まず初めに『ブックメーカー』について理解しよう!

ブックメーカー研究所とは

ここではみなさんにもっと知って欲しいブックメーカー研究所の情報を全てさらけ出しました!

ブックメーカー研究所を運営する理由など、ブックメーカー研究所のメンバーの熱意想いがこちらの記事に詰まっていますので、ぜひ読んで見てください。

ブック君

初めまして!ブックです!このサイトを盛り上げて行けるように頑張っていきます!

アオイちゃん

アオイです!ブックメーカー初めはなかなか上手くいきませんでしたが、今は少しづつ収益を出すこともでき、慣れることができました!読んでくださる方に少しでもお力になれるように頑張ります!

サブロー君

サブローです!ブックメーカーは娯楽としても副業としても使える汎用性の高いサイトです。皆さんに少しでも知って貰えたら僕も嬉しいです!

ベティーちゃん

ベティーです!ここのページはブックメーカーに関して詳しく記載しています。最後まで読んでみてくださいね!

ブックメーカー研究所とはどんなメディア

ブックメーカー研究所は、「ブックメーカー投資に関してありとあらゆる角度から徹底的に分析し、わかりやすく解説したメディア」になります。

毎日、自分自身でトレードをするなど、ブックメーカーを日々研究しています。
つまり、毎日ブックメーカーで賭けを行っている「ブックメーカー愛好者」が作り上げたサイトになります。

ベティーちゃん

私はブックメーカーの賭けに収支をつけて頑張っているよ!

「面白い試合あるじゃん〜」
「この賭け方したら面白いよね〜」
「こうすれば負けない試合の賭け方ができるよ!」
「この入出金すれば手数料低いし、このブックメーカーはこんな理由でオススメだよね。」

などなど、毎日の会話のほとんどがブックメーカーの会話です。

ブックメーカー研究所を作ったきっかけとは

ブックメーカー賭けを行っているとブックメーカーをやったことがない人や、これから取り組んでいきたい人からよく、こんなことを言われてきました。

「ブックメーカーって海外サイトだし危なそう…」
「Fxや株より簡単そうだけど、でもギャンブルサイトだし難しそう…」
「そもそもブックメーカーって安全なの?」
「実際の登録方法も難しそうだし、賭け方もわからない…」

など…

そこで僕らは、ブックメーカーを初心者でも簡単に始められて、どのように利益をあげれるのか、悩みに悩みました。

そこで答えが出たのが「正しい努力と正しい行動をすること」です。

「でもブックメーカーを投資としてやっている人、周りにいないよ…」

確かに、ブックメーカーに関しては周りの人に聞いても知らない人も多く、ググっても情報はありますが、局所的な内容も多く、正しい情報を得るにはどのサイトを見れば良いか悩んでしまいますよね。

なぜなら、ブックメーカー自体がイギリス発祥であり、日本のギャンブルより一歩二歩先に進んでいるという事もあることから、日本社会にまだ浸透していないからです。

日本だと賭け事と聞くと良い印象を受ける人は少ないかもしれませんが、ヨーロッパでは、ブックメーカーは主要な娯楽の一つとして多くの人々に楽しまれています。

ブックメーカーには、スポーツだけではなく天気の予想や選挙結果の予想なども対象のものもあり、人々の生活や文化に馴染んでいることが分かりますね。

ブックメーカーは事前に配当率(オッズ)を提示し参加者を募集し賭けを行い、そのオッズ差で生まれる賭け金の一部をブックメーカー側は手数料として取っております。

パチンコや競馬等では、事前にオッズが掲示されていて試合に賭ける事ってないですよね。またブックメーカーは試合中にも賭けることも可能であり、日本のギャンブルとはレベルが違います。

アオイちゃん

本質を知れば知るほど、これからも流行すること間違いないといえますね!

そこで

「ブックメーカーの魅力や本質がわかるメディアを僕らで作っちゃおう!」と言う感じで
ブックメーカーのメディア「ブックメーカー研究所」を始めました。

実際にブックメーカー研究所のメンバーはブックメーカーによる賭けをしていますし、かなりの知識を持っています。(なんてってたって毎日スポーツ試合情報や最新ニュースとにらめっこしてますから…)

ブックメーカーの知識がない人でもわかりやすくてかつ面白いメディアにしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

サブロー君

よろしくお願いしますー!

