→【随時更新中】ブックメーカーW杯 オッズ比較・実質負けなしの登録ボーナス・その他無料イベント・お得なプロモーションをまとめています

ブックメーカー入金方法を完全解説!おすすめ手段と入金できない原因なども紹介!

ブックメーカーを楽しむにあたり、入金方法で悩まれる方は多いのではないでしょうか。

各ブックメーカーを運営している会社は海外に拠点を置いているため、必然的に国際送金しなければなりません。

今回は国際送金と聞いて苦手だなと感じる方でも簡単に感じられるブックメーカーの入金方法を解説します。

アオイちゃん

この記事を読めばブックメーカーの入金で悩まずに済みます

ブックメーカー入金方法

入金方法特徴
①銀行振込1サイトのブックメーカーを利用するのにおすすめ
手続きが少なく手軽に利用できる
着金までに時間がかかる傾向にあり
(サイトによって異なる)
手数料がネット口座より抑えられる可能性が高い
サイトによって失敗する可能性がある
②クレジットカード
デビットカード
手軽に利用でき入金反映も早い
出金には別の決済方法を用意しなければならない
手数料が高くなりやすい
サイトによって失敗する可能性がある
③Eウォレット
(ネット口座)
複数のブックメーカーを利用するのにおすすめ
1つのアカウントで複数のブックメーカーに利用できる
複数の通貨を保有できる
ネット口座とブックメーカーサイト間では手数料はかからない
お手元の銀行口座との入金・出金と共に手数料がかかる
(手数料が高くなりやすい)
Eウォレットによって対応しているブックメーカーは異なる
④仮想通貨高額ベットを行いたい方向け
手数料が安くなりやすい
着金速度が早い
海外仮想通貨取引所の利用を推奨
※国内仮想通貨取引所では入出金がほぼできない

ブックメーカーサイトで入金方法を確認すると、何種類も決済手段が提示されます。

しかし、ブックメーカーで利用できる決済方法を分類ごとに整理すると、上記の4種類しかありません。

ブック君

それぞれ長所・短所が存在するため自分に合った入金方法を利用することが重要です

入金方法①銀行振込

銀行振込の入出金フロー

  • 入金:
    お手元の銀行→ブックメーカーサイト
  • 出金:
    ブックメーカーサイト→お手元の銀行

銀行振込は、手軽に利用できる魅力がある入金方法です。

口座登録やカードの発行手順、本人確認書類の提出など、ややこしい手続きがありません。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行など大手銀行を利用できる点も嬉しいポイントです。

ただし、銀行振込にも以下のようなメリット・デメリットが存在します。

メリット

  • 導線がシンプルで簡単
  • ネット口座より手数料が抑えられる
  • 入金は手数料がかからないことが多い
    出金は手数料がかかる
  • 1サイトのみのブックメーカーを利用する方に向いている

デメリット

  • 銀行振込はブックメーカーサイトによって失敗する可能性あり
  • 入金が反映されるまで時間がかかる場合がある
    (1日以内で着金する)
  • 為替手数料や、銀行側の振込手数料がかかる場合あり

銀行振込の利便性はブックメーカーサイトによって差があります。

大手サイトであれば、安定した入金処理が実行されますが、他の入金方法と比べると入金まで時間がかかる場合もあります。

とはいうものの1日以内で着金することがほとんどですので、ご安心ください。

銀行振込が安定しているブックメーカー
  • Sportsbetio(スポーツベットアイオー)
    入金速度は早い
    出金速度は数日かかる
  • bet365(ベット365)
    出金:三菱UFJ銀行のみ
    ※入金は三井住友SMBCデビットがおすすめ
  • Stake(ステーク)
    入金速度は早い
    出金速度は数日かかる
  • カジ旅
    入金速度は早い
    出金速度は数日かかる
ブック君

