まず初めに『ブックメーカー』について理解しよう!

ブックメーカーのアービトラージとは?4つの活用テクニックを解説!

「ブックメーカー必勝法がある!」
「ブックメーカーアービトラージを使えば絶対に負けない!」

このような話を聞いたり、ネットで見かけたりすると、どのような方法なのか気になる方も多いのではないでしょうか?

もちろんブックメーカーを楽しむ中で次第に

「もっと勝ちたい!稼ぎたい!」
「確実に利益を出す方法を教えて欲しい!」

と思いが強くなっていくのも無理はありませんが、安易にックメーカーのアービトラージを行うとリスクが伴います。

ですが、工夫するとアービトラージの考え方を利用して稼ぐことは可能です。

そこで今回は、なぜリスクが伴うのか、ブックメーカーのアービトラージ』と『アービトラージを活用した4つのテクニック』について詳しく解説していきます。

サブロー君
ブックメーカーのアービトラージについて、一緒に理解を深めていきましょうね!

アービトラージとは

英語表記「Arbitrage」の日本語読みで、「裁定取引」のことをいいます。
裁定取引とは、株式や証券など金融商品における金利差や価格差に注目して、利益を得る取引手法になります。

金融用語では「サヤ取り」「スプレッド取引」とも言われており、近年では投資手法を指す用語として使われることが増えています。

サブロー君
金利差や価格差を利用して、利益を得る取引方法であることをご理解頂けたと思いますが、オッズが変動するブックメーカーでも応用することができます。

ブックメーカーのアービトラージとは

ブックメーカーのアービトラージとは、簡単にいうとブックメーカー運営会社の間で生じる「オッズ差」を利用して利益を目指す投資方法です。

ブックメーカーアービトラージの例

サッカーでアービトラージが適用できる例をご紹介します。

ブックメーカー各社は同じ試合でも、それぞれ違ったオッズを提供します。
それ自体は普通の話ですが、オッズ差が極端になるとプレイヤーが確実に稼げるという状況になります。

注意
同じ試合でもブックメーカーによって予想や見解が異なる他、その他機能によりオッズが異なってきます。
アービトラージを行うには複数のブックメーカーを利用することが鉄則になります。

例)

日本勝利 ブラジル勝利 マージン
Aブックメーカー オッズ1.55倍 オッズ2.60倍 103% 
Bブックメーカー オッズ1.70倍 オッズ2.30倍 1.023%
プレイヤー オッズ1.70倍 オッズ2.60倍 97.3%(利益率2.7%)
サブロー君
『Aブックメーカー』と『Bブックメーカー』では『日本』もしくは『ブラジル』が勝利した時のオッズは異なります。
ベティーちゃん
マージンとは利益率のことであり、103%は3%分、ブックメーカー側の利益(手数料)を示しています。

一般的に全てのブックメーカーは、マージンが100%を超えており、手数料を取っています。
手数料がブックメーカーの会社の運営費となっているからです。
ですので、プレイヤー側は普通に賭けていけば負けるということが分かります。

ですが、今回のプレイヤーのように
アービトラージが成立すると、必ずプレイヤー側が勝つことが出来ます。

マージンの計算方法
  1. 100÷1.55+100÷2.60=64.5+38.5=103%
  2. 100÷1.70+100÷2.30=58.8+43.5=102.3%
  3. 100÷1.70+100÷2.60=58.8+38.5=97.3%

この例では、例えば10,000円の資金を用意して

  • Aブックメーカーで日本の1.7倍に6,050円賭けると
    1.70倍 6,050円=10,285円
  • Bブックメーカーでブラジルの2.6倍に3,950円賭けると
    2.60倍 3,950円=10,270円

勝敗に関わらず試合後には約270円の利益が生まれます。

ベティーちゃん
このように確実に収益を上げることができるので、すごい手法ですね!ブックメーカー必勝法と呼ばれる理由が分かるのではないでしょうか。

ブックメーカーアービトラージの5つの特徴

なんとなく理解できたというところで、ブックメーカーアービトラージの特徴について解説していきます。

当サイトとしては『ブックメーカーアービトラージ』のやり過ぎはおすすめしておりません。
ですが、上手く活用することで、賢くブックメーカーで稼ぐことが可能です。

ブックメーカーアービトラージ特徴
  1. 理論上は必ず勝てる
  2. 2つ以上のブックメーカーの登録が必要
  3. 資金が必要
  4. 試合を探すのがとても大変
  5. マックスベット(MAX BET)規制という壁がある

