Sticpay(スティックペイ)とは?登録方法とブックメーカーの入出金方法を解説

ブックメーカーの入出金方法としてecoPayz(エコペイズ)の他に、Sticpay(スティックペイ)があります。

今回の記事では

「Sticpay(スティックペイ)の登録の仕方ってどうやるの?」
「Sticpay(スティックペイ)はどんな決済サービスなの?安全性についても知りたい。」
「Sticpay(スティックペイ)の使用方法でつまづきたくないから、教えてほしい!」

このような方向けに記事を書いていきます。

Sticpay(スティックペイ)を使ってみたいけれど、登録方法や使用方法がいまいちイメージが湧きづらく、不安ですよね。
登録方法をミスって、ブックメーカーを始めることができなくなったら、やる気を無くしてしまい、めんどくさくなってしまうはず。

そこで今回は、Sticpay(スティックペイ)の登録方法を解説することはもちろん、実際に入出金できるのか検証していきます

初心者の人は、この記事を読みながら一緒に登録作業から進めていけば、間違いなく運用を開始できること間違いなしです。

ブック君

それでは、以下のボタンから公式サイトへ移動できますので、一緒に開設を進めていきましょう

Sticpay(スティックペイ)公式サイトへ

Sticpay(スティックペイ)とは?

アオイちゃん

国境のない世界で使用できる電子決済です! Sticpay(スティックペイ)を通して相手が全世界どこにいても1分以内に全ての送金処理が可能なシステムになります

Sticpay(スティックペイ)の概要

運営法人 STIC FINANCIAL LTD
住所1 Inomenon Ethnon 44, 6042, Larnaca, Cyprus
住所2 Kemp House 152-160 City Road, London, EC1V 2 NX, United Kingdom
レギュレーション イギリスFCAライセンス(金融ライセンス最高峰)
登録番号 902112

Sticpay(スティックペイ)の3つの特徴

  • 海外送金が非常に便利で、送金スピードが1分以内と早く、安全である。
  • 加盟店であるブックメーカーやオンラインショップで使用できる。
  • 全世界初である現地銀行出金サービスが便利である。

現地銀行出金サービスとは?

現在は現地銀行への出金可能な国は7カ国に提供しています。

日本・インドネシア・韓国・フィリピン
シンガポール・中国・マレーシア

通常の海外銀行送金は2~3日くらい掛かり、出金申請をした銀行口座に国際送金の履歴として残りますが、
Sticpay(スティックペイ)のの現地銀行出金は国内銀行から国内銀行への送金履歴として記録されとても使い勝手がよいです。

Sticpay(スティックペイ)が対応しているブックメーカー

ブック君

当サイトでは下記のブックメーカーで使用できるよ!

  • 22bet(トゥエンティトゥベット)
  • 10betJapan(テンベットジャパン)
  • sportsbet.io(スポーツベットアイオー)

当サイトではこれらのブックメーカーのサイトで共通して使用することができるのでとても心強い決済方法になります。
下記に登録方法を記載しておきます。
⬇️こちらをクリック⬇️

Sticpay(スティックペイ)の登録方法について

アオイちゃん

では、Sticpay(スティックペイ)の登録方法を詳しく解説していきます

今回は、スマホ画面で登録の手順を紹介してきますが、PCでも同じ手順になりますので、同じように進めて貰えればOKです。
スムーズに進めることができれば、口座開設の申し込み自体は、およそ3分程度で完了します!

Sticpay(スティックペイ)公式サイトへ

STEP1 サイトから口座開設ページへ

ブック君

まずはSticpay(スティックペイ)の公式サイトにアクセスしましょう!

Sticpay(スティックペイ)の公式サイトを開き、画面中央の【STICPAY口座開設】を選択します。

STEP2 必要事項を入力

まずは【メールアドレス】と【名前】を記入しましょう!

上記の画像を参考に、必要事項を入力してください。
※全て半角英数字での入力となります。

パスワードに関しましては小文字、大文字、数字を最低1つ以上含む必要があります。8~16文字以内で入力するようにしてください。

全てレ点をつけて、【次へ】を選択してください。

STEP3 電話番号を認証

電話番号を入力し、【認証コード送信】を選択してください。

入力した電話番号にSticpay(スティックペイ)から認証コードが送られてきます。

認証コードが承認されましたらレ点をつけて【次へ】を選択してください。

STEP4 登録完了

こちらで口座開設完了です。

このように登録したメールアドレスに届きます。

アオイちゃん

登録自体はこれで完了です!次はログインしてからの設定を行っていくよ!

