→ブックメーカーとは?分かりやすく解説

ウィリアムヒルは違法なのか?安全に利用する為の3つのルールを解説!

ウィリアムヒル(WilliamHILL)をこれから始めていきたい、使っていきたいと考えている方で、

「ウィリアムヒルって違法なのか不安…」
「ウィリアムヒルって日本でプレイしても大丈夫なのかな。」
「法律的には大丈夫なの?」

なんて疑問や悩みを持っている人も多いはず。

せっかく始めたのに、違法性を問われたり、警察沙汰になってしまったりすると楽しむどころではありません。

そこで今回は、なぜウィリアムヒルが違法などと言われてしまっているのか、法律的には大丈夫なのか、初心者にも分かりやすく解説していきます。

サブロー君
それでは解説していきますね。

ウィリアムヒル(WilliamHILL)とは

WilliamHILL(ウィリアムヒル)は世界最大手のブックメーカーのひとつであり、ブックメーカーブランドとして業界をリードする一流企業です。創業は1934年であり、ロンドン証券取引所にも上場しています。現在では世界13か国、18のオフィスで運営しており、従業員は16,000人以上と、大きな成功を収めた信頼性が高いブックメーカーです。

「とにかく信頼できるサイトでプレーしたい!」

ということなら、ウィリアムヒルで間違いないでしょう。取り扱いスポーツも多く、相撲などのマイナーなスポーツも含めて賭けることができ、特にオッズの種類が豊富なのが魅力です。それ以外に政治関連にも賭けることもできます。

ウィリアムヒル(WilliamHILL)が違法と言われている理由

それだけの企業としての実力もあり、世界で活躍しているウィリアムヒル(WilliamHILL)が、日本ではなぜ違法などと噂されてしまったのか。

結論からいうと、ウィリアムヒルはブックメーカーを取り扱っている会社であり、ブックメーカーを日本で利用することが、法律的に『グレーゾーン』だからです。

グレーゾーンとは

片方の法律から見れば違法だが、もう一方の法律から見ると合法で、なおかつ罰則を受けないものを言います。

それと合わせて、数年前はブックメーカーでアービトラージの手法を掛け合わた情報商材による詐欺が流行りました。

ブックメーカーのアービトラージとは

簡単にいうとブックメーカー運営会社の間で生じる「オッズ差」を利用して利益を目指す投資方法です。

過去にそのような詐欺が流行ったこともあり、『ブックメーカー=詐欺』のようなイメージをもたらしてしまったのです。

実際のところを言うと、ブックメーカー自体やアービトラージ自体は詐欺ではありませんし、もちろんブックメーカーの教材を販売する業者が全て詐欺ではありません。

確実に稼げると言って、サポートや中身のない教材を販売し、連絡しても返信がない突然消えるような詐欺業者が、これまで存在していたことが原因となります。

ベティーちゃん
上記のような事が過去にあり、被害にあってしまった方もいることから、ブックメーカーの中でも日本での活躍が目立つウィリアムヒルもその影響を受けたと言えますね!

ウィリアムヒルは違法なのか?

では実際のところはどうでしょうか。

先ほどもお伝えした通り、法律的に『グレーゾーン』になります。

日本国内でグレーゾーンの代表格としてはパチンコが例として挙げられます。

ウィリアムヒル(ブックメーカー)の場合、違法なのか結論づけるには、下記の4つがポイントになります。

  1. 日本では公営以外のギャンブルは法律で認められていない
  2. 日本の賭博罪は、胴元側と賭ける側の双方が罪に問われる
  3. ブックメーカーは海外の政府の認可を受けた上で合法的に営業している
  4. ブックメーカーは海外に営業所がある

日本の賭博罪を成立させるには、胴元と賭ける側の双方が必要なのですが、ウィリアムヒルの場合、胴元側が海外にあるため、日本の法律の適用外となります。
※もちろん海外ではブックメーカーは合法です。

海外旅行に行った際に、日本人が海外のカジノに参加することに特に規制されていない理由と同じであることが分かります。

サブロー君
このことから、インターネットを介して、ウィリアムヒルに対して賭けることは、日本の法律で明確に定義するものがないため、グレーゾーンとなります!
ベティーちゃん
その為、海外で運営されているブックメーカーへの参加についての違法性を問われる可能性は0に近いということが現状ですね。