では1つずつ解説していきます。

アービトラージの特徴を解説した後に、アービトラージの考え方を利用した賭け方なども解説します。

①理論上は必ず勝てる

先ほどの例のように、どちらが勝っても、利益を出すことができます。

ただし、見つけることができたとしても数%の利益かと思いますので、大きくは稼ぐことは厳しいですし、資金も必要になります。

②2つ以上のブックメーカーの登録が必要

1つのブックメーカーでは、両方の試合に賭けてもプレイヤーが利益を出すことはできません。

必ず2つ以上のブックメーカーで、利益の出る試合の組み合わせ見つける必要があります。

③資金が必要

お気づきかと思いますが、少額で稼ぐことには不向きな手法となります。

2つのブックメーカーに対して、大きな資金を入金しておく必要になります。

④試合を探すのがとても大変

利益が出る組み合わせの試合を探すことは思いの外、大変であることが挙げられます。

またそのような利益が出る試合を見つけても、タッチの差で修正されてしまったりすることもあります。

⑤マックスベット(MAX BET)規制という壁がある

マックスベット(MAX BET)規制とは、最大で賭けられる金額の上限を制限されてしまうことを言います。

つまり、今までは30万円を一度に賭けれていたのに、急に3万円までしか賭けられなくなってしまった…ということがあります。

各ブックメーカーの利用規約を確認しても、厳密に「何をするとNGなのか」「どのぐらい勝つと規制されるのか」という線引きは開示されていません。

規制を早める原因の1つが、あからさまに不自然な賭けを行っていることが挙げられます。

規制されてしまう例

  1. 低いオッズ(1.01以下)に対して、連続して数十試合賭ける
  2. 小数点以下の金額まで細かく賭ける(アービトラージの疑いがあるような賭け方と見なされる)
    例)×32,315円 ○32,000円
  3. 2ヶ月連続で数百万以上の利益を出す

このような例が挙げられます。

また、月に100万以上収益を2ヶ月連続して稼ぐことで、賭けられなくなってしまったことは
当サイトとして、確認できている情報です。

覚えておきたいポイント

仮にアカウント凍結・閉鎖されても、出金はできるケースが多いようです。

サブロー君
これまで規制がかかってしまった人を確認すると上記の例に該当している可能性が高いです。やり過ぎに気をつけましょう。

ブックメーカーアービトラージ まとめ

このようにブックメーカーのアービトラージには様々なデメリットがあります。

当たり前かもしれませんが、確実に稼げる内容には、必ずリスクが伴います。

2010年より以前であれば、オッズの付け方が甘かったり、 ブックメーカーのシステムにも不備などがありました。
現在は時代と共に、ブックメーカーの管理システムも強化されつつ、マックスベット規制などもあります。

ベティーちゃん
アービトラージができる試合はオッズ自体のシステム関係上可能ですが、やり過ぎずに数試合に1回程度にするなど工夫しましょう。

ブックメーカー必勝法アービトラージを使った詐欺に注意

また、ブックメーカーの必勝法 アービトラージを使ったブックメーカーの商材が数年前に流行しました。

誘ってくる全ての業者が詐欺ではありませんが、ブックメーカーにおいて確実に稼げるというのは上記でもお伝えした通り、あり得ません。

アービトラージ自体も詐欺ではありませんが、どれだけ体制を整えても、自動ツールなど工夫してもブックメーカー側の規制を完全にかいくぐることは不可能と言えます。

ベティーちゃん
どのように賭けていくのか、収益を上げていくのか、見極めて対処するようにしましょう。

【応用編】ブックメーカーアービトラージの考え方を活用した4つのテクニックとは

ではここで、上記のアービトラージの考え方を使用したテクニックについて解説していきます。

この4つのテクニックを使用することで、規制のリスクを下げつつ、稼ぐことが可能です。

4つのテクニック
  1. Oddspedia(オッズペディア)を使用する
  2. 賭ける項目が同じではないものを使用する
  3. 時間差を活用する
  4. PINNACLE(ピナクル)を使用する
サブロー君
では1つずつ解説していきます。

