まず初めに『ブックメーカー』について理解しよう!

【誰でもできる!】スポーツベッティングとは?始め方・稼ぎ方・おすすめサイトを完全解説!

スポーツベッティングとはスポーツの試合結果を予想してお金を賭けて遊ぶことを言います。以前に比べてニュース等でもスポーツベッティング(Sports Betting)についての報道をより見かけるようになりました。

そんな報道を見て

「スポーツベッティングって何?そもそも違法じゃないの?」
「スポーツベッティングって楽しそう…興味はある…」
「スポーツベッティングを始めるなら、何から始めれば良いのか教えて欲しい!」

このように思っていませんか?

いざスポーツベッティング(Sports Betting)を始めようと思っても、何から始めれば良いのか分からないですよね。

そこで今回は、日本で始められるスポーツベッティングについて紹介していき、その中でもおすすめのスポーツベッティングサイトについて解していきます。

ブック君
初心者の方はこの記事を読み、実践することで今日から始めることができます。

スポーツベッティングとは?

スポーツベッティングとはスポーツの試合結果を予想してお金を賭けて遊ぶことを言います。

日本にはあまり馴染みのない単語ですが、実は皆さんの身近に存在します。

賭け事と聞くとほとんどの方が公営ギャンブルである競馬・競輪・競艇・オートレースなどを思い浮かべるかと思います。

アオイちゃん
競馬・競輪・競艇・オートレースなどもスポーツに該当するので、スポーツベッティングの1つと言えるでしょう。

スポーツベッティングとは元々はイギリス発祥である

「そもそもスポーツベッティングっていつから始めったの…?」

と興味のある方もいるかと思います。

スポーツベッティングは1790年代にイギリスロンドンの北東部のニューマーケット競馬場でハリー・オグデンという人が出走馬にオッズをつけて賭けを始めたと記録があります。

始めた頃は競馬文化にそぐわないという理由で反対の声もあり、1845年には競馬を対象にギャンブルを禁止する法律が誕生しました。

ですが、1960年には禁止から大きく方向転換し、政府発行のライセンスを取得しなければ運営できないとする許認可制になり、今日に至ります。

日本のスポーツベッティングの市場規模について

日本のスポーツベッティングの市場規模はどれくらいでしょうか。

公営ギャンブル
(競馬、競艇、競輪、オートレース)
2019年
約5.8兆円
スポーツ振興くじ 2019年
約938億円

出典:経済産業省

上記のようになります。

ちなみにこの出典記事(経済産業省)の資料に面白い内容が記載されていますが、アメリカは全てのスポーツに対して賭けることを2018年から合法化を進めており、現在は51州のうち26州が合法化されました。

その結果、アメリカ政府は、スポーツベット合法化から「わずか2年」で「200億円以上」の税収を得たと記載がされています。

実は日本も政府も少しずつ、スポーツベットの合法化を進めています。

公営ギャンブル以外にスポーツベッティングができるものとして、スポーツ振興くじ(TOTO・BIG)はありますが、そこではサッカーに対して賭けることが出来ます。

そこに『バスケ・野球』を対象にするという報道がされております。

バスケの合法化に対しての報道記事はこちら

野球の合法化に対しての報道記事はこちら

日本の中で最も人気スポーツである野球を対象にするわけですので、力の入れ方が本気であることが分かります。

ですが、日本は過去にスポーツ選手による八百長問題も発生していることもあり、スポーツベッティングによる八百長がより発生しやすくなるという懸念があり、慎重な意見を述べる方も少なくありません。

八百長とは

真剣に勝負を争うように見せかけ、実は前もって約束しておいた通りに結末をつけること。転じて、なれあいで事を運ぶこと。

八百長問題はスポーツの高潔性を害するものであり、許されるものではありません。

ブック君
ですので、合法化に関しては長い年数がかかると予想されています。
アオイちゃん
ですが、日本のスポーツベッティングの市場規模は可能性があり、今後も伸びていくことは間違いないですね!

日本で挑戦できるスポーツベッティングサイト3選

日本で挑戦できるスポーツベッティングサイトは実は3種類あります。

アオイちゃん
先ほども文言は出ていたので、なんとなくイメージつくかと思いますが、紹介していきますね。
日本で挑戦できるスポーツベッティングサイト3選
  1. 公営ギャンブル
  2. スポーツ振興くじ(TOTO・BIG)
  3. ブックメーカー(Bookmaker)
ブック君
では1つずつ解説していきます!