ウィリアムヒルが信頼できる3つの理由

ではウィリアムヒルを使って賭けを行っていく上で、なぜおすすめできるのか。
信頼できる3つの理由について解説していきます。

  1. イギリス最大規模のブックメーカーであり上場企業の1つである
  2. 信頼できるライセンスを2つ取得
  3. 24時間365日 日本語サポート

では1つずつ解説していきますね。

①イギリス最大規模のブックメーカーであり上場企業の1つである

ウィリアムヒルの企業情報
  1. 英国最大級のブックメーカー
  2. 創業 1934年
  3. ロンドン証券取引所に上場
  4. 現在では世界13か国で運営
  5. 従業員は16,000人以上
  6. 全世界を含めると2,300以上の店舗数
サブロー君
このようにブックメーカー業界をリードする一流企業であることが分かります。
ベティーちゃん
もちろん企業のレベルが必ずしも信頼に繋がるとは言い切れませんが、これまでの実績や現在の市場規模は信用に繋がる大切な理由の1つと言えますね!

②信頼できるライセンスを2つ取得

ウィリアムヒルは下記の2つのライセンスを取得しています。

1.WHG (International) Limitedライセンス ジブラルタル政府の認可

出典:ジブラルタル政府

ジブラルタルは世界でも一流のブックメーカー・オンラインカジノの運営会社の本拠地となっており、最高水準の運営会社にのみ許可が与えられます。

2.GLI(Gaming Laboratories International)の認証

出典:ジブラルタルゲーミング委員会

GLIはゲームの公平性やキャッシュフローの透明性を掲げ、ゲームのみならず、カジノ運営や組織、セキュリティなどカジノの標準仕様を定める団体です。

このライセンスを持っているということは、それだけで運営企業の信頼性やユーザーが利用する上での安全性が保証されています。

サブロー君
第三者機関からこの2つのライセンスを取得しているため、サイトや企業の信頼性は間違いありませんね。

③24時間365日 日本語サポート

ウィリアムヒルは24時間体制で電話・チャット・Eメールの日本語サポートがあります。

ベティーちゃん
ウィリアムヒルを進めていく上で不安な点やわからないことは簡単に相談できたり、解決することができるため、安心ですね!

ウィリアムヒルを安全に利用するための3つのルール

次にウィリアムヒルを安全にプレイするための3つのルールを解説していきます。

安全にプレイするための3つのルール
  1. 18歳以上の方が利用すること
  2. 表示名は必ずニックネームとし、SNSやブログなどでプレイ状況を配信しない
  3. ギャンブル依存症に注意すること
ベティーちゃん
順番ずつ解説していきます。

①18歳以上の方が利用すること

18歳以上の方がウィリアムヒルを利用するようにしましょう。

サブロー君
17歳以下の方が利用するとアカウント閉鎖・凍結の原因となります。

②表示名は必ずニックネームとし、SNSやブログなどでプレイ状況を配信しない

アカウントの表示名は必ずニックネームとし、SNSやブログなどでプレイ状況を配信しない方が安全です。

ウィリアムヒルを利用したことによる逮捕者は日本国内ではいませんが、完全に合法とは言い切れません。

サブロー君
インターネットを介して、自宅でプレイする分には問題ありませんので、公に出してプレイすることは控えた方が賢明ですね。

③ギャンブル依存症に注意すること

ウィリアムヒルのようなブックメーカーはギャンブル・娯楽サイトに該当するので、ギャンブル依存症になる可能性があります。

ギャンブル依存症の症状として
  1. 興奮を求めて賭け金が増えていく
  2. ギャンブルをしないと落ち着かない
  3. 負けたお金をギャンブルで取り返そうとする
  4. ギャンブルのことで嘘をついたり借金したりする

といったような症状が挙げられます。

ベティーちゃん
毎月賭けに使う予算を決めながら、娯楽としてウィリアムヒルを取り組みましょう。

【結論】ウィリアムヒルはルールを守ってプレイすれば安全である

いかがでしたか?

ウィリアムヒルの安全について解説してきました。

ウィリアムヒルの安全性まとめ
  1. ウィリアムヒルは世界最大手のブックメーカーであり、運営企業は一流である。
  2. ウィリアムヒルが違法と言われてる理由は日本で利用することが法律で『グレーゾーン』だからである。
  3. 現時点では、 ウィリアムヒルを利用したことによる逮捕者は日本国内で1名も出ていない。
  4. ウィリアムヒルを安全にプレイするためには18歳以上で、公に出さず、インターネットを介して、自宅でプレイすること。
  5. ギャンブル依存症には注意すること。
サブロー君
上記の内容を理解した上で、ルールを守り、ウィリアムヒルを利用することで、安心してプレーに取り組むことができます。