Sticpay(スティックペイ)2段階認証

現在のSticpay(スティックペイ)では、2段階認証の必要があります。簡単にできますので、さっそくやっていきましょう。

まずはメールアドレス・パスワードを入力し、ログインをしましょう。

続いて【設定】を選択し、2段階認証をしていきます。

OTPアプリケーション・メールアドレス・携帯電話番号の3つがありますが、こちらでは【メールアドレス】を選択して進めていきます。

入力したメールアドレスに『認証コード』が届きます。

そちらを入力すると認証完了となります。

ブック君

これで2段階認証ができるようになりました!次は本人確認を行っていきましょう!

Sticpay(スティックペイ)の本人確認手順

Sticpay(スティックペイ)のサービス全てを利用するためには身分証明書と居住証明書を1つずつアップロードし、承認される必要があります。

アオイちゃん

これらの書類が承認されない場合、1日あたり100ドル、1回50ドルの制限があり、出金もできませんので、本人確認は必ず行いましょうね

 STEP1 必要書類をアップロード

画面提出する上での注意点について
  • 全面が鮮明であること。
  • 書類の四隅まで全体が完全に画像に収まっていること
  • 口座作成時に登録した住所と同一の住所が記載された書類を用意すること

【書類】を選択し、【口座】を選択します。
すると画像のように居住証明書の提出画面になります。

居住証明書

公的機関より発行されたもので住所、名前、3ヶ月以内の発行日、発行機関名が確認できる書類が対象となります。

水道、電気、ガス、電話料金などの公共料金の領収書、銀行明細書、クレジットカードの取引明細書、納税証明書、住民票などになります。請求書でも可能ですが、支払い前のものに限ります。

身分証明書

パスポート、マイナンバーカード、運転免許証の書類が対象となります。

どの書類を提出するか選択し、マイナンバーカードか運転免許証の場合は両面アップロードします。
そして書類の有効期限と書類番号を入力します。

各種書類のアップロードと住所の入力が完了したら、【送信】ボタンをクリックします。

STEP2 受付完了

書類のアップロードが完了するとSticpay(スティックペイ)から受付完了メールが届きます。
1〜2日の審査期間が終了し書類が承認されると、Sticpay(スティックペイ)の全てのサービスの利用が可能になります。

※なお、書類の審査が完了しなかった場合はSticpay(スティックペイ)サポートの指示にしたがって不足の書類を再度提出するようお願いします。

アオイちゃん

本人確認が承認されるとメールが届くよ!必ずメールを確認するようにしようね!

実際にSticpay(スティックペイ)をブックメーカーの入金で使用してみます

続いてブックメーカーの入金を実際にやってみます。

順番は以下の通りです。

入金の流れ
①お手元のクレジットカードなど→②Sticpay(スティックペイ)→③ブックメーカー
出金の流れ
①ブックメーカー→②Sticpay(スティックペイ)→③お手元の銀行など

Sticpay(スティックペイ)に入金する手段

入金方法 手数料
クレジットカード入金 1.5~3.85%
ビットコイン入金 1%
海外銀行送金※1  2%
国内銀行送金※2

※1 海外銀行送金は入金先の銀行口座がUSD(米ドル)ですので日本円の銀行口座からは両替手数料が上記の手数料以外に余計にかかります。さらに入金反映にも3~5営業日も要してしまいます。
※2 国内銀行送金でスティックペイに入金した資金をブックメーカーに使用すると、ブックメーカーに資金を送れなくなります。

以上のことから、まとめると日本でSticpay(スティックペイ)に入金するときは

  • クレジットカード(デビットカード)
  • 仮想通貨(ビットコイン)

が主流と見て良いでしょう。

ブック君

この記事では、クレジットカード(デビットカード)、ビットコインの2つの入金方法について解説していくね

クレジットカードからSticpay(スティックペイ)に入金する

STEP1 カード写本(コピー)アップロードする

クレジットカード入金の場合は入金前にカード画像をアップロードし、認証してもらう必要があります。

アオイちゃん

アップロードしたカード画像が認証されるまでは入金できませんので気をつけてくださいね

では手順を解説していきます!