導線がシンプルで対応しているサイトは使いやすいです。
出金する度に一定の為替手数料がかかるのは致し方ないですね。

入金方法②クレジットカード・デビットカード

クレジットカードの入出金フロー

  • 入金:
    クレジットカード→ブックメーカーサイト
  • 出金:
    ブックメーカーサイト→お手元の銀行もしくはEウォレット

クレジットカードはEウォレットより手軽で、銀行振込よりも反映が早い入金方法です。

カード番号を入力するだけで入金が完了し、即時反映される利便性は大きいです。

すでにクレジットカードを発行している方にとっては、最も手軽で便利な入金方法といえます。

そんな便利なクレジットカード入金ですが、実は今回解説する入金方法の中で最もおすすめ度が低い決済方法です。

メリット

  • 導線がシンプルで簡単
  • 着金スピードが早い

デメリット

  • クレジットカードはブックメーカーサイトの入金で失敗する可能性が最も高い
  • デビットカードはクレジットカードよりかは成功率が高いが総じて低い
  • 入金はできるが出金方法は別の手段を用意する必要あり
  • カード会社によってギャンブル用途に利用できない場合がある
  • サイトによっては利用できるカードブランドが頻繁に変更となる
    VISA・MasterCardの対応サイトは多め
  • 手数料がかかる場合が高い(中間決済会社によって手数料が異なる)
    2%〜以上

クレジットカードで入金しても、そのままでは出金できません。

結局、銀行振込かEウォレットを利用することになるため基本的にはクレジットカードでの入金は、あまりおすすめできません。

ただし、下記のサイトでは比較的安定したクレジットカード入金が行えます。

クレジットカード・デビットカードが安定しているブックメーカー
アオイちゃん

どのブックメーカーでどのクレジットカードが相性が良いのか分からないため、何度か挑戦するのが良いでしょう!
ただし、手数料は銀行振込より高いので、注意が必要です。

入金方法③Eウォレット(ネット口座)

Eウォレット(ネット口座)の入出金フロー

  • 入金:
    お手元の銀行・クレジットカード→Eウォレット→ブックメーカーサイト
  • 出金:
    ブックメーカーサイト→Eウォレット→お手元の銀行

Eウォレット(ネット口座)とは、国際間取引ができるオンライン電子口座のことで、1つの口座に複数の法定通貨や仮想通貨を保有することも可能です。

ブックメーカーはサイトによって利用できる法定通貨や仮想通貨の種類が異なります。

メリット

  • ネット口座の代表格であるecoPayz(エコペイズ)もしくはMuchbetter(マッチベター)は、ほとんどのブックメーカー・オンラインカジノに対応している
  • 銀行振込・クレジットカード・仮想通貨による入金ができる
  • ネット口座とブックメーカーサイト間では手数料はかからない
  • 複数のブックメーカーで遊ぶ方に向いている

デメリット

  • 入金・出金の両方に手数料がかかる
  • 本人確認に時間がかかる

複数のブックメーカーを楽しむならば、用意しておきたい入金手段といえます。

ブック君

Eウォレットは種類も豊富で、それぞれ特徴が異なります
おすすめの3つを解説していきます!

①ecoPayz(エコペイズ)

日本におけるEウォレットの代表格といっても過言ではないのがecoPayz(エコペイズ)です。

セキュリティが強固で日本語も対応している安心感があり、ほとんどのブックメーカーで利用できます。

入金方法特徴反映時間
銀行振込
(Wire Pay)
・誰でも使える
・手数料が5%
・通貨が異なる場合、為替手数料がかかる
当日〜3営業日
仮想通貨
(Alternative Payments)
・手数料が無料
・仮想通貨が必要
当日〜3営業日
プリペイド決済
(ecoVoucher)
・クレジットカードが使用できる
・専用サイトから購入が必要であり、手間がかかる
即時反映
出金は銀行口座のみ(仮想通貨不可)

短所としては、利用制限を解除するために本人確認書類を提出しなければならない点が挙げられますが、逆にいえばそれだけセキュリティを重視しているということです。

また、お手元の銀行口座に入出金する度に一定の手数料がかかるのも懸念点ですが、ブックメーカーを楽しむなら、とりあえずアカウントを作っておきたいEウォレットです。

アオイちゃん

基本的にはecoPayz(エコペイズ)一択です!

②Muchbetter(マッチベター)

エコペイズに次いでチェックしておきたいのが、Muchbetter(マッチベター)です。

Android&iPhone対応のアプリを提供しており、国際的な受賞歴も多数獲得するほどの実力があります。

多くのブックメーカーでも入金方法として実装されていることからも、今後メジャーなEウォレットとなることが期待されていることが伺えます。

入金方法最小入金額手数料
Astropay10€6%
UnionPay10€4%+定額デポジット
クレジットカード(JCB)10€0%
仮想通貨(BTC,ETH,LTC)10€2%
銀行振込の入金は非対応
出金は銀行口座・仮想通貨となる

ただし、サポートの品質はあまり高くないという口コミも見受けられます。

ecoPayz(エコペイズ)の本人確認がうまくいかなかった場合に利用するのがおすすめです。

ブック君

こちらも2番目におすすめできるネット口座です!