ブックメーカー研究所を運営する理由とは

「ブックメーカーがなんとなーく怖くて、一歩足がでない…」
「ブックメーカーは難しそうだし、勉強しなきゃいけない…」
「やりたいけど実際、何から始めればいいのかわからない…」

など悩んでいる人の価値観をぶっ壊して、楽しいブックメーカーの世界へ導いてあげたいからです。

「ブックメーカーを知らず、競馬や宝くじ、パチンコなどのギャンブルをやっている人は人生のほとんど損している」と僕は思っています。

ここで売上に応じた賭けに参加したユーザーへの還元率を確認して行きましょう。
還元率とは胴元の取り分(控除率)を除いた賞金の払戻し率のことを言います。

賭ける項目 還元率
ブックメーカー 90%~98%
パチンコ・パチスロ 80%~85%
競馬、競艇、競輪等 58.5%
サッカーくじ 49.6%
宝くじ 45.7%

出典:宝くじ・公営競技・サッカーくじの実行還元率|総務省

ベティーちゃん

ブックメーカー圧倒的だね!

ブック君

もちろんブックメーカーは必ず勝てるわけではなく、自分次第になるけれど、他のギャンブルと比べて勝てる可能性は高いといえるね!

サイト運営メンバーでは、サッカーのフルタイムが90分、ハーフタイムが45分という事実を知らなかった人もいますが、今ではサッカーなどの試合に賭けて会社員以上の利益を上げている人もいます。もしあなたが、スポーツの世界に疎くても株や経済の勉強をして株、FXを取り組むよりも圧倒的に勝ちやすいギャンブルだと思います。

現にカジノ等は運の要素がとても強いですし、 株やFXで利益を出そうと思ったら、チャートを読む訓練や、本気で政治経済について詳しくなければなりません。

その点ブックメーカーであればスポーツにだけ精通していれば、その低い手数料を武器に取引を繰り返せば勝率はぐっと上がります。

現にブックメーカーを専業として生活しているプロも日本にはいます。
今の人生を一気に変えましょうとか、人生逆転だ!みたいな話はしていません。

「いつものランチのデザートが追加できる余裕」
「彼女(彼氏)と旅行の機会を6ヶ月に1回から3ヶ月に1回へ」
「7畳1Kの家から1LDKへ引っ越しする」

などの今よりも少し贅沢ができるような生活をブックメーカー研究所で提供できればいいなと思っています。

ブックメーカーの強みであるライブベットについて

試合が始まる前の事前ベットと、ブックメーカーの特徴であるライブベット(試合の途中から賭け)を行うことができます。
日本にあるギャンブルは事前に試合の勝敗を予測して賭けることがほとんどですが、ブックメーカーは両方賭けることができます。

例えばですが、

「この試合なら賭けたら勝ちそう!」
「後半はこのような試合の展開が予測できる!」

試合の中盤になるとこのように思う方もいらっしゃると思います。

また事前ベットだと最初から試合がつまずいてしまうとやる気が失せてしまうこともありますが、
ライブベットであればそんなことはありません。

試合の途中から賭けることができるからこそ、勝率を上げることも可能なのです。

ベティーちゃん

ライブベットはブックメーカーならではの長所といえますね!

ブックメーカー研究所の成り立ちについて

先ほど少し触れましたが僕らは5年前からブックメーカーをし始めました。始めたころは初心者だったこともあり、みんな「ブックメーカーで人生逆転だ!お金持ちになれる!」

など胸を膨らませていました。

しかし人生そんなカンタンにはいきませんでした。

毎日トレードをするたび、損が増えていったり、バイトをして貯金を作ったり、、、お金を溶かしたり、ここには書ききれませんが、挫折の連続でした。

もちろん途方に暮れる、、、こともありました。

でもただただ悔しかった。

お金もないし、情報も人脈もない。

それなら、情報を自分で取りに行くしかないなと思って、ひたすら毎日ブックメーカーの勉強をしました。

アオイちゃん

初めのうちはなかなか上手くいかないことも多いよね!

ブック君

でも、今となったらよき思い出です…!

でも日本人はブックメーカーを投資として行うことを敬遠する人も少なくありません。

やはりブックメーカーを行うことに対して

「少し怖いな…」
「すげー、難しそうなんだよね…」

「やりたいけどブックメーカーって頭いい人しかできないでしょ。」

など思っていませんか?

