→スポーツベットアイオー エコペイズ決済中止について

bet365って違法なの?日本の法律を元に詳しく解説します!

「bet365って日本でプレイしても大丈夫かな…」
「bet365を利用してみたいけれど、違法なのか不安…」
「bet365って何となく怪しい!」

なんて思っていませんか?

bet365を始めたいけど、bet365が違法なのか、法律的に大丈夫なのか分からないと安心してプレイ出来ないですよね。

もし、bet365を始めて違法性を問われたり、警察沙汰になってしまったら、bet365を楽しむどころではありません。

そこで今回は、なぜbet365が違法などと言われてしまっているのか、理由や会社の情報・法律などから詳しく解説していきます。

アオイちゃん
bet365と日本の法律について知っていきましょうね!

bet365とは

イギリスに拠点を置く世界最大手のブックメーカーの会社になります。

全世界に6300万人以上の利用者がおり、直感的に操作しやすいサイト構成は評価が高く、賭け対象の豊富さ、ライブストリーミング配信など世界トップレベルのクオリティと言われています。

運営会社 bet365グループ有限会社(通称bet365)
ブックメーカー設立 2000年
本社 イギリス、ストークオントレント
ライセンス Malta Gaming Authority(マルタ賭博局)のライセンス
その他イギリスのギャンブリング審査機関のライセンス複数取得
サポート 日本人スタッフによる日本語サポート対応
日本時間午後3時から深夜2時まで
実績 5,000人以上の従業員を擁し、
全世界で6,300万人以上がbet365を利用している

bet365が違法と言われている理由

なぜ世界最大手で活躍している企業の1つであるbet365が日本では違法と呼ばれるようになってしまったのか。

結論からいうと、bet365はブックメーカーを取り扱っている会社であり、ブックメーカーを日本で利用することが、法律的に『グレーゾーン』だからです。

グレーゾーンとは

片方の法律から見れば違法だが、もう一方の法律から見ると合法で、なおかつ罰則を受けないものを言います。

ブック君
それと合わせて、最近は減少傾向にありますが、数年前はブックメーカーでアービトラージの手法を掛け合わた詐欺も流行りました。
ブックメーカーのアービトラージとは

簡単にいうとブックメーカー運営会社の間で生じる「オッズ差」を利用して利益を目指す投資方法です。

ブックメーカー自体アービトラージ自体は詐欺ではありませんし、ブックメーカーの教材を販売する業者が全て詐欺ではありません。
確実に稼げると言って、サポートや中身のない教材を販売し、突然消えるような詐欺業者が、これまで存在していたということです。

ブック君
上記のような事もあり、被害にあってしまった方もいることから、ブックメーカーは『怪しい・詐欺』というイメージが残ってしまい、ブックメーカーの中でも大手のbet365もその影響を受けたということです。

bet365は違法なのか?

ではbet365は実際のところはどうでしょうか。

先ほどもお伝えした通り、法律的に『グレーゾーン』になります。

日本の賭博法では、国内で賭場を開帳し、 賭博行為を行った場合に罰せられます。

日本国内でギャンブルを行うことは違法ではあるが、海外で行われているギャンブルに日本人が参加することを規制する法律はありません。
(海外旅行に行った際に、日本人が海外のカジノに参加することに特に規制されていない理由と同じです。)

つまり、 賭ける人と国内に賭けを提供する会社(=ブックメーカー)の両者がいなければ賭博罪は成立しないということが分かります。

賭博罪の法律はインターネットがない時代に作られたものであり、具体的にネット上での賭け行為については、全く書かれていないことがグレーゾーンになっている理由になっています。

アオイちゃん
現時点では、 bet365を利用したことによる逮捕者は日本国内で1名も出ておりませんのでご安心ください。

bet365を安全にプレイするための3つの約束事

ではbet365を安全にプレイするための3つの約束事について解説していきます。

  1. 18歳以上の方が利用すること
  2. 表示名は必ずニックネームにし、SNSやブログでプレイ状況を配信しない
  3. ギャンブル依存症に注意すること

では1つずつ解説していきます。

①18歳以上の方が利用すること

18歳以上の方がbet365を利用するようにしましょう。

ブック君
17歳以下の方が利用するとアカウント閉鎖・凍結の原因となります。

②表示名は必ずニックネームにし、SNSやブログでプレイ状況を配信しない

アカウントの表示名は必ずニックネームにし、SNSやブログでプレイ状況を配信しない方が安全です。

bet365を利用したことによる逮捕者は日本国内で1名も出ておりませんが、完全に合法とは言い切れません。

アオイちゃん
インターネットを介して、自宅でプレイする分には問題ありませんので、あまり公に出してプレイすることは控えた方が賢明です。

③ギャンブル依存症に注意すること

bet365のようなブックメーカーはギャンブル・娯楽サイトに該当するので、ギャンブル依存症になる可能性があります。

ギャンブル依存症の症状として

  1. 興奮を求めて賭け金が増えていく
  2. ギャンブルをしないと落ち着かない
  3. 負けたお金をギャンブルで取り返そうとする
  4. ギャンブルのことで嘘をついたり借金したりする

といった症状が挙げられます。

アオイちゃん
毎月賭けに使う予算を決めて、あくまでも娯楽として取り組みましょう。

【結論】bet365はルールを守ってプレイすれば安全である

いかがでしたか?

bet365の安全性や実態について知って頂けたら幸いです。

bet365安全性まとめ
  1. bet365は世界最大手のブックメーカーの1つである。
  2. bet365が違法と言われてる理由は日本で利用することが法律で『グレーゾーン』だからである。
    (グレーゾーン=片方の法律から見れば違法だが、もう一方の法律から見ると合法で、なおかつ罰則を受けないもの)
  3. 現時点では、 bet365を利用したことによる逮捕者は日本国内で1名も出ていない。
  4. bet365を安全にプレイするためには18歳以上で、公に出さず、インターネットを介して、自宅でプレイすること。
  5. ギャンブル依存症には注意すること。

上記のような内容を理解した上で、ルールを守り、bet365を利用することで、安心してプレーに取り組むことができます。

ブック君
ぜひ皆さんもbet365に挑戦してみてください。