【入金】を選択し、【クレジットカード】を選択します。
続いて【カード写本(コピー)アップロード】を選択します。

クレジットカードを送る際の注意点ですが、カード番号の先頭と下4桁以外は見えないようにし、裏面も3桁のセキュリティナンバーも隠し、アップロードする必要があります。下記の写真のように撮影する必要があります。

上記画像はサイトに掲載するため、名義部分などにモザイク処理をかけています。カード番号を隠すときは物理的な紙などで隠すことが条件になります!

ブック君

実際に提出する画像に、上記の画像のようなモザイク処理は不要ですのでご安心くださいね

表裏の合計2枚をアップロードし、さらに画面下部でカード情報を入力します。
最後に【次へ】をクリックします。

ステータスが『待機中』になればOKです。許可がおりましたら以下の画像のように反映されます。

筆者の場合、申請自体は数時間で承認されました。

STEP2 クレジットカードでSticpay(スティックペイ)口座に入金する

アオイちゃん

クレジットカードの写本アップロードが承認されたら、実際に入金操作を行っていきます

左メニューの【入金】を選択し、【クレジットカード】を選択しましょう。アップロードしたクレジットカードの一部の番号が記載されています。
続いて入金する金額を入力していきましょう。

【カード番号】を入力し、【月/年 CVC】を入力していきましょう。
【Money In】を選択します。

「入金額-3.85%の手数料」の金額が最終的にアカウントに入金されますので、例えば5,000円入金申請をすると、最終的に4,807円がSticpay(スティックペイ)口座に反映される仕組みです。

STEP3 入金完了

数分後、画像のようなメールが届きました。こちらで入金完了です。

ブック君

入金反映まで通常約5分程度になります

ビットコインでSticpay(スティックペイ)に入金する方法

一般の仮想通貨取引所やSportsbet.io(スポーツベットアイオー)などの仮想通貨を直接購入できるブックメーカーから
Sticpay(スティックペイ)にビットコインを送付する方法を解説していきます。

取引所から入金する

ビットコインでSticpay(スティックペイ)に入金するときは、左メニューの【入金】、【仮想通貨】を選択して進むと、上記の画面が表示されます。
画面中央に赤の矢印で指しているビットコイン入金アドレスをコピーしてください。
このアドレスをコピーし、ビットコインを保有しているウォレットや取引所のサイトから
出金操作を行うことで入金することができます。

仮想通貨の取引所について

仮想通貨の取引所に関しましては、筆者に関しては、仮想通貨を14種類取り扱っているCoincheck(コインチェック)を使用しています。仮想通貨取引所の中でも14種類と最多で、安心して使用することができます。誰でも簡単に登録することができますので、挑戦してみたい方は登録してみてください。

Coincheck(コインチェック)について
取扱暗号資産 14種類:BTC(ビットコイン)、XRP(リップル)、ETH(イーサリアム)、BCH、XEM、FCT、LSK、LTC、ETC、XLM、MONA、QTUM、BAT、IOST
取引手数料(BTC) 取引所:0%
最低取引単位(BTC) 取引所:0.005BTC(円建てで500円相当額)
販売所:円建てで500円相当額
形式 販売所・取引所
レバレッジ取引 なし

国内最大級の14種類の仮想通貨を取り扱い、国内最大級の14種類の仮想通貨を約500円から買うことができます。

アプリから簡単売買もでき、Coincheckのビットコインアプリは国内最大級の274万DL
圧倒的な使いやすさで多くの方から支持されています。価格チェックも簡単にできるので、安心して売買することができます。

ちなみに本人情報と本人確認書類(パスポートや運転免許証)があれば始めることができます。

Coincheck(コインチェック)登録公式サイトはこちら
 

Coincheck(コインチェック)登録方法について解説されている記事もありますので合わせて添付しておきます。

Coincheck(コインチェック)登録方法について解説
 

Coincheck(コインチェック)登録解説動画はこちら

Sticpay(スティックペイ)からブックメーカーに入金する

アオイちゃん

今回は10betJapan(テンベットジャパン)を例にして入出金を行っていくね!