①公営ギャンブル

公営ギャンブルとは法律によって,特殊法人や地方公共団体による施行が許可された賭け事のことを言います。下記の4つが該当します。

  1. 競馬(JRA日本中央競馬会)
  2. 競輪(KEIRIN.JP)
  3. 競艇(BOAT RACE)
  4. オートレース(Auto Race)
サブロー君
上記の4つが公営ギャンブルとなります。

②スポーツ振興くじ(TOTO・BIG)

スポーツ振興くじ(TOTO・BIG)は、サッカーの指定された試合の結果あるいは各チームの得点数を予想して投票し、的中すると当せん金を受けることができます。
※2021年6月時点ではサッカーのみ

③ブックメーカー(Bookmaker)

ブックメーカー(Bookmaker)とはイギリス発で、全てのスポーツに対して賭け事を主催している会社の総称をいいます。

スポーツのみならず気象、政治、エンターテインメントまで賭けることができるものもあります。

取扱スポーツ一覧

アメリカンフットボール・オーストラリアンフットボール・野球・バスケットボール・ボクシング総合格闘技・クリケット・サイクリング・ダーツ・eスポーツ・ゴルフ・競馬・アイスホッケー・ロト(宝くじ)・モータースポーツ・政治(大統領選挙など)・ラグビー・スヌーカー(ビリヤード)・サッカー・スピードウェイ・卓球・テニス・バーチャルスポーツ・バレーボール・クロスカントリースキー・スキージャンプ・バドミントン・バンディ・フロアボール・ハンドボール・水球など

世の中にあるスポーツのみならず、eスポーツなどにも賭けることができます。

ブック君
また、配当の決め方が、ブックメーカー方式というものを使用しており、配当が非常に高いというメリットがあります。

ブックメーカー方式とは?パリミュチュエル方式との違いについて

では先ほど簡単に解説したブックメーカー方式とパリミュチュエル方式の違いについて解説していきます。

パリミュチュエル方式とは

日本の公営ギャンブルスポーツ振興くじの配当金の分配方法であるパリミュチュエル方式は胴元が利益を差し引いてからオッズ(配当金)を決める為、購入した時点ではオッズが決まっていません。

ブック君
胴元は絶対に損をしない、ジャッケンで例えると後出しジャンケンになります。

ブックメーカー方式とは

ブックメーカーの配当金の分配方法であるブックメーカー方式は買い手が購入する前からオッズ(配当金)を公表しています。

ブックメーカー側が負けるリスクも背負っているのが分かるのではないでしょうか。

アオイちゃん
胴元も損をする可能性がある、ジャッケンで例えると普通のジャンケンになりますね!

選べるなら、後出しジャンケンより、普通のジャンケンをやりたいですよね。

もちろんブックメーカー方式の方がユーザーに対する配当金が高くなることがほとんどです。

スポーツベッティングの法律について

続いてスポーツベッティングの法律について解説していきます。日本では公営ギャンブル以外のギャンブルは違法となります。

アオイちゃん
以下のようになります。
ギャンブルの種類 省庁 法律
競馬 農林水産省 競馬法
競輪 経済産業省 自転車競技法
オートレース 経済産業省 小型自転車競技法
競艇 国土交通省 モーターボート競争法
宝くじ 総務省 地方財政法(第32条)及び当せん金付証票法
スポーツ振興くじ 文部科学省  

公営ギャンブル以外のものとして、グレーゾーンとして扱われているものが下記になります。

完全合法ではないが違法ではないもの(グレーゾーン)
  1. パチンコ
  2. ブックメーカー
  3. オンラインカジノ
グレーゾーンとは

片方の法律から見れば違法だが、もう一方の法律から見ると合法で、なおかつ罰則を受けないものを言います。

意外と思った方もいると思いますが、パチンコも完全に合法とは言い切れないのが日本の現状です。パチンコはの管轄は警視庁となっておりますので、公営ギャンブルとは言い難いからです。

ブックメーカー・オンラインカジノの場合、違法なのか結論づけるには、下記の4つがポイントになります。

  1. 日本では公営以外のギャンブルは法律で認められていない
  2. 日本の賭博罪は、胴元側と賭ける側の双方が罪に問われる
  3. ブックメーカーは海外の政府の認可を受けた上で合法的に営業している
  4. ブックメーカーは海外に営業所がある