その原因として「日本経済」「教育」が関連しています。

1990年にバブル崩壊を経験した今の50〜60歳の人たち、つまり「僕たちのお母さん、お父さん」世代は、経済に対してあまり良い印象を持っていません。株が一気に急落し、1990年〜2000年は失われた10年とも言われ日本経済に深刻なダメージを与えました。

銀行に預ければ年利10%以上のような話は既に日本にはありません。

その他にも、日本の義務教育過程でお金についての勉強は一切しません。しかしながらアメリカでは小学生でも株の勉強をしたりしているのです。その為、ギャンブル・投資などにいいイメージがないのは両親からの良くないイメージがそのまま顕著にあなたに影響を及ぼしているのです。

サブロー君

たしかに日本はお金の勉強はしないよね…不思議だね。

そして、社会にでると

「なんで、俺はお金がたまらないんだろう」
「今月の生活やばいな…節約しないと…」
「あいつは、毎月旅行とか行ってて羨ましいなぁ…」

など「お金の問題」にぶつかります。お金の問題を解決しようと思ったら、お金についてわかっておかないと解決できないのです。つまり、なんで日本人が投資をしないのかと言う答えは「投資をしないというよりも、全く投資について知らない・お金について知らない」という理由だから投資ができないのです。

この問題を解決するには、実際にお金や投資についてしっかり向き合って理解を深めれば良いだけなんです!ブックメーカー研究所では投資についてもしっかり触れていきますので、安心してくださいね!

ベティーちゃん

一緒に勉強していきましょうね!

補足

ブックメーカー投資とは、文字の通りブックメーカーをギャンブルではなく、資金を増やすための投資として使用することをいいます。

ブックメーカーは投資のためのサイトではなく、ギャンブル、娯楽のためのサイトです。
ブックメーカー投資というものは実際には存在しておらず、2008年前後から使われはじめた、造語になるので覚えておいてください。

ブックメーカーの安全性・違法性について

現行の賭博法では、国内で賭場を開帳し、 賭博行為を行った場合に罰せられます。

要するに、 賭ける人と国内に賭けを提供する会社(=ブックメーカー)の両者がいなければ賭博罪は成立しないです。

現在の法律はインターネットがない時代に作られたものであり、具体的にネット上での賭け行為については全く書かれていません。その為、国内でも意見が分かれていますが、2021年3月現在、 個人でブックメーカーを利用したことによる逮捕者は日本国内で1名も出ておりませんのでご安心ください。

当サイトで紹介しているブックメーカーは各国の法律やルールに従って健全に運営されている合法で信頼できる賭けサイトのみをご紹介致しておりますのでご安心ください。

ブック君

ライセンス調査など入念に行っているよ!

ブックメーカー研究所のビジョン

突然なのですが、スマートフォンを最初は使いづらいとか、毛嫌いした人は多かったのではないかと思います。私もその1人です笑 ただ、今皆さんが使っているように一度使ってみたら、今では便利に生活にプラスを与えています。

ブックメーカーもこの様に、便利で生活のプラスになり、世の中と当たり前になるように、このメディアを通じて努力を続けていきます。

日本で1番のブックメーカーのメディアを作って、ブックメーカーの魅力や間違った固定概念をぶっ壊したいそれを日本中の皆さんに伝える為に「ブックメーカー研究所」があります。

ブック君

これからもがんばるぞ!

最後にブックメーカー研究所からみなさんへ伝えたいこと

これから期待されるブックメーカー研究所に関して「どこよりもわかりやすく解説するメディア」を目指しています。

僕らブックメーカー研究所は完全にオープンでこちらで徹底的に吟味(ぎんみ)した情報しかみなさんにお伝えしません。みなさんに全く利益のない情報は一切掲載しないとここに約束いたします。

まだまだ日本は金融教育として世界から遅れをとっています。かつての日本を取り戻しつつ、日本を世界最高の経済大国にしていきたいです。記事を見てくださっている人たちと協力していきましょう。

まだまだ20代の僕たちですが、この若い力で未来の日本をより良くしてみせます。

これからもブックメーカー研究所をよろしくお願いします!

ブックメーカー研究所 一同

アオイちゃん

皆さんここまで読んでくれてありがとう!

ブック君

これからも頑張っていきますので応援よろしくお願いします!
ブックメーカーに関してより詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてね!

ブックメーカー