これまでの作業でSticpay(スティックペイ)の口座には入金できているので、口座から直接10betJapan(テンベットジャパン)に入金します!

STEP1 10betJapan(テンベットジャパン)にログインする

10betJapan(テンベットジャパン)のサイトにログインします。

STEP2 入金するを選択

【入金】を選択します。

決済方法メニューから【STICPAY】を選択し、【入金額】を入力し、【ご入金】をクリックします。

入金額を入力したら、【Complete purchase】を選択。
これで入金完了です。

Sticpay(スティックペイ)を通して出金する

ブック君

続いて10betJapan(テンベットジャパン)を例にして出金作業を行っていきます!

STEP1  10betJapan(テンベットジャパン)の本人確認書類

ブックメーカーでは出金する際に、本人確認書類の提出が求められる場合があります。
その際には必ず提出してから出金作業を行っていきましょう。

アオイちゃん

海外のブックメーカーのほとんどは入金までは本人確認は求められませんが、出金で求められるケースが多いです。登録の際には必要なくても、提出する認識を持っておきましょうね!

STEP2  出金するを選択

続いて、Sticpay(スティックペイ)へ出金する方法を解説します。
最小出金額は1,000円、最大出金額は50万円です。

TOPページから最上段右にある【人アイコン】を選択してください。

続いてクリックメニューの中から【出金】を選択してください。

決済方法で【Sticpay(スティックペイ)】を選び、
『出金金額』を入力、【払い戻し】を選択します。

【Complete withdrawal】を選択します。

これで出金申請が完了です!

STEP3  Sticpay(スティックペイ)からご自身の銀行に出金

Sticpay(スティックペイ)からの出金方法については、以下の方法があります。

出金方法 手数料
海外銀行送金(Bank Wire) 5%
国内銀行送金(Bank Wire LOCAL) 800円+1.5%
仮想通貨(bitcoin、Litecoin、ethereum) 1%

Sticpay(スティックペイ)からの出金も、入金と同様にログイン画面左にある【出金】をクリックして展開した先で選択できます。

銀行送金は「海外銀行送金」のことで、国内銀行送金とは区別されているため、注意が必要です。
「海外銀行送金」と「国内銀行送金」の違いは以下のような違いがあります。

  • 国内銀行送金
    Sticpay(スティックペイ)と提携した現地の銀行から送金を行う
  • 海外銀行送金
    海外から複数の銀行を経由して送金を行う

海外銀行送金に比べて国内銀行送金のほうが手数料も時間も節約になります。
日本にはSticpay(スティックペイ)と提携している銀行があるので、基本的には「国内銀行送金」を選択すれば問題はありません。

まず、【出金】→【国内銀行送金】を選択し、【国内銀行出金口座管理】を選択します。

銀行名や口座番号など正しく入力しましょう!

ブック君

銀行口座情報の誤りにより、出金額が返送となってしまった場合、1,000円の返送手数料が差し引かれてしまいますので、気をつけてくださいね!

登録が終わりましたら、【出金金額】を記入し、【NEXT】を選択します。

STEP4  ご自身の銀行に出金完了

【認証メール送信】を選択します。

登録しているメールアドレスに『認証コード』が送られてきます。

入力すると上記の画像のようになるので、【次へ】を選択します。

こちらで出金申請完了です。

登録しているメールアドレスに上記のようなメールが届きます。

アオイちゃん

入金・出金共に確認することができました!皆さん安心して使用してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、Sticpay(スティックペイ)の登録から入出金まで画像で解説してきました。

Sticpay(スティックペイ)の手順を理解いただけましたか?

Sticpay(スティックペイ)の登録・入出金は、手順が多いですが、慣れてくるとスピード感持って手続きをする事ができるようになります。
複数のブックメーカーでも使用することが出来るので、1つの入出金手段として持っておくと、とても便利です。

Sticpay(スティックペイ)公式サイトへ
 

ブック君

今回の記事が、ブックメーカーの入出金やSticpay(スティックペイ)を始める手助けになれば、嬉しいです