日本の賭博罪を成立させるには、胴元と賭ける側の双方が必要なのですが、ブックメーカーの場合、胴元側が海外にあるため、日本の法律の適用外となります。
※もちろん海外ではブックメーカーは合法です。

海外旅行に行った際に、日本人が海外のカジノに参加することに特に規制されていない理由と同じであることが分かります。

このことから、インターネットを介して、ブックメーカーに対して賭けることは、日本の法律で明確に定義するものがないため、パチンコと同様、グレーゾーンとなります。

アオイちゃん
その為、海外で運営されているブックメーカーへの参加についての違法性を問われる可能性は0に近いということが現状です。

スポーツベッティングなら『ブックメーカー』がおすすめできる理由9選

では続いて数あるスポーツベッティングサイトの中からブックメーカーがおすすめ出来る理由を9つ解説していきます。

  1. 24時間いつでもどこでも楽しめる
  2. ライブベッティグがある
  3. ブックメーカー方式である
  4. 還元率が高い
  5. 賭けるスポーツ・事象が多い
  6. 賭けるオッズが多い
  7. 少額から賭けることができる
  8. ライブ映像が無料でみれる
  9. 副業・投資として注目されている
ブック君
では1つずつ解説していきます!

①24時間いつでもどこでも楽しめる

ブックメーカーはスマホやPCなどのネット環境があればいつでも、どこでも試合に賭けることができます。

日本の試合のみならず、世界各国で開催されている試合にも賭けることができます。

そのため、どの時間帯にサイトを開いても賭ける試合がないということはありません。

②ライブベッティグがある

画像元:bet365

こちらの画像のように試合の途中から賭けることができます。

国内のスポーツベッティングサイトでは試合の途中で賭けることができるものはありません。

ブックメーカーは試合前だけでなく、試合中、試合の終盤にも賭けることができるのです。

③ブックメーカー方式である

画像元:Sportsbet.io

先ほども解説しましたが、ブックメーカーの配当金の分配方法であるブックメーカー方式は買い手が購入する前からオッズ(配当金)を公表しています。

ブックメーカー側が負けるリスクも背負っており、胴元も損をする可能性がある、ジャッケンで例えると普通のジャンケンになります。

それと比べ、公営ギャンブルですと事前にオッズが公開されていることってありませんよね。

賭ける前からオッズが公開されている分、納得した状態で賭けることが出来ます。

④還元率が高い

上記のブックメーカー方式ということもあり、配当金がとても高いです。

下記の表をご覧ください

賭ける項目 還元率
ブックメーカー 90%~98%
パチンコ・パチスロ 80%~85%
競馬、競艇、競輪等 58.5%
サッカーくじ 49.6%
宝くじ 45.7%

こちらの還元率は売上からユーザーに還元している割合を示しています。

ご覧の通りブックメーカーに関しては数%の手数料を取り、残りはユーザーに還元していることが分かります。

ブック君
還元率が高い分、他のギャンブルに比べると、オッズが高いことがメリットして挙げられます。

⑤賭けるスポーツ・事象が多い

画像元:WilliamHILL

このようにブックメーカーは非常に賭けるスポーツが多いのが特徴です。

代表的なスポーツ

アメリカンフットボール・オーストラリアンフットボール・野球・バスケットボール・ローンボウルズ・ボクシング総合格闘技・クリケット・サイクリング・ダーツ・eスポーツ・ゲーリックフットボール・ゴルフ・グレイハウンド・競馬・アイスホッケー・モータースポーツ・ラグビーリーグ・ラグビーユニオン・スヌーカー(ビリヤード)・サッカー・スピードウェイ・卓球・テニス・速歩・バーチャルスポーツ・バレーボール・アルペンスキー・バイアスロン・クロスカントリースキー・スキージャンプ・バドミントン・バンディ・フロアボール・ハンドボール・水球など

その他賭けることができる項目

チェス・テレビ番組・政治(大統領選挙)・宝くじ・カジノ・ゲーム・ビンゴ・ロト・スロット・ポーカー・ルーレット・ブラックジャック・バカラ・ホイール・くじ・ジャックポットなど

アオイちゃん
遊び尽くせない量と言えますね!