③STICPAY(スティックペイ)

ブックメーカー用のEウォレットとして、STICPAY(スティックペイ)もチェックしておきたいサービスです。

国内での知名度や利用できるブックメーカーはエコペイズに劣りますが、29種類以上の法定通貨と仮想通貨(ビットコイン、ライトコイン)に対応している強みがあります

Eウォレットとしての性能も優秀で、Android&iPhone対応のアプリも提供しています。

入金方法手数料
銀行送金(日本)2%(最小入金額5,000円)
銀行送金(国際)1%
クレジットカード3.85%(VISA、mastercard)
仮想通貨1%(ビットコイン、ライトコイン)
銀行入金はギャンブル目的は不可
クレジットカード・仮想通貨のみ

STICPAY(スティックペイ)対応ブックメーカー

ブック君

今後、さらなる日本市場の拡大が期待されるEウォレットといえます

入金方法④仮想通貨

仮想通貨の入出金フロー

  • 入金:
    お手元の銀行→海外仮想通貨取引所→ブックメーカーサイト
  • 出金:
    ブックメーカーサイト→海外仮想通貨取引所→国内仮想通貨取引所→お手元の銀行

金融資産として注目されている仮想通貨もブックメーカーの入金に利用できます。

ブックメーカーに仮想通貨で入金するメリットは何といっても手数料の安さと反映スピードです。

仮想通貨は各国の金融機関などを経由せず個人口座からオンライン取引できます。

そのため手数料が無料もしくは格安となりやすく、銀行振込やEウォレットよりも着金が早い強みがあります。

メリット

  • 手数料が最も安い(入金・出金)
  • 入金・出金と共に着金スピードが早い
  • 高額によるプレイに向いている

デメリット

  • 海外仮想通貨取引所を使用する必要がある
    (日本金融庁の登録がされていないため、撤退のリスクも少なからずある)
  • 手元の銀行口座に入金するのは国内取引所に送金する必要がある
    日本円に戻す為替手数料がかかる

2022年4月より金融庁から要請されたトラベルルールの実施により、国内取引所からブックメーカーへの仮想通貨入金が困難となりました。

そのため、ブックメーカー入金に仮想通貨を利用するのであれば、海外取引所の利用が推奨されます。

海外仮想通貨取引所おすすめ
  • Bybit(バイビット)
  • BINANCE(バイナンス)
  • Bitget(ビットゲット)など
仮想通貨ブックメーカーおすすめ

上記の3サイトでは仮想通貨のまま賭けてプレイすることができ、おすすめです。
他のサイトでは日本円通貨となるため、為替手数料がかかります。

ブックメーカーに入金できない原因と対策

ブックメーカーに入金できない。

そんなトラブルに遭遇したら下記の原因が当てはまらないかチェックしてください。

  1. 銀行・Eウォレット・クレジットカードカードの名義とブックメーカーの登録名義が異なる
  2. 銀行・クレジットカード会社がギャンブル関係への利用を禁止している
  3. クレジットカードの3Dセキュア認証をしていない
  4. クレジットカードの利用上限額を超えようとしている
  5. 国内仮想通貨取引所を利用している

クレジットカードでブックメーカーに入金しようとすると失敗する可能性が高いです。

失敗が続くようであれば銀行振込やEウォレット、仮想通貨での入金を検討してみてください。

まとめ

海外に拠点を置くブックメーカーへの入金は、初心者の方がつまづきやすいポイントです。

ブックメーカーでの入金で困ったときは、カスタマーサポートに相談するのもオススメです。

当サイトで紹介しているブックメーカーのほとんどは、日本語でサポート対応しています。

ブック君

優秀なサイトだけを紹介しています!参考にしてください

この記事を書いた人
ブックメーカー研究所 編集部

ブックメーカーを始めて約5年のブックメーカー愛好者が立ち上げたメディアです。難しい専門用語をできるだけ使用せずに、初心者に分かりやすく、正しい情報やスポーツベッティングの楽しさを発信しています。

【2022年最新版】ブックメーカーおすすめ

「ブックメーカー研究所」では、日本人におすすめできるブックメーカーの紹介や登録方法をはじめ、実際の賭け方や勝ち方、予想、分析方法まで満足できる情報を発信しております。

おすすめブックメーカーは、特に厳選しており、満足できるサイトをピックアップしています。今日本で最も熱いブックメーカーサイトをチェックしてみてください。