① Oddspedia(オッズペディア)を使用する

Oddspedia(オッズペディア)とはスポーツ結果、ライブスコア、賭けオッズの比較など、スポーツ賭博データを提供するブックメーカーの情報サイトになります。また、効率の良い賭けができるベッティングツールを複数提供しています。

オッズペディアの特徴とは
  1. ブックメーカー各社のオッズが瞬時に把握できる
    (高いオッズのブックメーカーも教えてくれる)
  2. 最新スポーツニュースを閲覧できる
  3. 嬉しい日本語対応
  4. PC・スマホ共に見やすい
  5. 優秀なべッティングツールが5つあり、ブックメーカーのアービトラージも可能
  6. 無料で利用可能

このように、オッズペディアのツールにはアービトラージが出来るものが含まれており、稼ぐことが可能な内容となっております。

67種類のブックメーカーがオッズペディアの提携しているため、オッズペディアの情報からのアービトラージは多少リスクは下がると考えられます。

捉え方を変えると、アービトラージをブックメーカー側は黙認しているとも受け取れるからです。

詳しくは下記の記事を確認してください。

② 賭ける項目が同じではないものを使用する

まずは賭ける項目が同じものではない内容を選択するということです。

  • Aブックメーカーでは、ダブルチャンス(Aチーム勝利または引き分け)に賭ける
  • Bブックメーカーでは、1×2(Fulltime Result)はBチーム勝利に賭ける

この組み合わせで、利益が出せるオッズであれば成立します。

この手法自体もアービトラージと言えるので、やりすぎは厳禁です。

③ 時間差を活用する

こちらは事前ベット限定になります。

STEP1 試合を予想して片方を賭ける

事前に勝敗予想で、AチームもしくはBチームどちらに賭けるかを予想します。
1日前には賭けておくことが理想です。

この段階では情報サイトや予想サイトを参考にしながら、本気で当てにいくことが大切です。

STEP2 オッズの変化を確認する

時間経過と共にチームの負傷や出場する選手、コンディション次第で、オッズが変化することがあります。
事前に賭けたチームのオッズが下がり、反対側のチームのオッズが上がった時に、アービトラージが成立することがあります。

STEP3 資金を調整して別の方に賭ける

うまく資金を分けて賭けることで、確実に稼ぐことが可能です。その際、必ず違うブックメーカーで賭けるようにしてください。
※同一のブックメーカーではリスクが高いです。

④ PINNACLE(ピナクル)を使用する

日本で使用できるブックメーカーの中で、アービトラージを認めているものは、PINNACLE(ピナクル)になります。

どんなに勝っても絶対に規制しない、他とは違う面白いブックメーカーです。

片方はPINNACLE(ピナクル)を使用して賭けると良いでしょう。

ブックメーカーのアービトラージまとめ

いかがでしたか?

ブックメーカーのアービトラージについて少しでも理解を深めることができたのであれば嬉しく思います。

ブックメーカーアービトラージまとめ
  1. アービトラージ(裁定取引)は株式や証券など金融商品における金利差や価格差に注目して、利益を得る取引手法である
  2. ブックメーカーのアービトラージは、複数のブックメーカーを利用して、オッズ差によって生じたプレイヤー必勝状態を狙う賭け方である
  3. ブックメーカーの会社のほとんどは、アービトラージについて利用規約には書かれていない
  4. アービトラージのみを実践するのはマックスベット規制などのリスクが伴う
  5. ブックメーカーアービトラージ必勝法などの投資話は注意する
  6. アービトラージの考え方を使った賭け方やオッズペディアを使用した賭け、事前ベットによる時間経過に伴うオッズの変化、そしてPINNACLE(ピナクル)を使用することは効果的である

上記のようになりました。

ブックメーカーのアービトラージをそのまま使用するのはリスクが伴いますが、知っておくと、ブックメーカーの賭けに幅を持たせることができるので、覚えておきましょう。

サブロー君
ぜひブックメーカーアービトラージの考え方を使用した4つのテクニックを使ってみてください!