⑥賭けるオッズが多い

画像元:10betjapan

賭けるスポーツのみならず、1つ1つのスポーツに対して賭けれるオッズ項目が多いのが特徴して挙げられます。

例)

  1. 勝敗予想
  2. 両チームの合計得点 OO点以上/OO点以下という賭け方
  3. 両チームの合計得点 奇数/偶数 のどちらかという賭け方
  4. このゲームはどちらが取るかなど
ブック君
勝敗予想だけでなく、試合の部分的なものから、奇数/偶数など面白い賭け方まであります。

⑦少額から賭けることができる

画像元:bet365

ブックメーカーは小額で賭けることが出来ます。

各ブックメーカーによっても若干異なる部分がありますが、『20円』という少数ベットも可能になります。

⑧ライブ映像が無料でみれる

画像元:BONSCASINO

ブックメーカーの中ではライブ映像が無料で視聴できるものがあります。

本来であればDAZNなどの月額のサービスに加入しなければ視聴できませんが、ブックメーカーに登録し、入金まで完了させることで、世界各国のメジャーな試合はほぼ視聴することが出来ます。

⑨副業・投資として注目されている

ブックメーカーはこれまで解説した通り、還元率が高く、初心者からでも始めやすいギャンブルです。

これだけハードルが低いものだからこそ、ブックメーカーを副業や投資として取り組んでいる方も少しずつ増えてきているのが現状です。

「ギャンブルは副業にならないよ…」

という方もいるかと思いますが、

ブックメーカーにはたくさんの情報サイトや予想サイトが存在します。

これらを使いながら、何試合か賭けていきつつ、慣れていくことで、段々とブックメーカーや賭けているスポーツに対して詳しくなっていきます。

アオイちゃん
そうなることで、事前にスポーツの試合の予想ができるようになり、予想を的中させることが出来るようになります!
ブック君
中にはブックメーカーを専業に生計を立てている人が日本国内にも多くいらっしゃいます!

スポーツベッティングの始め方

ブックメーカーの特徴をお話ししましたが、

「実際に初めてみたい!」

と考えている方もいると思います。

そこで簡単にスポーツベッティング(ブックメーカー)の始め方について解説していきます。

  1. ブックメーカー登録に必要なものとは
  2. ブックメーカーで遊ぶための全体工程
アオイちゃん
こちら2点を解説していきますね!

ブックメーカー登録に必要なものとは

では実際にブックメーカーを始めていく中で、必要なものを説明していきます。

ブックメーカーを始める為に必要なもの
  1. スマホ ※電話とメールアドレスが必要
    ※実際の賭けはパソコンの方がやりやすい。
  2. 身分証明書類 ※18歳以上であること
    下記のいずれか1点が必要
    ①運転免許証
    ②マイナンバーカード
    ③パスポート
  3. 住所確認書類
    下記のいずれか1点が必要
    ①クレジットカード請求書/領収書
    ②電話料金請求書/領収書
    ③公共料金の請求書/領収書
  4. 初期入金費用

本人確認書類の提出がなくても、入金と賭けを行うことはできます。

アオイちゃん
本人確認書類の提出がないと出金ができないブックメーカーが多いので、早めに提出することで安心してブックメーカーを楽しむことができます。

ブックメーカーで遊ぶための全体工程

次にブックメーカーで遊ぶための手順を簡単に解説しますね!

ブックメーカーで遊ぶための全体工程
  1. ブックメーカーに登録
  2. ブックメーカーに入金
    入出金方法はecoPayz(エコペイズ)がおすすめです
  3. ブックメーカーに本人確認書類を提出
    身分証明書類と住所確認書類を提出
  4. ブックメーカーに賭ける
  5. ブックメーカーから出金する

上記のようになります!

アオイちゃん
おすすめのブックメーカーや入出金方法についてはこれから解説していく内容をご確認くださいね。

スポーツベッティングおすすめサイト6選

ではスポーツベッティングおすすめサイトを6つ紹介していきます。

ブックメーカー
  1. Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)
  2. 10BETJAPAN(10ベットジャパン)
  3. WilliamHILL(ウィリアムヒル)
  4. bet365(ベットサンロクゴ)
  5. BONSCASINO(ボンズカジノ)
  6. PINNACLE(ピナクル)
ベティーちゃん
では簡単に解説していきますね!

①Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
初心者向け サイト・サポート共に完全日本語対応
入出金方法
  1. 銀行振込:Sumopay(スモウペイ)
  2. ecoPayz(エコペイズ)
  3. 仮想通貨(ビットコイン)
備考
  1. 仮想通貨で賭けることができる

②10BETJAPAN(10ベットジャパン)

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
初心者向け サイト・サポート共に完全日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
  2. Sticpay(スティックペイ)
  3. 10cins(仮想通貨)
  4. クレジットカード(VISA・JCB・Master)※入金のみ
備考
  1. ボーナスやプロモーションが充実している

③bet365(ベットサンロクゴ)

登録のしやすさ ⭐️⭐️   (2.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)

 

中・上級者向け サイト・サポート共に英語
入出金方法
  1. 銀行振込
    入金:三井住友銀行
    出金:三菱UFJ銀行
  2. ecoPayz(エコペイズ)
備考
  1. ライブストリーミングあり
  2. 最もサイト自体は使いやすい

④WilliamHILL(ウィリアムヒル)

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)

 

初心者向け サイト・サポート共に完全日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
備考
  1. スポーツの種類と賭けるオッズが多い

⑤BONSCASINO(ボンズカジノ)

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️(5.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️  (3.0)

 

初心者向け サイト・サポート共に完全日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
  2. 仮想通貨(ビットコイン)
  3. クレジットカード(VISA・JCB・Master)※入金のみ
備考
  1. 入出金不要ボーナスあり
  2. ライブストリーミングあり

⑥PINNACLE(ピナクル)

登録のしやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
サイトの使いやすさ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)
賭ける項目・種類・オッズ ⭐️⭐️⭐️⭐️ (4.0)

 

中・上級者向け サイト・サポート共に完全日本語対応
入出金方法
  1. ecoPayz(エコペイズ)
  2. ビットコイン
備考
  1. オッズが最も高い
  2. アービトラージが可能
  3. 低オッズの提供が少ない

スポーツベッティングの賭け方・稼ぎ方

今回はおすすめサイトの1つである10ベットジャパンを例にして賭けを行っていきますね。

STEP1 TOPページからスポーツを選択する

まず始めにTOPページから【スポーツ】を選択しましょう。

この画面から『事前ベット』と『ライブベット』を選択することができます。

  1. 【ライブ】は現在開催中の試合に賭けることができます。
  2. 【次回】は3時間先など、直近の試合から探すことができます。
  3. 【サッカー】スポーツの欄からリーグを選ぶことができます。

STEP2 リーグから試合を選択する

上に表示されている【サッカー】を選択しましょう。

するとリーグが表示されます。
今回は【日本 – J1リーグ】を選択します。

試合がたくさん表示されました。

今回は【FC東京VSガンバ大阪】の試合に対して、事前ベットで賭けていきます。

STEP3 試合に賭ける

下記ように試合情報が表示されました。

『1×2 フルタイム』の【FC東京】に賭けていきます。

選択すると真ん中下にアイコンが出るので、そちらをクリックします。

『賭け金』を入力し、問題なければ【ベットする】を選択します。

無事に賭けが成立するとこの画面になります。

【オープンベット】を選択すると現在賭けている試合一覧を確認することができます。

ここではキャッシュアウトを選択することができます。

キャッシュアウトとは

キャッシュアウトとは勝敗が確定する前に、自分のタイミングで表示されている金額分を払い戻しする機能のことになります。

通常のギャンブルですと、賭けをした後に変更したりキャンセルしたりする事はできませんが、それを可能にしたのがキャッシュアウトという機能になります。

ブック君
このようにしてスポーツベッティングで稼いでいきましょう!

スポーツベッティングとは? まとめ

いかがでしたか?

今回はスポーツベッティングについて詳しく解説してきました。

日本で賭けることができるスポーツベッティングは

  1. 競馬
  2. 競輪
  3. オートレース競艇
  4. スポーツ振興くじ(サッカー)
  5. ブックメーカー(スポーツ全種)

上記のようになり、ブックメーカーが最もおすすめとなります。

スポーツベッティングは初心者でも取り組みやすく、少額から賭けることもできるので、まずは失敗して良い資金から挑戦していきましょう!

アオイちゃん
スポーツベッティングで楽しい時間をお過ごしください。