャルリソン1997/5/10184cm・83kgトッテナム
FWペドロ1997/6/20185cm・78kgフラメンゴ
FWホニ1995/5/11167cm・65kgパルメイラス

GKには2人で世界一を争えるアリソンとエデルソン、DFには職人ミリトンとマルキーニョス、MFにはギマランイスやカゼミーロなどのプレミアリーグ勢、FWにはレアル・マドリードの至宝ビニシウスやロドリゴが順当に選ばれています。

ブラジル代表は欧州で活躍している選手だけでなく、自国リーグで活躍している選手も多く選出されているところが特徴です。

代表で絶対的なネイマールが怪我で招集外の為、新10番にはレアル・マドリードの22歳ロドリゴが背負っています。

ブック君

攻撃的な選手に目が行きがちですが、GKやDFも安定しています。

キープレーヤー① カゼミーロ

カゼミーロ優れたフィジカルと先読み能力で相手の攻撃を止めるアンカーとして活躍しており、クラブでも代表でも欠かせない存在です。

現在31歳とベテランの域に入っていますが、アンカーは比較的他のポジションよりも長く活躍できる傾向にあるため、次回のワールドカップでもカゼミーロは主軸の一人として活躍すると予想されます。

数的不利で相手の攻撃が危険だと感じたら、躊躇なくファールで流れを切る判断能力もあり、試合を通して相手からすると厄介な存在となっています。

アオイちゃん

海外で活躍する日本人選手の中でも、今一番輝いている選手です!

キープレーヤー② ビニシウス・ジュニオール

ビニシウス・ジュニオールは今最も注目されている若手選手の一人で、市場価値としてもハーランドやエムバペに次ぐ高さを誇っています。

ブラジル特有のリズムとスピードで相手を抜き去るドリブルテクニックに秀でており、クラブでも代表でも欠かせない存在となっています。

カットインや縦への突破はかつての英雄ロビーニョを彷彿とさせ、ファンからも絶大な信頼を得ています。

若手ながらすでにワールドクラスのウインガーとして成熟しているため、今後の活躍に期待です。

ブック君

個の力で状況を打開でき、戦況を変えるには欠かせない選手です!

ブラジル代表フォーメーション

ブラジル代表の基本フォーメーションは、4-3-3です。

フォーメーションもワールドカップでは4-2-3-1が基本でしたが、6月の親善試合では4-3-3で固定されているため、今後も4-3-3が基本フォーメーションとなるようです。

ネイマールが怪我から帰ってきたら、ネイマールをトップ下に置いて4-2-3-1を復活させるかもしれないですね。

カタールワールドカップではセンターバックにチアゴ・シウバがいましたが、今回は代表へ選出されておらず、マルキーニョスとミリトンがコンビを組んでいます。

センターフォワードにはリシャルリソンが固定されていますが、所属クラブのトッテナムでは昨シーズン1ゴールしか決められず、最悪の補強とまで言われました。

意外にも代表ではガブリエウ・ジェズスやロベルト・フィルミーノよりも評価が高く、試合に出続けています。

リシャルリソンがワントップとして得点を記録できれば、チームの状態も今より良くなるでしょう。

アオイちゃん

今のブラジル代表にはかつてのロビーニョやロナウドといった生粋の点取り屋が生まれれば、もっと恐ろしいチームになりそうです!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、サッカーブラジル代表の最新フォーメーション・スタメン・選手メンバーを解説してきました。

サッカー王国のブラジル代表は、試合に勝つことが当たり前となっており、負ければ国民から大バッシングを食らいます。

そんなプレッシャーの中毎日プレーしている一流集団ですので、いずれまたアルゼンチンやフランスを抜いて世界最強となる日が訪れるでしょう。

今後も大会ごとの最新情報を更新していきますので、ぜひブラジル代表の動向に注目してみてください。

アオイちゃん

ご覧いただきありがとうございました!

この記事を書いた人
ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約5年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語をできるだけ使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2023年最新版】ブックメーカーおすすめ

ブックメーカーは世界で娯楽の1つとして楽しまれているエンターテインメント。

1サイトで日本・海外問わず、競馬・野球・サッカー・バスケ・テニス・RIZIN・相撲・Eスポーツを始めとする様々なスポーツに賭けられます。

「ブックメーカー研究所」では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。